アイデアの発想法

素晴らしいアイデアを生み出すには、様々なアイデアの発想法を知ることが大切です。「アイデアは既存のアイデアの組み合わせ」だからです。アイデアの基本や考え方、アイデアを生み出すツールなど、アイデアがどんどん生まれる発想方法を紹介します。

  • 本は過去・未来につながる唯一の手段

    本は読むものという固定観念をリセットすれば、今よりさらにすばらしい人生が開けるのかもしれません。一冊の本は、時間と空間を超えてだれかの胸に届きます。それは、これから生まれてくる人たちかもしれないのです。

  • 地方にいる作家は「小さなクジラ」になろう

    本を書きたい気持ちはあるけれど、東京に住んでいる人の話だとあきらめていませんか? 地方在住でも本を出す夢を叶えた人はたくさんいます。地方発のベストセラーもあります。最初の一歩の踏み出し方をのぞいてみましょう。

  • ヘタをうまいに変える心がけと文章術

    「こんなふうに上手に書けたらな……」好きな本を読んで、そう思ったことはありませんか? 文章がうまくなるには、普段からの心がけが必要です。ヘタをうまいに変える心がけと文章術をご紹介しましょう。

  • わかりやすくて役に立つ「わかりやすくの法則」とは?

    読みやすい言葉選びをした後は、どうやって文章を作っていったらいいのでしょうか。実は、ある法則に従うことで、迷子にならずに書き進めることができるのです。知って安心、たちまち文章がうまくなります。

  • 「名文」ではなく「明文」で書く

    読者に愛されるいい本に求められる文章は、名作のような名文ではありません。表現の難しい言葉ではなく、わかりやすくておもしろく、深みのある「明文」を書く秘訣をご紹介します。

  • 熱中していることならどんどん書ける

    出版で夢を叶えたいけれど、書く習慣がなかった……実は、文章を書くのが苦手。そんな人でも、すらすら書けるようになるコツがあるのです。とっておきの文章カンタン上達メソッドで、楽しく練習してみませんか?

  • 最後まで本を書くコツは「属性」を知ること

    本を書こう! そう決意はしたものの、途中で挫折してしまった経験は多くの人がもっているのではないでしょうか。飽きっぽいから? 才能がないから? いいえ、違います。そこには、こんな秘密があったのです。

  • 書きたい本、書ける本が見つかる5つの輪

    自分ではおっちょこちょいだと思っていても、周りにはしっかり者だと頼られていたり、自信のないことを褒められたり……そんな経験はありませんか? 一度とことん自分を客観視すると、真の本のテーマも見えてきます。

  • あなたが人生をかけて達成したいことは?

    いい本を書くことが、自分も読者も幸せにしてくれる……そんな素敵な未来へ歩き出すために、欠かせないこととは何でしょうか。出版を成功させるノウハウは、そのまま人生充実のテクニックにも通じるようです。

  • テレ東力を意識せよ

    テレビ東京といえば、かつてはテレビ番外地、視聴率番外地といわれた場所です。しかしながら近年は、低予算、誰も見ていない、といったネガティブな要素を逆手にとった個性派の番組を多く手がけることで知られています。そのさまは、ビジネスモデルとして注目すべきものがるといえるでしょう。

  • 知っておきたい本作りの3つのルール

    自由に何でも好きなことを書いてしまうと、せっかくの本の寿命を縮めてしまいます。あなたの本が多くの人に長く愛されるために、知っておきたい本作りの3つのルールをご紹介します。

  • ビジネスにも使えるKJ法とは?

    何か面白いアイデアや、奇抜な発想を形にしたいと思う人は多くします。しかしながら、ほとんどが、どこかで見たようなアイデア、無難なプランに落ち着きがちです。創造的な思考をめぐらせるためには、新しい方法論を用いる必要があります。その一つとしてKJ法があります。

  • ヒット商品をつくるために越えなければいけない7つの壁とは?

    これはうまくいくぞ!と思った企画だったのに、いざ商品にしてみるとなぜか売れない。「どうしてあんなにいい企画だったのに結果がついてこないんだ!」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。10年以上江崎グリコで「ポッキー」のブランドマネージャーを担当し、その

  • 無味乾燥なプレゼンはもううんざり! 今すぐ使える「ラクガキ」活用術

    パワーポイントに入っているテンプレや背景を使っているプレゼン資料って、もう見飽きたし、作るのも退屈じゃないですか?そこで、手描きの「ラクガキ(ドゥードル)」を取り入れてあなただけのプレゼン資料を作れば、とてもインパクトのあるプレゼンをすることができます!オリジ

  • ブレストから会議まで役に立つ! 「ラクガキ(ドゥードル)」のメリット

    パソコンの前にずっと座って何か新しいアイディアをひねり出そうとしても、なかなか思いつきませんよね。画面を見つめるかわりに、ペンと紙を持って「ラクガキ」をすれば、子供の頃のように豊かな想像力が湧いてきて、クリエイティブな発想ができるようになります!そんな「ラクガ

  • クリエイティビティってどうやって手に入れるの? あの世界的人気企業から学ぶ、発想力の秘密

    日本人のクリエイティビティは世界一だという調査結果があることをご存知ですか?「そうは言っても、自分にクリエイティビティなんて・・・」と感じる人がほとんどかもしれませんね。そもそもクリエイティビティとは何だ、と思っている人もいるのではないでしょうか。 本書

  • 決め手は「制約」。世界一の北欧料理店ノーマから学ぶクリエイティビティの極意

    イギリスのレストラン誌が選ぶ「世界のベストレストラン50」で4年連続1位に輝いているデンマークの北欧料理店「ノーマ」。2015年には東京進出が決まっているということもあり、今注目を集めています。 ノーマの特徴は、その独創的な料理の数々。まるで孵化を待つか

  • テリー伊藤の考えぬく思考法

    テリー伊藤さんといえばテレビのワイドショーなどで辛口のコメントをするタレントであり、車からファッションまで趣味に生きる遊び人という印象があるかもしれません。テリーさんはかつては敏腕テレビマンでした。そんな彼の才能がいかんなく発揮されたのが「天才たけしの元気が出

  • ブラジャーについて本気で考えよう! ブラジャーといえば「は●●」?

    いきなりですが、連想問題です! ブラジャーを「は●●」 「は●●」にあてはまる言葉を答えてください。ひらがなです。あまり深く考えず、インスピレーションで答えてくださいね。 はかる? 「はかる」は、どうでしょうか? サイズを測るとは言

  • プロポーズに使えるキャッチコピーベスト10

    言葉は短いほど強くなって人の心に刺さります。例えば、ある男性雑誌には女性を食事に誘う際は「パスタのとてもおいしい店があるのだけれど行かない?」というといいとありました。でもこんなに長々と話していたら確実にカミます。それより「腹、減らね?」と短く言ったほうが効果

1 / 3 1 2 3 最後 »