怠け者の時間術とは?

時間のコントロール、スケジューリングに関する本は多く出ています。時間管理には何が大切かということがきちんと記されています。しかしながら、その内容を細かく見ていくと、その人自身にしか有効ではない処方箋といった印象を受けるものも少なくありません。どのようなものかといえば、この人は本やアドバイスがあってもなくても時間コントロールができるのだろうなと思わせるものです。


負担をかけない

そこは、やはり何かをしなければいけないといった重圧が自分への負担となってしまっていることも多いでしょう。いわば、時間がコントロールできれば苦労しないよという話ですね。そんな時間コントロールが苦手な人におすすめな本が午堂登紀雄著『怠け者の時間術:自分に負荷をかけない「仕組み」の作り方』(パンダ・パブリッシング)です。本書には怠け者社員だった著者による、自分のスタイルを変えずに、時間コントロールをしていく方法が記されています。

何が大切なのか

本書で述べている大切なことは、仕事は切えりの良いところで引き上げる、悩みと妄想のオバケを排除するといったものです。そこにあるものは、すべての仮定を排除して眼の前の仕事をこなしていくことに向き合う姿勢です。本書では著者自身の教訓として、客観的には無駄なことであっても結果を出すためには重要な要素もあるといったことも記されています。実際に著者自身は成果も出していますので、信用できる本だと言えるでしょう。

    
コメント