タバコの新作が次々と出る理由

タバコを吸わない人にとっては関係のない話ですが、タバコというのは毎月のように新作が出ています。新しいパッケージにするものや銘柄のブランド名の変更などが行われています。これはなぜでしょうか?


喫煙者の確保のため

ひとつは喫煙者がどんどん減っているという傾向があります。昔の人はたばこを吸わない人の方が珍しい世界でした。昭和30年代の成人男子の喫煙率は90%を超えているという統計もあります。

しかし現在ではタバコそのものを嗜む人が減ってきています。長く喫煙習慣を続けていると病気のリスクが高まるといった健康志向というのも理由の1つでしょうが、何よりも値上がりが激しいため経済的な負担が多くなるというのも原因と言えるでしょう。

そのため、新作を出して喫煙者の興味を飽きさせないようにしていると見ることができるでしょう。新作の中には女性向けと思われるパッケージデザインを作っているものもあります。

ライトなタバコが増えてきた

現在、新作として売りだされるタバコはタールやニコチンの量を控えめにしたライトな作りのものが多くなっています。しかしかつては濃いタバコが主流でした。現在ではヘヴィーなタバコにくくられるセブンスターも発売された当初は、日本で一番軽いタバコと言われていました。ハイライトも同様です。

さらに軽めのタバコは、物足りなさが生じてしまう分、煙を多く吸い込んでしまうのではないかという懸念もあります。

「マーケティングのお勉強しよう!」の詳細を調べる

    
コメント