コミュニケーションデザインとは?

マーケティングの世界では、さまざまな新しい概念が登場してきます。その中でついに知られるようになったものとしてコミュニケーションデザインがあるでしょう。なんとなく、言葉のイメージとしては理解できるのですが、実際のところはどのようなものかなかなかわかりにくい。それがコミュニケーションデザインの実際のところといえるかもしれません。

そもそもなんなのか

コミュニケーションデザインとはそもそも何であるのか。それをとらえる入門書として最適なものが岸勇希による『コミュニケーションをデザインするための本』(電通)です。 本書では実際にコミュニケーションデザインをどのように手がけているのかという実例について記されています。

試行錯誤である

本書で記されている内容は実際に、コミュニケーションデザインをメディアと向き合う中においてどのように作り出していったのかが記されています。それはひとつのマニュアルやフォーマットを当てはめるだけではなく、どのようにその場で臨機応変な対応をしていくのかといったことが重視されています。いわば、コミュニケーションデザインというのは、あらゆる作業が当てはまるともいえるかもしれません。広告業界だけでなく、ビジネスシーン全般に応用可能なノウハウが記されている本だといえるでしょう。