ビジネスは勝ちすぎてはダメ!勝ちすぎないバランス感覚を身につけよう

ビジネスで勝つことは大切です。しかし、出過ぎた杭は打たれると言われるとおり、勝ちすぎは自ら敗因を作ってしまいます。なぜビジネスで勝ちすぎてはダメなのでしょうか?ビジネスを継続させるために知っておきたい勝ち過ぎないバランス感覚を紹介します。


■なぜ勝ちすぎてはいけないのか?

ビジネスは当然、勝たなければいけません。しかし、負けてもいいというところでは、無理して勝とうとしないことが大切なのです。強い企業の社長は、絶妙なバランス感覚の持ち主が多いです。例えば、相撲だと横綱になってしまったら、勝ち続けなければ引退しなければなりません。芸能界でも露出が増えると一発屋、ゴリ押しなどと批判されてしまいますよね。ナンバーワンになるということは、人の妬みや恨みを買い、倒すべき標的にもなってしまうのです。勝ちすぎることは、敗因を自分で作ることでもあるのです。

■ビジネスとは継続させること

ビジネスは、記録や賞を目指すものではありません。その年だけよければいいのではなく、ずっと継続させなければなりません。継続させることを常に意識し、「勝ちすぎ」ないようバランスを取ることが大切なのです。

今だけを考えるのではなく、継続的な成功を得るために、勝ち過ぎないバランス感覚を意識しましょう。

「人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない(見城 徹, 藤田 晋)」の詳細を調べる

    
コメント