5Sでカイゼンしよう!! TOYOTA式片付け術。

春も到来しポカポカした日が続くこの頃。陽気な気分が続く毎日ではないでしょうか。外で遊ぶのも良いですが、そんな時こそ掃除をしましょう。窓を全開で、新鮮な空気を家にいれながらする掃除は最高だと思います。そこで今回は日本を代表する企業「TOYOTA」から学ぶ片付け術を紹介します。


4つのムダ

  1. スペースのムダ
  2. 時間のムダ
  3. 間違えるムダ
  4. とりに行くムダ

掃除をせずに放置する。片づけをしないと4つのムダが発生するのです。ムダはムダを呼び、新たなムダが発生するのです。

片付けの「5S」

  1. 整理
  2. 整頓
  3. 清掃
  4. 清潔
  5. 躾(しつけ)

「カイゼン」でお馴染みのTOYOTAですが、もう1つ有名な言葉があります。それがサ行で始まる「5S」です。5Sを徹底することでTOYOTAは世界一の企業になったのです。加えて、私たちの生活にも当てはめることができる真理でもあります。

「キレイにする」がゴールではない

「整理整頓」というのは「要らないモノを捨てたり整理し、スペースを空ける」ということであると考えがち。確かに「整理整頓=捨てる技術」ではあるのですが、それ以外にも大切な要素があります。

それは、「必要なもの」を「必要な時」に「必要なだけ」取り出せるようにすること。結局のところ、日常生活で大事になってくるのは「取り出しやすさ/しまいやすさ」です。その部分を改善しない限り、「取り出し→放置→整頓→取り出し→...」という無限ループに陥ってしまうのです。また、「モノを持つこと=コスト」ということも頭に入れておくと良いです。

とは言え、人によって合う片付け術は違います。様々な片付け術を試し、どれも合っていないなと感じた方はTOYOTA式片付け術を試してみてはいかがでしょうか。

「トヨタの片づけ(OJTソリューションズ)」の詳細を調べる

    
コメント