ヒット商品を作る方法

毎年様々なヒット商品が誕生します。ヒット商品の企画アイデア、流行の理由、ヒット商品ランキングから考えるヒットの秘密など、ヒット商品を作る方法を紹介します。

  • 本は過去・未来につながる唯一の手段

    本は読むものという固定観念をリセットすれば、今よりさらにすばらしい人生が開けるのかもしれません。一冊の本は、時間と空間を超えてだれかの胸に届きます。それは、これから生まれてくる人たちかもしれないのです。

  • 地方にいる作家は「小さなクジラ」になろう

    本を書きたい気持ちはあるけれど、東京に住んでいる人の話だとあきらめていませんか? 地方在住でも本を出す夢を叶えた人はたくさんいます。地方発のベストセラーもあります。最初の一歩の踏み出し方をのぞいてみましょう。

  • ヘタをうまいに変える心がけと文章術

    「こんなふうに上手に書けたらな……」好きな本を読んで、そう思ったことはありませんか? 文章がうまくなるには、普段からの心がけが必要です。ヘタをうまいに変える心がけと文章術をご紹介しましょう。

  • わかりやすくて役に立つ「わかりやすくの法則」とは?

    読みやすい言葉選びをした後は、どうやって文章を作っていったらいいのでしょうか。実は、ある法則に従うことで、迷子にならずに書き進めることができるのです。知って安心、たちまち文章がうまくなります。

  • 「名文」ではなく「明文」で書く

    読者に愛されるいい本に求められる文章は、名作のような名文ではありません。表現の難しい言葉ではなく、わかりやすくておもしろく、深みのある「明文」を書く秘訣をご紹介します。

  • 熱中していることならどんどん書ける

    出版で夢を叶えたいけれど、書く習慣がなかった……実は、文章を書くのが苦手。そんな人でも、すらすら書けるようになるコツがあるのです。とっておきの文章カンタン上達メソッドで、楽しく練習してみませんか?

  • 最後まで本を書くコツは「属性」を知ること

    本を書こう! そう決意はしたものの、途中で挫折してしまった経験は多くの人がもっているのではないでしょうか。飽きっぽいから? 才能がないから? いいえ、違います。そこには、こんな秘密があったのです。

  • 書きたい本、書ける本が見つかる5つの輪

    自分ではおっちょこちょいだと思っていても、周りにはしっかり者だと頼られていたり、自信のないことを褒められたり……そんな経験はありませんか? 一度とことん自分を客観視すると、真の本のテーマも見えてきます。

  • あなたが人生をかけて達成したいことは?

    いい本を書くことが、自分も読者も幸せにしてくれる……そんな素敵な未来へ歩き出すために、欠かせないこととは何でしょうか。出版を成功させるノウハウは、そのまま人生充実のテクニックにも通じるようです。

  • 知っておきたい本作りの3つのルール

    自由に何でも好きなことを書いてしまうと、せっかくの本の寿命を縮めてしまいます。あなたの本が多くの人に長く愛されるために、知っておきたい本作りの3つのルールをご紹介します。

  • ヒット商品をつくるために越えなければいけない7つの壁とは?

    これはうまくいくぞ!と思った企画だったのに、いざ商品にしてみるとなぜか売れない。「どうしてあんなにいい企画だったのに結果がついてこないんだ!」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。10年以上江崎グリコで「ポッキー」のブランドマネージャーを担当し、その

  • 雪見だいふく、食べるラー油に共通する「アイデアの魔法」とは?

    アイスの定番「雪見だいふく」、ブームから新しい市場を作りだした「食べるラー油」などヒットした商品にはあるアイデアの魔法がかかっています。なぜ、「雪見だいふく」と「食べるラー油」はヒットしたのでしょうか? 今あるものを「ひっくり返す」 アイデアを

  • ぐるナイの「ゴチになります!」がヒットした秘密【アイデアは平行移動せよ】

    ぐるナイの「ゴチになります!」を知っていますか? ぐるナイを支える「ゴチバトル」という誰にでもわかりやすい大ヒット企画です。数々のヒット番組を手がけた放送作家石田章洋さんの著書「企画はひと言。」より、ぐるナイの「ゴチになります!」がヒットした理由を紹介します。

  • テラスハウスがヒットしている理由! 恋愛バラエティ番組10年の法則

    6人の男女がシェアハウスで暮らす「テラスハウス」が人気となっています。なぜ、恋愛番組は人気になりやすいのでしょうか? その秘密は、「恋愛バラエティ番組10年の法則」にあります。 「素人恋愛バラエティ10年周期」の法則 男女の恋愛をテーマにした「

  • 世界ふしぎ発見! が28年も続く理由【5匹目のドジョウ作戦】

    「世界ふしぎ発見!」という番組、一度は見たことがあるのではないでしょうか? 草野仁さんが司会で、「スーパーひとしくん人形」や「ミステリーハンター」など、数少ない「長寿番組」の一つです。 なぜ「世界ふしぎ発見!」はこれほどまでに人気なのでしょうか? 番組

  • 行列好きな日本人、その習性を利用して1億円を稼ぐ作家がいる!

    日本ではベストセラーが出るとそれがいきなり100万部も、200万部も売れてしまうことがたびたびあります。なぜ、そんな現象が起こるのでしょうか? その秘密を、1,600冊以上も本をプロデュースしてきた吉田浩さんに聞きました。100万部を超えるベストセラーが生ま

  • ヒット作品は2人から始まる? 相棒、テッド、アナ雪が大ヒットした秘密

    相棒、テッド、アナ雪と大ヒットする作品の主人公には共通点があります。それは、「2人」ということです。実は、ヒット作品は2人から始まるという定番の法則があります。世界ふしぎ発見!やTVチャンピオンなどを担当した放送作家石田章洋さん著書「企画は、ひと言。」より、2

  • ベストセラー本を生み出す「タイトル」には、秘密があった!

    今、「本が売れない時代だ」と言われています。しかし、年間300冊のベストセラーが生まれています。そして、ベストセラーを生み出す人はいつも同じ人です。 天才工場の吉田浩さんは、自ら200冊の本を書き、30年間で1,600冊もの出版に関わり、多くのベストセラー本

  • つんくに学ぶミリオンセラーの法則「ヒントはいつも自分のいちばん近いところにある。」

    つんくさんは「シャ乱Q」というバンドでデビューしました。ところが、デビュー曲はさっぱり売れず、その後も鳴かず飛ばずの日々が続きました。しかし、「シングルベッド」という曲でミリオンセラーを達成しました。どうやって、つんくはミリオンセラーを生み出したのでしょうか?

  • 素人だった「モーニング娘。」を成功させたつんくのプロデュース術とリズム論

    シャ乱Qのつんくといえば、「モーニング娘。」を成功させたプロデューサーとしても有名です。では、「モーニング娘。」は素人の女の子だったのに成功を収めたのでしょうか? そこには、つんくならではのプロデュース術とリズム論に秘密が隠されています。 シャ乱

1 / 2 1 2 最後 »