残業ゼロの段取りとは?

仕事の効率というのは、常に考えなければいけないものです。仕事の難易度はひとつひとつは低くても、積もり積もって膨大な量となった場合に、効率の悪い人は置いてけぼりになってしまいます。


どのようにすればいいのか?

伊庭正康による『会社では教えてもらえない 残業ゼロの人の段取りのキホン』(すばる舎)は、仕事を効率よく進めていく上で必要なテクニックが凝縮されています。つい手を出してしまいがちな失敗が例として記されていますので、読んでいるうちに「あるある1」と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

優先順位とムダの切り捨て

本書で取り上げられているのは、仕事において優先順位をつけることです。目の前の仕事を順番に片付けるのではなく、きっちりと順位をつけてからこなしていくことで、仕事の効率が劇的に上がるのです。さらにはムダの見極めも必要なテクニックであると言えるでしょう。また、ひとつひとつの仕事にどれだけの時間をかけるのかといった時間配分の計算も重要です。意識はしていてもなかなか実行へ移せず、ダラダラしてしまう人にはおすすめの一冊です。あるいは、頑張りすぎてしまっている人にも、本書に記されている仕事を考える上で「俯瞰して見る」という視点は役立つでしょう。

    
コメント