論理的思考・ロジカルシンキングを鍛える

論理的思考(ロジカルシンキング)を鍛えると、物事を筋道を立て論理的に考えることができるようになります。ロジカルシンキングの基本、PPM法、4Cなどのフレームワークの考え方など、論理的思考を鍛えるのコツを紹介します。

  • 即断か、熟断か。スタンフォードで学んだ決断方法とは

    ビジネスパーソン必須の能力とされる「即断即決」。しかし、いつでも「即断」が有効な方法とは限りません。むしろ真逆の決断方法「熟断」が有効な場合もあります。いったい「熟断」とは何か? それが有効なシチュエーションとは? スタンフォードで学びマッキンゼーで働いたコン

  • 人生の岐路に立たされた時に使いたい、スタンフォード流“熟断”思考とは

    人生には決断する場面が多くあります。今の仕事を続けているだけでいいのか?キャリアアップの為に留学をしたり、転職をしたりするべきなのか?パートナーとの結婚に踏み切るべきか? このように人生において重大な決断を強いられた時、即断即決をしてしまうと命取りになる

  • 製品系列ポートフォリオ管理「PPM法」。商品の切り捨て方と伸ばし方

    1960年代にボストン・コンサルティング・グループが提唱した製品系列ポートフォリオ管理「PPM法(Product Portfolio Management)」は、今日では世界中の企業で事業戦略立案のために取り入れられています。製品系列ポートフォリオ管理「PPM

  • 仮説をうまく使いこなして論理的思考力を高めよう! 仮説思考4つのメリット

    仮説思考をうまく使いこなせるようになると論理的思考力を上げることができます。仮説思考4つのメリットを紹介します。 ■仮説思考のメリットその1「仕事のスピードが上がる」 仮説をうまく使いこなせるようになると、仕事をこなすスピードが速くなります。作

  • 就活生も使い始めているフェルミ推定って何?

    外資系企業やコンサルティングファームなどの面接で主に使用されることで、日本でも耳にする機会が増えたフェルミ推定。そもそも、フェルミ推定とはどのようなもので、なぜフェルミ推定のような考え方が必要なのでしょうか。 ■そもそもフェルミ推定とは? フェルミ

  • サッカーのオウンゴールのケースから考える、論理的思考の重要性

    ビジネスマンは、論理的思考が重要だと、耳にタコが出来るほど聞かされていることでしょう。けれども、一体どうしてそこまで論理的思考に重要性が置かれているのでしょうか? そこで今回は「ちょロジ ニュースから学ぶ7つの思考法(有賀 正彦)」で紹介されたサッカーのオウン

  • 習慣化が鍵。「なぜ」を聞く習慣で論理的思考力を身につけよう。

    ビジネスはロジックが命。数字の裏付けが無い企画書は役に立ちません。それと同様に「why?」と聞かれた時に答えられないビジネスマンの価値は無くなってきています。もしくは既に無いのかもしれません。そんな状況の中、周りを見渡してみると意外にも「why?」と聞かれた時

  • 「Why?」が大事なロジカルシンキングのススメ!

    年も明け、とうとう2013年もスタートしました。社会人のみなさんは正月で鈍ったビジネスマインドを取り戻しつつある頃かなと思います。今回は、若いビジネスマンだけでなく、今春から入社する新卒社会人にも必携のスキル「ロジカルシンキング」について紹介します。

  • 新入社員に最低限度必要な技術「ロジカルシンキング」がよくわかる本

    毎年、新入社員が入ってくると、よく次のような会話が聞こえてきます。「一体、何を言いたいの?」「それで、結論は?」今年、入社した方、これから就職活動をしようとしている方、思い当たるようであれば、今からでも遅くはありません。ロジカルシンキングを身につけましょう。

1 / 1 1