ワンピースとマネジメント!? 「ワンピース」の主人公 モンキー・D・ルフィの「D」はドラッカーのDだ

週刊少年ジャンプで大人気連載中の作品、ワンピース。現在なんと65巻まで発売しており、現時点での国内累計発行部数は2億6000万部を超えているモンスター級の漫画作品です。ワンピースといえば、ルフィ海賊団を中心とした魅力的な登場人物たちと、海賊団メンバーのチームのあり方を読むのを楽しみのひとつ。その登場人物たちを、マネジメントや経営学で有名なドラッカーの考え方から分析したというなんともユニークな書籍があります。


モンキー・D・ルフィの「D」はドラッカーだった

」というタイトルのこの書籍。「モンキー・ドラッカー・ルフィ」。「もし海賊団の船長がドラッカーだったら」なんてワードが思わず浮かんできそうになります。

品質システムの構築に関わるという著者が、ワンピースにドラッカーの考え方を当てはめながら、楽しみつつドラッカーの考えを理解できるようにと、この書籍を執筆したそう。書籍中では自分の特性を活かすにはどうしたらいいのか、リーダーシップとは何か、良いチームビルディングとは、などなどといったことをワンピースの登場人物たちを参考にしながら紹介しています。

ドラッカーという堅いテーマを漫画の登場人物に重ねて紹介することで、身近に感じられるものにしようというこの書籍。ワンピースが好きな方は試しに読んでみてもおもしろいかもしれないですね。最後に、著者のコメントをご紹介。

「行く先々で人々それぞれにあった喜び、満足をもたらす麦わら海賊団は、ドラッカーのいう顧客の創造を冒険の都度、やってのけるように見える」

モンキー・D・ルフィの「D」はドラッカーだった」の詳細を調べる

    
コメント