熱中していることならどんどん書ける

出版で夢を叶えたいけれど、書く習慣がなかった……実は、文章を書くのが苦手。そんな人でも、すらすら書けるようになるコツがあるのです。とっておきの文章カンタン上達メソッドで、楽しく練習してみませんか?

文章が苦手でもマイブームなら書ける

どんなに文章を書くことが苦手な人でも、「あなたのマイブームを書いてください」というと、どんどん書き進めるから不思議です。 マイブームとは、今、「自分がはまっていること」です。

「何に、なぜ、どういうわけで」は書きやすい

① いつから、何に、はまっているのか? ② なぜ、それに、はまっているのか?  ③ その魅力は何か? これを出版セミナーでやると、10分くらいの執筆時間に、皆さん、書くこと書くこと……。 1000字も2000字も書く人もいます。

「好き」の情熱が納得を生む

東京湾での巨大アナゴ釣りにはまっている人もいれば、「ニコミスト」というグルメ団に入り、モツ煮込みの店探しにはまっている人もいました。 ガリガリくんというアイスキャンデーの袋を集めている人にはたくさんの質問が集中しました。 そして、マイブームを3分間で発表するときには、だれもが顔を輝かせて熱弁をふるうのです。 その解説やウンチクには、「なるほど」と唸るくらい納得させられるものもあります。

熱中しているテーマについてなら書ける

ではなぜ、受講生は、ここまで熱心に執筆できたのでしょうか? 書くテーマが「自分が好きなこと」だったからです。 このように、私たちは自分が熱中していることなら、長い文章でもすらすらと、いとも簡単に書けてしまうのです。

心が輝き楽しく書けるお題とは

この他にも、私が開催する「出版合宿」でこんなお題を出すと、受講生の方は目を輝かせてペンを走らせます。 ・だれにも言えない自分の秘密。 ・過去、最高に恥ずかしかったこと。 ・モテ期、一番モテた瞬間。 ・スーパーヒーロー、一番輝いたとき。 ・バカヤロー、怒りを感じたとき。 ・ヤバイ、とんでもない失敗をしてしまった!

過去、現在、未来と継続する「好きなこと」

これは、「文章を書くための練習」としては最適です。 しかし、マイブームやお題に沿った本は、それぞれの人生の一部を切り取っただけなので、これで1冊の本を作るのは無理があります。 あなたが過去に使ったお金軸や、過去に費やしてきた時間軸が必要なのです。 過去、現在、未来と継続する「好きなこと」、これがあなたの本のテーマになります。

【まとめ】

・文章が苦手でもすらすらかける「マイブーム」。 ・好きなことやおもしろいことなら、情熱的に伝えられて納得を生みます。 ・楽しく書けるお題を見つければ、文章を書く練習になります。過去に使ったお金軸や、過去に費やしてきた時間軸をプラスすれば、あなただけのオリジナルテーマになるのですね。 ★ 参考図書『本を出したい人の教科書』 著者:吉田浩(よしだ・ひろし)