なぜ人は仕事でミスをしてしまうのか? ミスを防ぐコツとは?

仕事をしていて、資料作成やメールなどでミスをしてしまった経験はだれでもあるものではないでしょう。なぜ人は仕事でミスをしてしまうのでしょうか? これまで8,600人以上に仕事のミスゼロ研修を行っているミスゼロコンサルタントの藤井美保代さんに、仕事をミスしてしまう理由を聞きました。


ミスを引き起こす3つの原因

ミスには必ず、原因があります。仕事のミスは「人」「道具」「環境」のどれかが原因です。

1. 「人」が原因のミス

「人」に由来するミスは、思考・行動のパターンが主です。思考を整理し、集中して仕事に取り組めるようにすること、仕事の進め方を見直すことでミスを防ぐことができます。

2. 「道具」が原因のミス

「道具」の不備がミスの原因であれば、メンテンナンスを徹底することが大切です。

3. 「環境」が原因のミス

「環境」がミスの原因であれば、オフィス環境やデスクまわり、メンバー間のコミュニケーション環境の見直しにより、ミスを防げるでしょう。

ミスはゼロにできる

ミスは一人ひとりの能力や正確に原因があるものだから防げないと思い込んでいませんか? 実際は、原因を理解し、適切に改善することで、ミスを限りなくゼロに近づけることができます。

「環境」の乱れはミスを増やす

ミス削減支援の中で、「環境」が整っているかどうかはミスの発生に大きく影響します。場の乱れは、仕事の乱れを生み出します。

「場の乱れ→心の乱れ→集中力の低下→ミス」

となるのです。

うっかりミスではすまされない

ミスが起きると「うっかりしていました」と反省するだけではすまされず、会社の信用に関わる大問題につながることもあります。

ある物流会社では、書類や新聞、備品などがあちこちに散らばっていました。必要なものも見つからない環境の中で、あるとき、大型契約につながる書類を紛失し、300万円以上の機会損失が生じました。

これはあってはならないミスです。でも、「大切な書類をなくした」というミスを一度は経験したことがある方も多いのではないでしょうか?

ミスを防ぐコツ

では、どうすればミスを防げるのでしょうか? それは、簡単です。整理・片付けを行い、「環境」を整えることです。そうすれば、職場は格段に快適になり、仕事の質もぐんぐん上がっていくはずです。整理・片付けは、ミスなく、心豊かにイキイキ仕事するための基本なのです。

仕事でミスを防ぐには「環境」の整理・片付けが大切です。仕事のミスゼロを目指したい人は藤井美保代さんの著書「ミスゼロ仕事の片づけ・整理術」を読んでみてはいかがでしょうか?

「デスク周り整理整とんのコツ」の詳細を調べる

    
コメント