顧客に商品を買ってもらうための5つのマーケティング方法

顧客の心に働きかけ、購入をも決めさせてしまうキッカケって一体何なんでしょうか?

「シュガーマンのマーケティング30の法則 顧客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは(ジョセフ・シュガーマン, 佐藤 昌弘)」

では、顧客に購入を決めさせる心理的なキッカケを心理的トリガーと呼び、その法則を30コも紹介しています。具体例を踏まえ、とても分かりやすい説明なのでマーケターの教科書とでも言うべき1冊になっています。

今回は、30の法則の中から見出される、モノを買ってもらうための5つの方法を紹介します。簡潔、かつシンプルな

「シュガーマンのマーケティング30の法則 顧客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは」

の法則に沿った、シンプルなマーケティング方法です。


1. 顧客と商品を知る

基本的なこととして顧客と商品を知ることです。商品の特性を認識し、顧客との接点を見つけることで売るための手がかりを見つけることができます。また、顧客を知り、商品を買う感情的な理由と合理的な理由を理解することは販売を行う上で必要なことです。商品のどんな点が重要であるかを顧客から聞き出してみましょう。

2. 欲求を満たす

顧客には多様な欲求があります。例えば、既に商品を所有している人たちの仲間入りをしたいという帰属欲求。これは特にブランド商品を購入する顧客に多い欲求です。そのため、自社の商品の所有者グループを特定し、その商品に共感する理由を見極めましょう。他には、収集欲求があります。人間心理には収集願望があるので、どんな商品も収集品になりえます。そのため、自社の商品を一番買いそうな顧客が同じような商品を買う可能性の高い見込み客であることを認識しておきましょう。

3. 感覚に訴えかける

モノを売る際には「セールスは感覚で売り、理屈で納得させる。」という黄金則があります。ということで、モノを売るには感覚に訴えかけるのが必要です。どんな言葉に対しても感覚的な意味合いやストーリーを持たせ、情熱的な言い回しを考えてみましょう。特に、誰でも物語が好きなのでストーリーテリングを盛り込んで話してみましょう。物語はセールスに人間味を与えます。

4. 論理的に納得させる

顧客は支払われるお金が賢く使われる確証が欲しいものです。そこで、会社の専門性を伝え、権威あるものとして顧客に示したり、専門用語による説明でアカデミックな匂いをさせて、信頼性を獲得しましょう。これらの理屈によって顧客の購入は正当化させられます。

5. 何よりも誠実に

顧客は非常に賢く、かつ真実を求めています。そのため、正直さには好感をもって反応してくれます。また、誠実さを持って、対処することも大事です。約束を守って、言行一致を心がけてみましょう。また、扱う商品に致命的な欠点があったら、真っ先に伝えなければなりません。

皆さんがぼんやりと実感していることが多く挙げられていますね。マーケティングに携わる人は絶対に読みたい1冊です!

「シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは(ジョセフ・シュガーマン, 佐藤 昌弘)」の詳細を調べる

    
コメント