思考力を鍛える

思考力を鍛えると、問題解決や意思決定の精度があがります。思考力を鍛えるために役立つ、論理的思考の身につけ方、問題解決や意思決定の手法を紹介します。

  • 原因と結果を意識する

    ビジネスシーンにおいて、プランを立てたのは良いが、なかなか上手くいかず、もどかしい思いをしたことのある人は少なくないでしょう。しかし、あらゆるトピックには原因と結果が存在するものです。

  • 数学的思考を身につける

    文化系の出身者にとって数学的思考というものは苦手とする分野のひとつです。「自分は文系なので」というフレーズが口をついて出ることがありますが、それを言い訳にしてはいないでしょうか。逆に考えてみるならば、数学的思考を少しでも身につければ、それは将来に対して大きなスキルとなる可能性を秘めています。

  • 21世紀の生き方とは?

    ビジネスをする上で、未来志向は大事でしょう。これからの社会をどう生きてゆくのかという問いです。

  • 考えるとは何なのか

    仕事をしていると「よく考えろ」と指摘されることがあります。「考えていない」という批判もあるでしょう。しかし、そもそも「考える」とはどのようなことなのでしょうか。ぱっとアイデアがひらめくこともあれば、時間をかけても考えがまとまらないこともあります。そのような考えをめぐって、堂々巡りを繰り返している人にとっておすすめなのが細谷功による『考える練習帳』(ダイヤモンド社)です。

  • 執事のノート術に学ぶ

    現在はパソコンやスマートフォンといったデジタルガジェットが普及するにともない、紙やペンを持たないという人も少なくありません。ペーパーレス社会が実現しつつあるといえるでしょう。しかし、重要なことをとっさにメモするにあたって、スマートフォンを取り出しているヒマもないという場合に、ノートは重要です。

  • 「わかる」とはどのようなことか?

    「わかりましたか?」学校に通っていたころ、あるいは塾などで先生からこう問われた経験がある人は多いでしょう。ほとんどの人はそこで「わかりました」といいますが、100%ものごとを理解している人はいないと思います。わかっていないのにわかったふりをしてしまう、これは人間の心理としてあるでしょう。それが勉強ならば後から挽回すれば良いのですが、ビジネスの場面では致命的なエラーを引き起こす原因になりかねません。

  • 地頭力を鍛えよ

    地頭が良いとはよく言われる言葉です。地頭の良さは、仕事の出来にも影響します。仕事というのはこれまでの受験勉強やテストなどと違って、はっきりとした正解はありません。むしろトライアンドエラーを繰り返していく場所です。そんな時に生きてくるものが地頭の良さなのです。

  • Q思考とは何か?

    仕事や勉強をする上で、シンプルな思考は求められる能力です。あれもこれもとゴテゴテと思考をめぐらせていると、堂々めぐりになってしまいます。

  • 即断か、熟断か。スタンフォードで学んだ決断方法とは

    ビジネスパーソン必須の能力とされる「即断即決」。しかし、いつでも「即断」が有効な方法とは限りません。むしろ真逆の決断方法「熟断」が有効な場合もあります。いったい「熟断」とは何か? それが有効なシチュエーションとは? スタンフォードで学びマッキンゼーで働いたコン

  • 人生の岐路に立たされた時に使いたい、スタンフォード流“熟断”思考とは

    人生には決断する場面が多くあります。今の仕事を続けているだけでいいのか?キャリアアップの為に留学をしたり、転職をしたりするべきなのか?パートナーとの結婚に踏み切るべきか? このように人生において重大な決断を強いられた時、即断即決をしてしまうと命取りになる

  • 問題解決の前に考えたい! 分析を行なう3つの目的

    ビジネスで分析による検証を行なうことは多いですよね。なぜ分析を行うのでしょうか? 分析を行う理由は問題解決を行うためです、しかし、問題解決の前に分析の目的を理解しなければ、分析の意味がなくなってしまいます。今回は、素早い問題解決を行うために知っておきたい、分析

  • 完全主義の落とし穴!? 日本人はなぜ意思決定の決断タイミングを逃すのか

    日本人は決断がヘタと言われています。なぜなら、日本人には完全主義が多いからです。完全主義による落とし穴、「日本人がなぜ決断のタイミングを逃す」のかについて紹介します。 ■日本人が抱く決断への恐怖心 日本人の多くは決断することへの恐怖心が強すぎま

  • なぜ天才棋士「羽生善治」は一瞬で打ち手を絞り込めるのか? 将棋と仮説思考

    プロ棋士である「羽生善治」は稀代の天才棋士です。仮にビジネスの世界に進んでいたとしても、かなりの確率で成功を収めるでしょう。それは「羽生善治」が仮説思考の達人だからです。 ■「羽生善治」の意思決定力 「羽生善治」の棋風はオールラウンドで幅広い戦

  • 製品系列ポートフォリオ管理「PPM法」。商品の切り捨て方と伸ばし方

    1960年代にボストン・コンサルティング・グループが提唱した製品系列ポートフォリオ管理「PPM法(Product Portfolio Management)」は、今日では世界中の企業で事業戦略立案のために取り入れられています。製品系列ポートフォリオ管理「PPM

  • 仮説をうまく使いこなして論理的思考力を高めよう! 仮説思考4つのメリット

    仮説思考をうまく使いこなせるようになると論理的思考力を上げることができます。仮説思考4つのメリットを紹介します。 ■仮説思考のメリットその1「仕事のスピードが上がる」 仮説をうまく使いこなせるようになると、仕事をこなすスピードが速くなります。作

  • 就活生も使い始めているフェルミ推定って何?

    外資系企業やコンサルティングファームなどの面接で主に使用されることで、日本でも耳にする機会が増えたフェルミ推定。そもそも、フェルミ推定とはどのようなもので、なぜフェルミ推定のような考え方が必要なのでしょうか。 ■そもそもフェルミ推定とは? フェルミ

  • これから求められる人材に必要な思考「置換力」とは

    成熟した市場でビジネスマンはそれぞれ厳しい時代に生きています。これからのビジネスマンに必要な力は一体どんな力なのでしょうか? そこで今回は、「ちょロジ ニュースから学ぶ7つの思考法」の著者有賀 正彦氏が提唱する、「置換力」についてご紹介します。マネジメントの本

  • サッカーのオウンゴールのケースから考える、論理的思考の重要性

    ビジネスマンは、論理的思考が重要だと、耳にタコが出来るほど聞かされていることでしょう。けれども、一体どうしてそこまで論理的思考に重要性が置かれているのでしょうか? そこで今回は「ちょロジ ニュースから学ぶ7つの思考法(有賀 正彦)」で紹介されたサッカーのオウン

  • 習慣化が鍵。「なぜ」を聞く習慣で論理的思考力を身につけよう。

    ビジネスはロジックが命。数字の裏付けが無い企画書は役に立ちません。それと同様に「why?」と聞かれた時に答えられないビジネスマンの価値は無くなってきています。もしくは既に無いのかもしれません。そんな状況の中、周りを見渡してみると意外にも「why?」と聞かれた時

  • 「Why?」が大事なロジカルシンキングのススメ!

    年も明け、とうとう2013年もスタートしました。社会人のみなさんは正月で鈍ったビジネスマインドを取り戻しつつある頃かなと思います。今回は、若いビジネスマンだけでなく、今春から入社する新卒社会人にも必携のスキル「ロジカルシンキング」について紹介します。

1 / 2 1 2 最後 »