アイデアの発想法

素晴らしいアイデアを生み出すには、様々なアイデアの発想法を知ることが大切です。「アイデアは既存のアイデアの組み合わせ」だからです。アイデアの基本や考え方、アイデアを生み出すツールなど、アイデアがどんどん生まれる発想方法を紹介します。

  • 「まだないもの」を思いつくには?

    アイデアのアウトプットは大事な要素ですが、そこで求められるものは既視感のないものです。つまり、これまで見たことがないような斬新なアイデアが必要だということです。これは単なる思いつきとは異なり、特にビジネスシーンにおけるアイデアは、きちんとユーザーの需要と合致しているかといったところも求められるでしょう。

  • アイデアの法則を知る

    ビジネスの場面では、常に新しいプランやアイデアが求められます。そこにおいては単なる思いつきよりも、より具体的なアイデア、実現可能性の高いアイデアが求められるといえるでしょう。

  • コンテンツ業界のからくりは?

    ネット関係の仕事の中でも、コンテンツにまつわる仕事を志望する人は多いでしょう。しかし、コンテンツ業界ほど、日々移り変わりが激しい世界はありません。そんな業界の最新動向を知ることができる本が、中野明による『図解入門業界研究 最新コンテンツ業界の動向とカラクリがよくわかる本[第3版]』(秀和システム)です。

  • 「コロンブスの卵」とはなにか?

    ものの例えで、コロンブスの卵というものがあります。これは何を意味する言葉なのでしょうか。

  • ひらめきを起こすには?

    あらゆる場面において、ひらめきは重要だといわれています。これまでと同じようなことやものをだらだらと続けるよりも確実なひらめきひとつで人生が劇的に変わることもあるでしょう。

  • 東大が教える考える力

    宮澤正憲による『東大教養学部「考える力」の教室』(SBクリエイティブ)は、東京大学の教養学部で人気の授業「ブランドデザインスタジオ」を書籍化したものです。この授業のねらいは、教科書に書かれているような過去の出来事や知識を学ぶだけでなく、それらをもとに新しい発想をするためのヒントを獲得することです。

  • アイデアは醸成が命

    アイデアは、仕事をする上で重要な要素です。いかに新しいものを創造していくのか、また、どのようなひらめきを形にしていくのかといったことが問われていきます。

  • 本は過去・未来につながる唯一の手段

    本は読むものという固定観念をリセットすれば、今よりさらにすばらしい人生が開けるのかもしれません。一冊の本は、時間と空間を超えてだれかの胸に届きます。それは、これから生まれてくる人たちかもしれないのです。

  • 地方にいる作家は「小さなクジラ」になろう

    本を書きたい気持ちはあるけれど、東京に住んでいる人の話だとあきらめていませんか? 地方在住でも本を出す夢を叶えた人はたくさんいます。地方発のベストセラーもあります。最初の一歩の踏み出し方をのぞいてみましょう。

  • ヘタをうまいに変える心がけと文章術

    「こんなふうに上手に書けたらな……」好きな本を読んで、そう思ったことはありませんか? 文章がうまくなるには、普段からの心がけが必要です。ヘタをうまいに変える心がけと文章術をご紹介しましょう。

  • わかりやすくて役に立つ「わかりやすくの法則」とは?

    読みやすい言葉選びをした後は、どうやって文章を作っていったらいいのでしょうか。実は、ある法則に従うことで、迷子にならずに書き進めることができるのです。知って安心、たちまち文章がうまくなります。

  • 「名文」ではなく「明文」で書く

    読者に愛されるいい本に求められる文章は、名作のような名文ではありません。表現の難しい言葉ではなく、わかりやすくておもしろく、深みのある「明文」を書く秘訣をご紹介します。

  • 熱中していることならどんどん書ける

    出版で夢を叶えたいけれど、書く習慣がなかった……実は、文章を書くのが苦手。そんな人でも、すらすら書けるようになるコツがあるのです。とっておきの文章カンタン上達メソッドで、楽しく練習してみませんか?

  • 最後まで本を書くコツは「属性」を知ること

    本を書こう! そう決意はしたものの、途中で挫折してしまった経験は多くの人がもっているのではないでしょうか。飽きっぽいから? 才能がないから? いいえ、違います。そこには、こんな秘密があったのです。

  • 書きたい本、書ける本が見つかる5つの輪

    自分ではおっちょこちょいだと思っていても、周りにはしっかり者だと頼られていたり、自信のないことを褒められたり……そんな経験はありませんか? 一度とことん自分を客観視すると、真の本のテーマも見えてきます。

  • あなたが人生をかけて達成したいことは?

    いい本を書くことが、自分も読者も幸せにしてくれる……そんな素敵な未来へ歩き出すために、欠かせないこととは何でしょうか。出版を成功させるノウハウは、そのまま人生充実のテクニックにも通じるようです。

  • テレ東力を意識せよ

    テレビ東京といえば、かつてはテレビ番外地、視聴率番外地といわれた場所です。しかしながら近年は、低予算、誰も見ていない、といったネガティブな要素を逆手にとった個性派の番組を多く手がけることで知られています。そのさまは、ビジネスモデルとして注目すべきものがるといえるでしょう。

  • 知っておきたい本作りの3つのルール

    自由に何でも好きなことを書いてしまうと、せっかくの本の寿命を縮めてしまいます。あなたの本が多くの人に長く愛されるために、知っておきたい本作りの3つのルールをご紹介します。

  • ビジネスにも使えるKJ法とは?

    何か面白いアイデアや、奇抜な発想を形にしたいと思う人は多くします。しかしながら、ほとんどが、どこかで見たようなアイデア、無難なプランに落ち着きがちです。創造的な思考をめぐらせるためには、新しい方法論を用いる必要があります。その一つとしてKJ法があります。

  • ヒット商品をつくるために越えなければいけない7つの壁とは?

    これはうまくいくぞ!と思った企画だったのに、いざ商品にしてみるとなぜか売れない。「どうしてあんなにいい企画だったのに結果がついてこないんだ!」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。10年以上江崎グリコで「ポッキー」のブランドマネージャーを担当し、その

1 / 4 1 2 3 4 最後 »