大前研一が教える! 大人のビジネスマンの休日の遊び方

大人になってから遊び方を忘れてしまってはいませんか? 休みの日には仕事の疲れから一日中寝てしまう……なんてこともあるのかもしれません。ですが遊ぶということは人生を豊かにする上でかけがえのないもの。そこで今回は経営コンサルタントとして名高い大前研一氏が教える、ビジネスマンの遊び方をご紹介します。


■オンのためのオフの日に

仕事の休みの時、つまりオフの日を充実させるのは、ずばりオンの日のためです。目的もなく時間をつぶしてしまうと、逆に疲れが溜まってしまいます。まずは、オフの日の年間計画を立ててみましょう。普通のビジネスマンなら長期休暇が3回と、月単位で週末にオフがあるはずです。オフに無計画だと、結局何もできずに終わってしまいます。

■自分の中に定番を

旅行先の宿でも自家用車でも何でも良いので、自分の中に定番のものを決めておきましょう。自家用車で、この車と決めておけば、ストレスもなく買い替えができます。安さだけを基準に選んでしまうと、快適さに欠けるので、自分が本当に気に入ったものを定番としましょう。

■趣味は狭く深く

大人の楽しみとして趣味を持っておくと良いでしょう。その話題に関して1時間は語れるものを趣味にするのが理想です。何も好きなことがなく、趣味にすることが見当たらない人は、基本的なところで、楽器演奏などの音楽や、スポーツを狙ってみてはいかがでしょうか。

■月曜日を憂鬱に迎えないために

働く人にとって月曜日は憂鬱でブルーマンデーをなるべく避けたいものですよね。そこで、週末の過ごし方を考えましょう。

まず旅行する人は金曜の夜から出発しましょう。金曜の夜に飲みすぎて二日酔いで土曜日の満足度を下げてしまうのは勿体無いです。そして、体力を使う楽しみを土曜にやるようにしましょう。最後に、日曜は心も体もオフに休ませ、夜から仕事に備えるよう精神的にも肉体的にも整えましょう。

■父親としての遊び方

もし子どもがいる場合には、すすんでイベントの呼びかけをしたり、家族の会話を仕切りましょう。つまり、父親はコミュニケーションの要を目指すべきなのです。そのためにも仕事の愚痴を吐き出すのでなく、家族の会話の聞き手になってあげましょう。また、週1で家族団欒の休日を作ると家族の関係も円滑にいきます。

大人になって仕事と家庭などいろいろと考えなければならないことが増えて遊べなくなっている人もいることでしょう。より良い休日にするために積極的に遊んでみてはいかがでしょうか。

「遊ぶ奴ほどよくデキる(大前 研一)」の詳細を調べる

    
コメント