キャッチコピーの極意とは?

キャッチコピーが求められる場所は多いでしょう。それはビジネスシーンにおいてもそうですし、プライベートでも書類を書くことはあるでしょう。キャッチコピーは、短いフレーズでしっかりと、そのすべてを言い表す技術であると言えます。身につけておいて損はない技術でしょう。


何をすべきか?

弓削徹による『届く! 刺さる! ! 売れる! ! ! キャッチコピーの極意』(明日香出版社)はコピーライター、マーケティングコンサルタントとして多くの商品開発を手がけてきた著者による本です。こうした本は、著者の来歴がだらだらと記されているといったものも少なくありません。しかしながら本書は、しっかりと買わせるポイント、キャッチーなポイントにしぼって解説されていますので、非常にシンプルながらわかりやすい一冊に仕上がっています。まさに、この本自体が、キャッチコピー的なマーケティングによって成り立っていると言えるでしょう。

理由を明確に

本書で取り上げられている事柄として、まずは「買う理由」を明確に打ち出すべきと記されています。キャッチコピーは義務的に考えるものではなく、あくまでも商品をバックアップして、きちっと売るためのものなのです。

テクニックも

さらにキャッチコピーを作るための具体的なテクニックについても記されています。具体的な数字を盛り込む方法や、オノマトペの多用、初耳の言葉、ギャップのある言葉など、それぞれのテクニックがありますので、すぐに実践や応用可能な一冊になっています。

表現パターン

しかしこうしたテクニックを単に同じことをしているだけではオリジナリティは出せませんよね。そこで、きちっと表現をするためのテクニックについても記されています。擬人化やダジャレ、ドラマ調、リズム感といったキーワードが用意されていますから、凝り固まった思考が本書によってクリアになっていくのを体感することができるのではないでしょうか。さらには、今の時代はウェブサイトでの広告宣伝は必須だと言えますから、そちらのメディアに特化したテクニック参考になるのではないでしょうか。

    
コメント