「たまごっち」は20歳

90年代にはさまざまなアイテムが流行しましたが、そのひとつが社会現象になるほどの人気を誇るたまごっちです。ブームから20年たった2016年11月23日にたまごっち20th Anniversary mix ver.(たまごっちみくす)が発売されました。


携帯ペットゲーム

たまごっちは、キーチェーン型の携帯ペットゲームです。ゲームをしたり、トイレを片付けたり、ごはんをあげたりといった、お世話をすることで、ペット(キャラクター)がどんどん成長していくものです。さらに時計としても利用できるため、常に持ち歩きたまごっちのお世話をする人たちが多くいました。

とにかく商品が足りない

たまごっちは、バンダイから1996年11月23日に発売されました。その後、大ブームとなり、生産が追いつかないため、激レアアイテムとなりました。たまごっちが高値で取引されることもありました。中にはひとつ数万円で取引されるものがあったり、徹夜でたまごっちの販売行列に並ぶといった風景も見られるようになりました。

ペットのお墓も

たまごっちのキャラクターは長くても1ヶ月ほどでなくなってしまいます。そのため、ペットの供養をするといった現象も見られました。死がバーチャルに扱われていると批判と注目が集まることもありました。

その後のたまごっち

2004年にはかえってきたたまごっちプラスという第二期のシリーズが発売されました。第三期は2008年に液晶がカラー化され、キャラクターの描写がより細かくなりました。テレビアニメの放送も始まり、2015年には、公式チャンネル「たまごっちTV」がYoutubeに登場。そして、誕生から20年を記念して、2016年11月23日にたまごっち20th Anniversary mix ver.(たまごっちみくす)が発売され、たまごっちブームはいまだ続いています。
※画像はイメージです。

    
コメント