アイデアを生む出す8つのヒント

アイデアを出さなければいけないのに、肝心なアイデアが出てこない……なんて時もありますよね。アイデアはひらめくものではありません。アイデアを生み出すコツがあるのです。今回は、なかなかいいアイデアが思い浮かばないというときにアイデアを生み出す8つのヒントを紹介します。


1. 唯一の答えを探さない

問題を与えられた時、ほとんどの人は唯一の世界を探そうとします。なぜならそういうふうに教育されてきたからです。そして完璧に思える正解が見つけられないと、降参してしまいます。でも、ほとんどの問題は学校の試験問題とは違いますよね。たくさんの答えがあるのが普通なんです。答えが存在するかどうか自信がないと、その答えを探しだすのは非常に難しくなります。たくさん答えがあることが分かっているとき、そのうちの一つや二つ見つけるのは簡単なことなのです。

2. イメージ

高層ビルの上の狭い鉄の板の上を歩くとしましょう。1度目の目標は落ちないことです。しかし、2度目の目標は赤ん坊を救うことになったとします。心がゴールだけをしっかり見つめていれば、アイデアを手に入れるというゴールへ到達する道を考え出してくれます。あなたの心がそれほどまでに自分の肉体をコントロールできるなら、自分の心で自分の心をコントロールするなんて簡単なんです。アイデアを手に入れたいと思うなら、アイデアを手に入れたイメージを思い浮かべましょう。アイデアを手に入れられるだろうとイメージするのではありません。すでにアイデアが手に入った状態をイメージしましょう。称賛され、感謝され、報われた自分を想像しましょう。

3. 型にはまった生活から抜け出そう

型にはまったままで生活し、新しいものは自然に入ってくるに任せるだけでは、新しいアイデアを生み出すのに必要な、変化に富んだ広範囲にわたるデータベースを構築することはできません。

  • 全く興味のない分野の本を月に最低1冊は読むようにしよう。
  • 自分が嫌いだと思う映画を見てみよう。
  • 1週間ほど、バスで通勤してみよう。

何か違ったことを、膠着状態から引っ張り出してくれることを、新しい方角へ歩き出させてくれることを、決まりきった型から連れ出してくれることをしてみましょう。毎日同じ道を通って通勤するあなたに、豊かな経験をすることができるでしょうか? 彼は毎日、それまで見たことなかったものを見ました。あなたは前の日と同じものを毎日見ています。彼は常に新しいものを見ています。あなたは常に同じ、変わり映えのしないものを見ています。さあ、明日は違う道を通って会社に行きましょう。明後日はまた別の道で。その次の日も。ずっと新しい道を歩きましょう。

4. ビジュアルを思い浮かべる

ビジュアルとしてのアイデアさえ浮かんでしまえば、言葉は自然についてきます。売り上げが落ちていくという現象を、壊れたおもちゃや溺れている人や流行遅れになったメニューと見ることが出来たら、おもちゃを修理する、命綱を投げる、メニューの内容を変えるという表現が浮かんできます。今度問題と向き合ったときには、言葉にするのではなく、イメージを思い浮かべてみましょう。

  • その問題は何に見えるでしょうか?
  • 何に似ているでしょうか?
  • どんなイメージが思い浮かぶでしょうか?

5. 似たものを探す

  • あなたの抱えている問題は、他の問題と似ているでしょうか?
  • 似ていないところはどこでしょうか?

あなたの売っている製品やサービスの最大の売りがスピードだとします。では、

  • 世界で一番早いものは何でしょうか?
  • あなたの製品とその世界最速のもの比べられるでしょうか?
  • 逆に世界で一番遅いものは何でしょうか?
  • あなたの製品と比べるとどうでしょうか?

物事における慣例=常識はアイデアを得るために非常に大切です。あなたはその常識を破るだけでいいのです。

6. 「もしこうだったら」

「もしこうだったら」というのは、製品やサービスの利点を宣伝する方法を考えるときに広告マンがよく使うテクニックです。この製品やサービスを火星人の女性が見たとします。

  • 彼女にどう説明したらいいのでしょうか?
  • 彼女はどう思うでしょうか?
  • 彼女はこれをほしいと思うでしょうか?

7. たくさんのアイデアを生み出す

たくさんのアイデアを生み出す方が、たった一つの正解などという入手不可能に近いものを求めるより簡単です。とにかく何かをやることです。ぼんやり座ってアイデアのほうから来てくれるのを待っていてはいけません。アイデアを追いかけていきましょう。アイデアを探し求めましょう。行動を起こしましょう。アイデアはどっと出始めます。そうなったら、立ちどまって分析などしてはいけません。そんな事をしたら流れが止まります。リズムが止まります。魔法が消えてしまいます。浮かんでくるアイデアを書き留めたら、すぐ次を考えましょう。

8. 他の分野の力を借りる

一番よいアイデアは往々にして領域を超えたところから来るもので、新しい考えや疑問を求めて他の領域を探検することから生まれるものです。芸術、ビジネス、技術、科学における偉大な進歩の多くがアイデアの相互交流から生まれているのです。

アイデアに行き詰まったとき、参考にしてみてはいかがでしょうか。

「アイデアのヒント(ジャック フォスター)」の詳細を調べる

    
コメント