マーケティング

サービスや商品を顧客に伝えるためのマーケティング。iphoneやあんぱんなどのヒット商品やゆるキャラのマーケティング戦略や、ソーシャルメディアを活用したwebマーケティングなどマーケティング戦略に役立つ情報を紹介します。

  • シェアの視点を獲得するには

    いま、インターネットで宣伝をするにあたって、不可欠のキーワードはシェアであるといえるでしょう。どれだけその情報をシェアしてもらい、多くの人に知ってもらえるのか。SNSはどのように情報が広まってゆくのか。そういった視点を用意した本が、天野彬による『シェアしたがる心理:SNSの情報環境を読み解く7つの視点』(宣伝会議)です。

  • 行動経済学を漫画で学ぶ

    行動経済学は、最近流行りの言葉です。人はなぜ商品を買うのか。そのそもそもの理由が明らかになればビジネスは上手くいくでしょう。しかしながら、行動経済学は人間の深い原理にも関係しているため、すべてがマニュアル通りというわけにはいきません。

  • WEB文章の書き方

    文章を書く機会というのはあらゆる場面で生まれますが、現在ではネット、WEBに書くための文章を用意する必要に迫られることもあるでしょう。WEB用の文章というのは、紙に書いてアウトプットする文章とは書き方が大きくことなってきます。場合によっては、WEBに載せる文章次第でアクセス数などが大きく異なってくることもあります。

  • SEOライティングを学ぶ

    いまやライティングの仕事の主戦場は、本や雑誌などの紙のメディアから、インターネットに移っているといえるでしょう。そんな状況において、身につけておきたいテクニックとしてSEOライティングがあります。

  • コミュニケーションデザインとは?

    マーケティングの世界では、さまざまな新しい概念が登場してきます。その中でついに知られるようになったものとしてコミュニケーションデザインがあるでしょう。なんとなく、言葉のイメージとしては理解できるのですが、実際のところはどのようなものかなかなかわかりにくい。それがコミュニケーションデザインの実際のところといえるかもしれません。

  • 買わせる文章とは何か?

    文章の極意とは何でしょうか。誠実さが伝わる文章でしょうか、あるいはきちっと内容が伝わる文章でしょうか。それぞれの求められる状況によって、求められる文章の内容が異なるのはよく知られているでしょう。そのなかで、ビジネスにおける文章で大切なもののひとつとして「買わせる」文章があります。ほとんどの仕事は商業的な営為と結びついていますから「買わせる」文章、注目を浴びる文章は必須といえます。そうした文章を専門に書くコピーライターという職業もあるほどです。

  • 言葉は売上を伸ばす

    コピーライティングは、コピーライターという専門職がいるように、重要な要素です。言葉ひとつとっても、商品の売上に影響がするといったこともあるでしょう。さらに現在ではインターネットの分野においても、コピーライティングの重要さが指摘されています。

  • コンテンツマーケティングの最適な入門書

    コンテンツマーケティングは、ネットビジネスの分野でも、以前から注目されているものです。しかし、門外漢の人にとっては、どこから手をつければよいのかわからないというのも確かでしょう。そうした悩みを抱えている人におすすめなのが、山中もとお著『はじめてのコンテンツマーケティング』(幻冬舎)です。

  • 次世代のWEB広告配信サービス、Adplaceとは?

    インターネット広告はもはやスタンダードなものとなりつつあります。しかし、WEB広告には「手間がかかる割に効果が薄い」といった声も聞こえます。これは広告を出す側と、受け取る側のミスマッチが原因といえます。そうした問題を解決する次世代の広告運用サービスとしてAdplace(アドプレイス)が登場しました。

  • ウェブには戦略が必要

    いまやウェブを広告媒体として利用することに異論はないでしょう。ほとんどの企業がウェブを持ち、そこで自社の宣伝活動を行っています。しかしながら、広告としてのウェブはほとんど見られない、といった現状もあります。ネットCMがたびたび炎上していますが、あれは炎上という形でも注目されないと、誰も見られないといった事情もあるようです。

  • 口コミの法則を知るべし

    商品を売ったり、あるいは事業を宣伝するにあたって重要視されているものが口コミです。お金をかけて広告を制作するよりも、確実に届けたい層に情報を届けることができる手法、それが口コミです。

  • 相手のタイプで接客を変えればうまくいく

    いちばん高い値段で勝負できる人になるためには、お客さまとの接し方も非常に重要になってきます。 とくに難しいのが、お客さまのタイプに合わせた接客をすること。どんな分け方をすれば接客に成功するのでしょうか?

  • 高くても売れるホームページの作り方

    今の時代、ホームページはすごく重要で、集客のためにはなくてはならないツールといっても過言ではありません。高くても売れるホームページ作りで注意すべき点を、ここでいくつかご紹介してみましょう。

  • お客様から「先生」と呼ばれるには

    お客さまから「先生」と呼ばれることは、師弟関係ができているあかしです。師弟関係というと大げさに聞こえるかもしれませんが、「教える人と習う人」という関係性が明確になっていることが重要なのです。

  • お客様にとっての「一流」を提供する

    値上げによるお客さま離れの不安はつきものです。けれども、安い値段のままではブランディングができません。そこで、値上げをしてもお客さまが離れていくことはないという、一流化のメソッドをご紹介します。

  • プロフィールで専門家としてブランディング

    あなたの前に順番待ちのお客様が行列を作っていたら…嬉しいですね。そのためにやることは、ターゲットを絞ること。あなたの専門家としてのブランドを一気に高める、とっておきの方法をお伝えします。

  • お客様が離れていかない値上げの仕方とは?

    稼げるようになるための近道は、ズバリ「自分のいるマーケットでいちばん高い値段をつけること」です。たったこれだけで簡単に売上を上げることができます。お客様が離れていかない具体的な値上げ方法をお教えします。

  • 「素直」はメンターに可愛がられるポイント

    稼いでいる人たちに共通している特徴の一つは、非常に「素直」だということ。メンターの教えに「でも」を口にする人は、いつまでもうまくいかないのです。もしもあなたがメンターなら、どんな人の面倒をみたくなりますか?

  • 「他責」より「自責」がいい3つの理由

    急に雨が降ってきた。電車が遅れた。こんなアクシデントでイライラ・ムカムカしたことのある人は要注意。稼げるようにならないかもしれません。なぜなら、稼げている人の特徴の一つが、人のせいにしない自責体質だからです。

  • コンフォートゾーン(快適空間)を引き上げれば、自然に行動が変わる

    「すぐやる人」以外にも、稼げるようになる人の共通点はいくつかあり、その1つがセルフイメージが高いことです。セルフイメージとは、自分が自分について抱いているイメージのこと。そこにはどんな影響があるのでしょうか?

1 / 4 1 2 3 4 最後 »