ヘタをうまいに変える心がけと文章術

「こんなふうに上手に書けたらな……」好きな本を読んで、そう思ったことはありませんか? 文章がうまくなるには、普段からの心がけが必要です。ヘタをうまいに変える心がけと文章術をご紹介しましょう。

人に見せて感想を聞く

【心がけ①】……人に見せて感想を聞く。 文章はひとりよがりになってはいけません。 他人に見せることによって、意外な意見をいただくことがあります。

サービス精神旺盛になる

【心がけ②】……サービス精神旺盛になる。 常に、文章は読み手がいることを意識してください。 常に、読者をおもしろがらせる工夫を凝らしてください。

もう一度最初から書き直す

【心がけ③】……1冊全部書いたら、もう一度最初から書き直す。 まずは、1冊、一生懸命に書いてください。 1冊書き終えたら、もう一度見なおして、どんどん修正していってください。 一山乗り越えた時点であなたの文章力は格段に進歩しているはずです。

ヘタをうまいに変える5つの文章術

よく、「文章がうまくなるコツを教えてください」という質問をうけます。 「文書がうまくなるコツはひとつしかありません。書いて、書いて、書きまくることです」 どんな大作家に聞いても文章がうまくなる方法は、書いて、書いて、書きまくること以外にありません。 何も努力しないで文章が上達する近道は存在しないのですが、それでも悩んでいる多くの方に対して、「ヘタをうまいに変える5つの文章術」を公開します。

文章術①日記、ブログ、メルマガで毎日書く

毎日書く、とにかくたくさん書く。 日記でも、メルマガでも、ブログでも、何でもかまいません。 ひとつのテーマで、読者を意識して半年書いたら、それは本になるかもしれません。

文章術②短く、歯切れよく、テンポよく

短い文章で書く。 だらだらした文章は「ヘタ」の典型です。 文章は「短く、歯切れよく、テンポよく」書くことが基本です。

文章術③自分の体験を軸にリアリティを出す

オリジナルな体験を書く。 小説を書くとき、あなたの職場を舞台にすると異様にリアリティが出ます。 ビジネス書を書くとき、あなたの専門分野を語ると説得力のある文章になります。

文章術③伝えたいことを箇条書きに

体系化する。 たとえば、伝えたいことを箇条書きにするのも有効な手段です。 この「ヘタをうまいに変える5つの文章術」自体が体系化の見本です。

文章術⑤出だしと結びの3行に力を入れる

最初と最後の3行をうまく書く。 これは、魔法のように文章がうまくなる画期的な裏技です。 出だしがいいと引き込まれ、結びがいいと余韻が残ります。 もちろん、全体のつながりの中で出だしと結びを考えてください。

【まとめ】

・3つの心がけ「人の感想を聞く」「サービス精神旺盛に」「書き終えたら見直してもう一度書く」 ・5つの文章術「毎日たくさん書く」「短い文章で書く」「オリジナル体験を書く」「箇条書きを取り入れる」 「最初と最後の3行に力を入れる」 ・3つのポイントを心がけて最初の原稿を書き、「ヘタをうまいに変える5つの文章術」に沿っているかどうかをチェックしてみましょう。この方法で、一気に書く力がアップするのを実感できそうですね。 ★ 参考図書『本を出したい人の教科書』 著者:吉田浩(よしだ・ひろし)