アウトプットの方法とは?

学びにはインプットとアウトプットがあります。どちらが欠けても成立しません。では、学んだことを発信するアウトプットはどのようにすべきなのか。どういったアウトプットがベストなのか。それを解説した本が樺沢紫苑による『学びを結果に変えるアウトプット大全』(サンクチュアリ出版)です。


合理的なアウトプットの方法

著者の樺沢紫苑は精神科医として活躍する一方で、メールマガジンを毎日発行し、それを13年間にわたって続けています。さらにフェイスブックやYouTubeのアカウントも毎日のように更新し、新作セミナーなど多くの仕事を手がけています。そこにおいて活きているものは膨大なアウトプットです。著者自身がどのようにアウトプットを成し遂げているのかが本書では具体的に記されているのです。

どういうアウトプットがある?

アウトプットの基本としてまず語られているのは話です。ちょっとした雑談であったとしてもアウトプットの力がそこでは試されていると言えるでしょう。さらには仕事におけるプレゼンテーションの場は、よりアウトプットのスキルが生きる場所だとも言えます。自分の意見を伝えたいのだけれども、なかなかうまく伝えられないといった点においてもどかしい思いをする人もいるのではないでしょうか。そうした人に向けてもアウトプットの的確な方法が解説されています。

ライティング技術も

さらにもうひとつの重要な技術として書き出すという行為があります。いわゆるライティングと呼ばれるものですね。アイデアを形にする時などにおいても、こちらのアウトプット方法は重要です。ひらめきや、気づきをメモをしていくといったテクニックが記されています。あの時、良いアウトプットのアイデアが思い浮かんだのだけれども、忘れてしまったといったこともこれでなくなりますね。

ほかにはどのようなものが?

さらに、本書は他にもアウトプットの基本的な行動様式などについても解説されていますので、まさにアウトプット術を網羅した本だと言えるでしょう。

    
コメント