嵐の相場ちゃんも推奨のアイデアのひらめき法とは?

ドラマ「ラストホープ」第2話で相葉ちゃんが「ひらめき法」を紹介しています。このとき彼はとても難しい症例をかかえていて、その対処法をひらめくためにあるテクニック「ひらめき法=クロスクロール」を使いました。今回はだれでもすぐにできて、脳を活性化し、とても良いアイデアを思いつく「ひらめき法」をご紹介します。


ひらめき法とは

相場ちゃんがしていたのは交差足ふみというテクニック。クロスクロールとも言います。その場で足を上げて足ふみをしながら、反対の手でひざをさわります。右ひざを上げているときには左手、左ひざを上げているときには右手でひざをさわるのです。このかんたんな交差足ふみにはなぜ良いアイデアをひらめかせる働きがあるのでしょう?

脳機能を改善する交差足ふみ

右の膝を上げようとするときには左の脳が働きます。左の手を動かしているときは右の脳が働きます。その逆に左の膝と右の手なら右の脳と左の脳ということですね。どちらにしても左脳と右脳とが強調してバランスよく働くのです。

高齢者や脳梗塞など脳の機能に異常がある人にこの交差足ふみをしてもらうと、右ひざと右手という具合にぎくしゃくと動く人がたくさんいます。つまり、この簡単な交差足ふみは脳が正常に働いていないと上手くできないのです。

逆にこの交差足ふみを続けて練習していけば、やがて脳の機能が改善するとのこと。その結果、すばらしい知恵がわいてくるという仕掛けです。

癒し物質セロトニンまで!

ストレスを抱えてあせっているときにはいつもなら簡単にできるはずのことさえできなくなります。リズミカルに運動をしていると脳に癒し物質のセロトニンが増えてくるといわれています。

リズミカルな交差足ふみによってセロトニンが増えてくれば、ストレスも解消され、素晴らしい知恵もでてくるでしょう。ちなみにこの「ひらめき法=交差足ふみ」はブレインジムという脳の活性化のためのワークのスキルです。

ちなみに相場ちゃんがひらめき法をしている動画がyoutubeにアップされています。

今回はとても簡単な「ひらめき法=交差足ふみ」で脳を活性化し、すばらしいアイデアをひらめく方法をご紹介しました。

「心のトリセツ流 幸せの作り方 心と身体のヒント101(藤井英雄著)」の詳細を調べる

    
コメント