ノートで頭脳を整理する

頭の良し悪しは、持って生まれたものなのでしょうか。頭の良さを図る上で必要なものは、情報をどのように受け取り、整理しているかといった点があげられるでしょう。


ノート術の本

齋藤孝による『頭のよさはノートで決まる:超速脳内整理術』(ビジネス社 )は、ノート術に関する本です。本書が強調するのは、アイデアは考えているだけでは生まれないので、しっかりとアウトプットをしようということです。確かにそうしたものは重要だと頭ではわかっていたとしても、なかなか実行に移せない人も多いのではないでしょうか。しかし、本書ではノート術によってアイデアをクリアに整理する方法について記されているので、アウトプットが苦手な人にも役立つ本であるといえるでしょう。

何をすればいいのか?

さて、アイデアをノートに書き出すというのは一見すればシンプルな行為のように見えますが、そうである分、どこから始めればいいのかわからないという人もいるでしょう。そんな人のために、本書ではノート術に関するメソッドが記されています。いつでも書けるようにカバンに入れておく。お気に入りのデザインのノートを見つける。日付を入れるといった、シンプルながらもこれを実践するだけで一気に世界が広がるノート術がここには記されているのです。まずはノート術の入門編として手にとって見るのも良い本だといえるでしょう。

    
コメント