WEB文章の書き方

文章を書く機会というのはあらゆる場面で生まれますが、現在ではネット、WEBに書くための文章を用意する必要に迫られることもあるでしょう。WEB用の文章というのは、紙に書いてアウトプットする文章とは書き方が大きくことなってきます。場合によっては、WEBに載せる文章次第でアクセス数などが大きく異なってくることもあります。

どういった文章を書けばいいのか

下良果林による『どう書いたらいいの?!がなくなるWeb文章の書き方』(ごきげんビジネス出版)では、WEB文章の書き方が基礎から応用編まで記されています。本書では、文章なんて誰でも書けるだろうとつい後回しにしてしまいがちでも、案外重要なWEB文章の極意が記されています。

何に気をつければいいのか

本書の良いところは、文章を書くにはどこに気をつければいいかを、ウィークポイントに絞って解説しているところでしょう。文章術というのは、それ自体が精神論めいたものも多くあります。しかしながら、本書では、どこが弱く、それをどう克服してゆけばいいのかが、ハウツーとして記されています。さらにブログやSNS、メルマガ、セミナー申し込み、通販サイトなど、それぞれのパターン別の解説もなされていますから、WEBといっても自分がどの分野で執筆をしたいのかを考えた時に役立つ一冊に仕上がっています。まずは基礎からはじめたいという人も、ステップアップに何か応用編としてWEB文章を学びたいという人にも、どちらにも対応可能なおすすめの一冊です。