決断は3秒で決める

決断というのはさまざまな場所で迫られます。重要な決断の場合は時間をかけて判断するというのもひとつの手でしょう。しかしながらもうひとつ、即決という選択もあります。人生の岐路に立たさせるようなものは別としてもビジネスシーンなどにおいては即決というのは、ある意味では重要な要素だといえるかもしれません。


即決こそ重要?

金川顕教による『3秒決断思考 やるか、すぐやるか。』(集英社)は経営コンサルタントとして知られる著者の即決に関する本です。即決はいかにメリットがあるかが説かれています。そこには、決断が良きこととならなかった場合においてもひとつの見方として考えれば良きことになるのではないかといった思考方法も記されています。例えば、失敗イコール後悔ではない、といった考え方は重要なのではないでしょうか。即決の失敗は、永久的な失敗ではないのです。

ベストよりベター

さらにはベストよりベターというのも重要なフレーズだと言えるでしょう。つい一番良い選択肢を探してしまいがちで、結果的に損をしてしまうこともあるわけです。しかしながら、そこにおいては必ずしもベストでなければならない理由はないのです。見切り発車で行こうというのも良い提言ですね。常に立ち止まったままでは何もできないというのが本当のところです。読むだけでポジティブになれる本だと言えます。

    
コメント