マーケティング

サービスや商品を顧客に伝えるためのマーケティング。iphoneやあんぱんなどのヒット商品やゆるキャラのマーケティング戦略や、ソーシャルメディアを活用したwebマーケティングなどマーケティング戦略に役立つ情報を紹介します。

  • お客様にとっての「一流」を提供する

    値上げによるお客さま離れの不安はつきものです。けれども、安い値段のままではブランディングができません。そこで、値上げをしてもお客さまが離れていくことはないという、一流化のメソッドをご紹介します。

  • プロフィールで専門家としてブランディング

    あなたの前に順番待ちのお客様が行列を作っていたら…嬉しいですね。そのためにやることは、ターゲットを絞ること。あなたの専門家としてのブランドを一気に高める、とっておきの方法をお伝えします。

  • お客様が離れていかない値上げの仕方とは?

    稼げるようになるための近道は、ズバリ「自分のいるマーケットでいちばん高い値段をつけること」です。たったこれだけで簡単に売上を上げることができます。お客様が離れていかない具体的な値上げ方法をお教えします。

  • 「素直」はメンターに可愛がられるポイント

    稼いでいる人たちに共通している特徴の一つは、非常に「素直」だということ。メンターの教えに「でも」を口にする人は、いつまでもうまくいかないのです。もしもあなたがメンターなら、どんな人の面倒をみたくなりますか?

  • 「他責」より「自責」がいい3つの理由

    急に雨が降ってきた。電車が遅れた。こんなアクシデントでイライラ・ムカムカしたことのある人は要注意。稼げるようにならないかもしれません。なぜなら、稼げている人の特徴の一つが、人のせいにしない自責体質だからです。

  • コンフォートゾーン(快適空間)を引き上げれば、自然に行動が変わる

    「すぐやる人」以外にも、稼げるようになる人の共通点はいくつかあり、その1つがセルフイメージが高いことです。セルフイメージとは、自分が自分について抱いているイメージのこと。そこにはどんな影響があるのでしょうか?

  • 10億円貯金の仕方

    「なんで稼げないんだろう」「どうしてうまくいかないんだろう」「なぜダメなんだろう」こんな口ぐせに気づいたら、マインドセットでポジティブ変換を。日々の根本を変えるユニークな貯金思考をご紹介します。

  • 行動にとって大事なのは、やる気か知識

    頭ではやったほうがいいとわかっているのに、なぜ行動に移さないのか…そんなジレンマを感じること、よくありますよね。無駄のない行動で結果に違いが出る、大切なヒントをお届けします。

  • 稼げるようになるための4ステップ

    稼げるようになる人と、稼げるようにならない人の違いの1つは、「すぐやるか、先延ばしにするか?」の違いです。行動した人、チャレンジした人は、確実に成長しています。稼げる行動のために大切な4つのステップをご紹介します。

  • 稼げるようになるための4段階

    もしも、あなたがこれまでいろいろやってきたにもかかわらず、稼げていない現実があるとしたら、やり方が間違っていた可能性が高いといえます。稼げるようになるための4つの段階をセルフチェックしてみましょう。

  • お金の稼ぎ方は学校では教えてくれない

    どんな職業でも、稼いでいる人はいるのです。だから、「この職業だから稼げない」ということはありません。仕事技術と稼ぎ方は別物です。学校では教えてくれないお金の稼ぎ方を、正しく学んでみませんか?

  • 日本一になりたいなら安売りするな

    もしも、あなたが「たくさんお金を稼ぎたい」と考えた時、いちばん高い値段で勝負できる人になれますか?「私にはそんな価値はない」と尻込みしてしまうのではないでしょうか。けれども、自分を安売りすることは誰のためにもならないのです。

  • ロングテールのビジネス活用

    ロングテールという言葉があります。インターネットの世界においてはすっかり定着した言葉であるといえるでしょう。

  • あのカタカナ略語の意味は?

    インターネットではさまざまなカタカナ用語、アルファベット略語が飛び交っています。それらの言葉の意味について、検索すれば出てきますが、それでは深く理解することができません。

  • 「たまごっち」は20歳

    90年代にはさまざまなアイテムが流行しましたが、そのひとつが社会現象になるほどの人気を誇るたまごっちです。ブームから20年たった2016年11月23日にたまごっち20th Anniversary mix ver.(たまごっちみくす)が発売されました。

  • できる人は右脳で問題解決している!?

    会社が抱える問題に対して、論理的に考えて対処していくロジカルシンキング。それで解決できる問題もあります。 しかし、難題になればなるほどロジカルに考えるだけでは対処できない問題が多くなります。なぜなら、ロジカルに考え、合理的に判断をすると、誰が問題解決に当

  • 「見せたものが集まる法則」とは?

    企業の募集活動、クラブなどの勧誘、講演会の集客などなど、ビジネスに限らず「狙ったターゲットの人たちを集めたい」という場面があると思います。しかし、なかなか思うようにターゲット層が集まらないなんてことはよくあります。 しかし、「見せたものが集まる法則」

  • 資料作りでビジネスパーソンがやりがちな4つの失敗

    連日の会議のプレゼン準備に、連夜パソコンと向き合っている方も多いと思います。「強調したい部分があるから文字を大きく…」や「図表をたくさん使ってインパクト重視で…」と、ちょっと待って! 色をたくさん使ったり、過激なアピールをしても、正しく伝えたいものが伝わるとは

  • 有名ブランドが大事にする3つのこと

    有名ブランドが有名ブランドたるゆえん、気になりませんか? アートディレクターのウジトモコ氏の著書『問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略』から、ブランドとして成功した企業が大事にしていることを紹介します。 ◆ストーリー 成功して

  • 斜陽出版の「Webでできない」マーケティングとは

    出版不況、斜陽産業と言われている出版業界。書店での売上も落ち、つぶれてしまう本屋さんや出版社も、年々増えています。しかし、出版不況だからこそ、書店でのマーケティング戦略が本の売れ行きを左右します。そして、今本屋別でPOPが違うという「Webでできない」マーケテ

1 / 4 1 2 3 4 最後 »