視覚マーケティング

「問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略(著書:ウジトモコ)」より視覚マーケティングという手法を紹介しています。中身だけでなく、外見にもこだわることで売上向上を狙います。商品も見た目が9割といわれるほど、視覚活用がマーケティングのポイントです。

  • できる人は右脳で問題解決している!?

    会社が抱える問題に対して、論理的に考えて対処していくロジカルシンキング。それで解決できる問題もあります。 しかし、難題になればなるほどロジカルに考えるだけでは対処できない問題が多くなります。なぜなら、ロジカルに考え、合理的に判断をすると、誰が問題解決に当

  • 「見せたものが集まる法則」とは?

    企業の募集活動、クラブなどの勧誘、講演会の集客などなど、ビジネスに限らず「狙ったターゲットの人たちを集めたい」という場面があると思います。しかし、なかなか思うようにターゲット層が集まらないなんてことはよくあります。 しかし、「見せたものが集まる法則」

  • 資料作りでビジネスパーソンがやりがちな4つの失敗

    連日の会議のプレゼン準備に、連夜パソコンと向き合っている方も多いと思います。「強調したい部分があるから文字を大きく…」や「図表をたくさん使ってインパクト重視で…」と、ちょっと待って! 色をたくさん使ったり、過激なアピールをしても、正しく伝えたいものが伝わるとは

  • 有名ブランドが大事にする3つのこと

    有名ブランドが有名ブランドたるゆえん、気になりませんか? アートディレクターのウジトモコ氏の著書『問題解決のあたらしい武器になる視覚マーケティング戦略』から、ブランドとして成功した企業が大事にしていることを紹介します。 ◆ストーリー 成功して

  • 問題解決のあたらしい武器! 「視覚マーケティング」

    企業は常にあらゆる問題を抱えています。 売り上げを上げたい ブランド力を上げたい 顧客満足度を上げたい 良い人材を採用したい 社員のやるきを上げたい などなど。 このような課題を解決するために担当者はロジカルシ

  • 錯覚をさせると売上が上がる!? 視覚に訴えるマーケティング戦略の数々

    「売上を上げたい」と考えた時、ヒトはついつい商品・サービスの充実、つまり中身の充実を図ろうとします。しかし、中身と同じくらい、むしろそれ以上に外見、つまり視覚に訴えることが重要なのです。今回は、アートディレクターであるウジトモコさんの著書『視覚マーケティング戦

1 / 1 1