オウンドメディアが流行っている理由

今、オウンドメディアという言葉がウェブ業界ではやっています。なぜ、今オウンドメディアが注目されているのでしょうか?


SEOの変化

今、オウンドメディアが注目されている理由はSEOトレンドの変化があります。過去のように外部リンクだけで検索結果の上位に表示されるケースが減っています。しっかりと作りこまれたコンテンツが検索上位に表示されています。そこで、しっかりとしたコンテンツを作成しなくてはいけなくなりました。そこで、オウンドメディアが注目されるようになりました。

広告予算の削減

次に、ウェブ広告の予算をかけたくないというのも理由の1つです。ウェブ広告はそれなりに予算がかかります。人気のキーワードであれば1クリック100円以上のケースもあります。例えば、「100円のキーワード×100クリック=1万円」です。しかし、オウンドメディア経由で100PV獲得できれば1万円分の広告予算が削減できます。

ソーシャル時代の終焉

次に、Twitter、Facebookなど2011年から2012年はソーシャルメディア全盛期でした。とりあえず、Twitterの公式アカウントとFacebookページを運用すればいいという風潮がありました。

しかし、実際のところTwitterやFacebookからの流入は大きくないことにみんな気づいてしまいました。そう、ソーシャルメディアによるプロモーションには限界があったのです。

オウンドメディアが難しい2つの理由

そこで、みんなオウンドメディアをやろう! と思うのです。イメージとしてはとりあえず記事を作ればPVは伸びていくと考えます。でも、それは甘いんです。オウンドメディアの運営は非常に難しいです。

1. ライティング

面白い記事を書くためのネタ選定、キャッチコピー、文章力、経験が必要です。しかし、初めてライティングをする人が面白い記事を書けるようになるまで自力で成長するのには時間がかかります。

2. ウェブの知識

また、オウンドメディアはとりあえずコンテンツ記事を作ればいつかSEOが伸びるだろうと思う人も多いでしょう。しかし、それは最初のうちだけです。明確な方向性がなければ、サイトの成長は行き詰まります。検索からの流入を増やすためには、キーワード選定、コンテンツガイドライン、SEOに沿ったサイト設計、データ分析など幅広いウェブの知識が必要となります。

このようにオウンドメディアは流行っているけど、運営はすごく難しいのです。なぜなら、編集の力とウェブサイト両方の知識が必要となるからです。どちらも奥が深い世界なので、一朝一夕で身に付くものではありません。

オウンドメディアブームはいつまで続くか

オウンドメディアの流行に合わせてオウンドメディアの乱立が続いています。しかし、片手間で始めた場合、運営が辛くなり投げ出すメディアも増えることが予想されます。一時のオウンドメディアブームとなってしまうかもしれません。

ウェブは3年かかるとよく言われますが、自力でノウハウを理解するには3年の時間が必要です。効率的にオウンドメディア構築をするなら、オウンドメディア構築・運用支援のサポートを受けてみるのもおすすめかもしれません。

「オウンドメディア構築・運用支援サポート」の詳細を調べる

    
コメント