思考力を鍛える

  • これから求められる人材に必要な思考「置換力」とは

    成熟した市場でビジネスマンはそれぞれ厳しい時代に生きています。これからのビジネスマンに必要な力は一体どんな力なのでしょうか? そこで今回は、「ちょロジ ニュースから学ぶ7つの思考法」の著者有賀 正彦氏が提唱する、「置換力」についてご紹介します。マネジメントの本

  • サッカーのオウンゴールのケースから考える、論理的思考の重要性

    ビジネスマンは、論理的思考が重要だと、耳にタコが出来るほど聞かされていることでしょう。けれども、一体どうしてそこまで論理的思考に重要性が置かれているのでしょうか? そこで今回は「ちょロジ ニュースから学ぶ7つの思考法(有賀 正彦)」で紹介されたサッカーのオウン

  • 習慣化が鍵。「なぜ」を聞く習慣で論理的思考力を身につけよう。

    ビジネスはロジックが命。数字の裏付けが無い企画書は役に立ちません。それと同様に「why?」と聞かれた時に答えられないビジネスマンの価値は無くなってきています。もしくは既に無いのかもしれません。そんな状況の中、周りを見渡してみると意外にも「why?」と聞かれた時

  • 「Why?」が大事なロジカルシンキングのススメ!

    年も明け、とうとう2013年もスタートしました。社会人のみなさんは正月で鈍ったビジネスマインドを取り戻しつつある頃かなと思います。今回は、若いビジネスマンだけでなく、今春から入社する新卒社会人にも必携のスキル「ロジカルシンキング」について紹介します。

  • 決断せずにはいられない。なぜ現代日本でディベートが「意思決定」の役に立つのか?

    経済は右肩下がり、政治も迷走、追い打ちをかけるような震災。若者にとって、希望はもとから存在しなかったのではないでしょうか。ですが、この世に生を受けた以上生き抜かなければなりません。得るために何を捨てるのか、決断する機会がますます増える現代では決断することが武器

  • 「自分のアタマで考える」を習慣化!! 良書が揃う今こそ読むべき時

    現在、日本にいて「おやっ?」思うことがあります。それは「自分で考えることをしない」ということ。確かに知識をただ暗記し、吸収するのは非常に効率的です。先人が莫大な時間を割き、ほんの数時間で知ることが出来るのは素晴らしいことです。ですが、自分で考えるステップを飛ば

  • 新入社員に最低限度必要な技術「ロジカルシンキング」がよくわかる本

    毎年、新入社員が入ってくると、よく次のような会話が聞こえてきます。「一体、何を言いたいの?」「それで、結論は?」今年、入社した方、これから就職活動をしようとしている方、思い当たるようであれば、今からでも遅くはありません。ロジカルシンキングを身につけましょう。

2 / 2 « 最初 1 2