アイデアの法則を知る

ビジネスの場面では、常に新しいプランやアイデアが求められます。そこにおいては単なる思いつきよりも、より具体的なアイデア、実現可能性の高いアイデアが求められるといえるでしょう。

法則を知る

さらに、アイデアにはいくつかの法則が存在します。それを知ることによって、より具体的なアイデアをアウトプットすることが可能となるでしょう。狐塚康己による『図説 アイデア入門 -言葉、ビジュアル、商品企画を生み出す14法則と99の見本』(宣伝会議)は、宣伝会議のコピーライター講座をそのまま書籍化したものです。この講座を担当するクリエイティブディレクターが外資系広告会社で、そこで作り上げたアイデア作りの手法が公開されています。いわば、アイデア作りのマニュアルというべきものでしょう。

イラストで例示

本書の特徴は、アイデアの形がイラストで例示されているところでしょう。イラストを持用いることで、ビジュアル的に理解することが可能になっています。言葉で説明されてもなかなかイメージがつかみにくいことがあると思いますが、それをイラストなどにアウトプットすることによって、クリアに見せることができるといえるでしょう。アイデアを形にするにはどうすればいいのか、そのプロセスも本そのものに現れているので、勉強になる本だといえます。