なぜ、コーチ、カウンセラー、弁護士は本が出しやすいのか?

本は、だれでも書けます。しかし、本を書くときに「有利な人」と「不利な人」がいます。「有利な人」とは、「人と関わる職業」についている人。特に、ビジネスコーチ、カウンセラー、弁護士は本が出しやすいのです。なぜ、有利なのでしょうか? 今まで1,600冊以上の本を作ってきた、出版業界のカリスマ、吉田浩さんにお聞きしました。


人と関わる職業は出版に有利!

吉田さんは、過去に、こんな変わった実験をしたことがあります。東京でビジネスコーチだけを50人集めて出版セミナーを開催しました。大阪でもカウンセラーだけを50人集めて出版セミナーを行いました。どちらも3時間のセミナーです。

その結果、普通の出版セミナーを受講した方が1年以内に出版が決まる確率が約10%だったのに比べ、コーチ、カウンセラーは倍の約22%の方が本を出したのです。

人の悩みを解決する職業は本を出しやすい

なぜ、コーチやカウンセラーが、一般の方の2倍の確率で本を出せたのでしょうか? 答えは、彼らは「人の悩みを解決する職業」だったからです。

本は、「人と人との関係性で体系化」された読み物です。コーチ、カウンセラー、セラピスト、コンサルタントをやっている方は、日々の実務の中で常に問題解決の糸口を探しています。そのため、本という伝達型の手段を体系化するとき、大きな力を発揮するのです。

テーマがいくらでも見つかる

また、人間関係は読者の興味を引きやすく、いくらでもテーマが見つかるのです。つまり、本を書くときに必要な「引き出し」がたくさんできるのです。コーチやカウンセラーにとって、人間関係に関わるテーマはたくさんあります。

  • トラブルの対処法
  • 相手をうんと言わせる技術
  • 人間関係を修復する方法
  • うつにならない習慣くよくよしない生活習慣
  • 恋愛必勝法
  • 目標達成のしかた

など、いくらでもアイデアは尽きません。

士業も本を出しやすい

弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、弁理士、会計士などの士業家の方も本を出すときには有利です。この職業の方は、日々、人と関わっているからです。さらに、彼らは毎日、文章を書くことが仕事なので、自分の体験談や事例をまとめることにも慣れています。たとえば、弁護士が書く本のテーマはたくさんあります。

  • 浮気や離婚訴訟
  • 警察の裏側
  • ヤクザの実態
  • 詐欺や泥棒の手口
  • 交通事故で有利になる方法
  • 傷害事件
  • 得する相続問題と遺産問題
  • 隣人トラブル
  • 国政の腐敗を暴く

など本になるテーマをたくさん持っています。また、離婚訴訟を専門にやっている弁護士ならば、

  • 夫の浮気を見抜く方法
  • 慰謝料を高く取る方法
  • 上手に別れる方法

など、さらに細かい切り口がいくらでも出てくるのです。

なぜ、ライバルがたくさんいるのに出版しないのか?

弁護士の数は全国で3万人、司法書士が2万人、行政書士は4万人いるそうです。そして、その数は、年々増え続けています。これから、ますます過当競争の時代に入っていくわけです。コーチ、カウンセラー、セラピスト、コンサルタントは、日本中に200万人くらい存在するのではないでしょうか?

もしも、あなたが「人と関わる職業」であれば、本を出すチャンスなのです。しかも、出版して、著書があるということは、ビジネスで大きな武器となります。

吉田さんの新刊「本を出したい人の教科書」(講談社 1,400円税別)では、出版するノウハウがたくさん詰まっています。いつか出版したいと考えている人のバイブルとなる一冊です。いつか本を出したいと考えている人は参考にしてみてはいかがでしょうか?

「本を出したい人の教科書 ベストセラーの秘密がここにある(吉田浩)」の詳細を調べる

また、吉田さんは、「これから本を書きたい方」や「地方で本を書きたい方」を対象に、無料で、【ジャイアン出版塾・メール通信】というネット塾をやっています。全21回コースが無料で受講できます。

    
コメント