自分を変えるPDCAノート術とは?

自分の行動や仕事をスムーズに変えていくためには、コンパクトにまとめる必要があるとはよくいわれることです。例えば手帳やノートは何冊も持たずに、一冊に集約することがベターとされます。そのノートの取り方として有効な処方箋を示したものが、岡村拓朗による「自分を劇的に成長させる! PDCAノート」(フォレスト出版)です。


PDCAノート術とは

そもそもPDCAノート術とはどのようなものなのでしょうか。PDCAは、計画を示すPlan(プラン)、実行を意味するDo(ドゥ)、その行動の評価を示すCheck(チェック)、さらにそこからどうすべきかを示すAction(アクション)で構成されます。ビジネスなどを手がけるにあたって、この四段階は必須の要素であるといえるでしょう。例えば無理な計画を立てたとするならば、当然うまく実行はできません。それは、必然的に実現可能な計画への改善を促すことになるのです。この要素を意識して仕事を回すことで、思考がクリアになると著者は説きます。

効率化の作業

PDCAノート術はなによりも、ビジネスの効率化を目指す手段としてあります。著者は、時短コンサルタントとしての顔も持っています。PDCAを取り入れることにより、毎日の行動を見直し、残業時間を減らし、ダイエットにも成功しているようです。まさに究極の効率化を目指す作業がPDCAなのです。

    
コメント