サイト運営者は必見!イチから学ぶSEOアレコレ

「SEOってそもそも何?」という人もいるかもしれません。SEOとは『Search Engine Optimization』、つまり検索エンジン最適化のことです。具体的には、自分のウェブページを持っている人が検索結果をより上位に表示させるようにウェブページを書き換えることです。今やインターネットのユーザーの8割以上が検索サービスを利用するなど、検索の重要性は高まっています。その上、検索エンジンは探す対象について知りたいことがあって能動的に行う活動なので、元々その商品やサービスに関心を持っている可能性が高い傾向があります。つまり、CVR(成約率)が高く、うまく利用すれば優れたマーケティングソリューションとなりうる施策なのです。今回は初心者にも簡単にわかるようにSEOについてイチから学んでみようと思います。


■2種類のSEO対策

「ほったらかしで副収入を月10万円増やすしくみ(時枝 宗臣)」の詳細を調べる

SEOと一口に言っても2種類の戦略があります。

1. 外部最適化

検索ロボットは多くのリンクがあるページを上位にするので、他のページから数多くのリンクを集めてきたり、より関連性の高いページから良いリンクを集めてくることによってSEOに強くなります。

2. 内部最適化

検索エンジンのキーワードで上位に来るようにすることです。例えば、キーワードをタイトルや本文に入れ込んだり、重要なキーワードを適切な形で記述することによって効果が高まります。

それでは具体的にどのように外部最適化や内部最適化を図るかのか見ていきましょう。

■リンク要素による外部最適化

「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書(渡辺 隆広)」の詳細を調べる

リンク要素は数、質が重要です。さらに検索エンジンは関連性、時間、信頼性を総合的に判断しています。例えば、より多くのウェブページからリンクをもらっているページは重要で、人気のあるウェブページからのリンクは、人気のないページからのリンクよりも大きな意味を持ちます。同様に、同じ話題を扱うウェブページからのリンクは、そうでないページからのリンクよりも大きな意味を持ちます。また、内部リンクと外部リンクで気をつけることは異なります。内部リンクは静的URLをできるだけ用いて、3クリック以内に全てのページに到達するようにしましょう。『www』の有無を統一して、1つに統一することでも被リンク評価が上がります。外部リンクは関連するサイトを互いにリンクすることで効果が上がります。

■狙い目キーワードによる内部最適化

「もう業者には頼まない!カンタン攻略SEO(竹内謙礼)」の詳細を調べる

「稼げる「キーワード」(時枝 宗臣)」の詳細を調べる

悩み系のキーワードは、購入確率が高まります。例えば、『育毛剤 シャンプー』などでは購入されやすいと言えます。意外に検索回数が多い、入力間違いやうろ覚えも狙い所です。また、検索数の多い検索キーワードで上位にランクされてるからといって売上げに結びつくわけではありません。売上げが上がるサイトの特徴としては、『商品名+激安』や『商品名+送料無料』といった「複合キーワード」を持っていることが挙げられます。『ダイエット+グッズ+通販』などと検索する人は、ダイエットグッズを通販で買って痩せたいという欲求があります。そのため、隠された欲求を狙って「複合キーワード」に絞ってSEO対策を行うことで効率的にSEOをすることが出来るのです。

■具体的に「売れる」3つのキーワード

「1億稼ぐ「検索キーワード」の見つけ方(滝井 秀典) 」の詳細を調べる

1. 「タウンページ言葉」

タウンページがなぜ特定の業種の集客に効果的かといえば、「問題が発生したとき」に、ほかに調べる手段がないからです。そのため、インターネットの検索エンジンで最も確実に売れるキーワードは、タウンページに掲載されている「職種言葉」です。『タウンページ裏+地名』は売れます。例えば、「税理士 東京」などです。

2. 「問題発生言葉」

ネガティブな雰囲気のする言葉は、反応が良いことが多いです。というのも、検索するシチュエーションが「興味本位で」とか「なんとなく知りたいから」といった気軽な感覚で検索されることがないので、冷やかし客がほとんどいないからです。つまり、せっぱつまった「今すく問題解決したい」お客を獲得できる可能性が非常に高いということです。

3. 「アクション言葉」

最もお金になりやすい言葉とは、「調査」「相談」「対策」「吸引」「代行」などの動作をあらわす言葉、つまり「アクション言葉」なのです。アクション言葉の強みは「検索者が置かれている状況を簡単に推理できる」点にあります。「検索結果に書いてある情報で満足するユーザー」を相手にしていても、まったくビジネスにはなりません。欲しいのは、検索したあと、すぐに購買行動にうつってくれるお客なのです。

SEOについてたくさんのテクニックを紹介しましたが、今からでも自分のウェブページに応用してみてはいかがですか?

    
コメント