Macでパソコン業務が10倍効率化するショートカット集【ブラウザ、EXCELにも使える】

Macでパソコン業務が10倍効率化するショートカット集を紹介します。実際ショートカットを知らなかったビーカイブ編集長による厳選ショートカットとなります。知っているだけで作業効率10倍以上まちがいなしです!

*windowsでもcommand部分をcontrolすれば使えるショートカットが多いです! 


1. 実際に使うショートカット全般

実際に使うことがあるショートカットを紹介します。大体どのブラウザやソフトなどでも使用ができます。

Command+A

すべて選択。

Command+X

テキストを切り取り(カット)。

Command+C

テキストをコピー。

Command+V

コピーしたテキストを貼り付け。

Shift+矢印

文字を選択した後で、Shift+←で範囲調整。

Tab

入力フォーム欄の移動

Tab+Shift逆移動

入力フォーム欄の逆移動。

文字入力後、F10

半角英数に変換。日本語入力のまま英語を入力できる。

文字入力後、F9

全角英数に変換。

文字入力後、F6

ひらがなに変換。

文字入力後、F7

全角カタカナに変換。

文字入力後、F8

半角カタカナに変換。

Shift+↓↑

フォルダで複数のファイル同時選択可能です。

Command+N

新しいファイル、新しいウィンドウ作成など。

Command+T

新しいタブ作成。

Command+W

開いているファイル、ウィンドウなどを閉じる。

Command+Shift+3

スクリーンショット(今の画面をハードコピーする)。

Alt+Tab

作業ウィンドウの切り替え。

Alt押しながらTab複数回

作業ウィンドウ自由選択。

Command+S

ファイル保存(ファイル途中で中断したら全てデータ消えるのでこまめに対応!)。

Command+F

ファイルやフォルダを検索。

マウス(トラックパッド)2回クリック

単語選択。

マウス(トラックパッド)3回クリック

段落選択。

Ctrl+P

印刷画面を開く。

Esc

入力の取り消し。

Ctrl+「+」

画面表示を拡大。

Ctrl+「-」

画面表示を縮小。

Ctrl+Z

操作を取り消して元に戻す。

Ctrl+Shift+Z

元に戻すの取り消し。

2. ブラウザショートカット

ほとんど全般のショートカットと共通しています。ブラウザショートカットはChromeのものです。利用ブラウザによって、細かいショートカットボタンは違います。

Ctrl+R

ウェブページ更新

Command+D

ブックマーク登録

Command+→

開いていた1ページ分のウィンドウを進む

delete

前のページを表示します。

Command+←

開いていた1ページ分のウィンドウを戻す

Command+N

新しいウィンドウを開きます。

Command+T

新しいタブを開きます。

Command+Shift+N

新しいウィンドウをシークレット モードで開きます。

Command+Shift+T

最近閉じたタブをもう一度開ける。間違えて消したタブを復元。

Command+1 からCommand+8

タブ バー上で特定の位置番号のタブに切り替えます。

Command+9

最後のタブに切り替えます。

fn+control+↓

次のタブに切り替えます。

fn+control+↑

前のタブに切り替えます。

Command+W

現在のタブを閉じます。

Command+P

現在のページを印刷します。

Command+S

現在のページを保存します。

Esc

現在のページの読み込みを停止します。

Command+F

検索バーを開きます。

Comand+option+U

現在のページのソースを開きます。

F11

デスクトップページを開きます。

Command+0

ページ全体を通常のサイズに戻します。

Command+「+」

ページを拡大表示します。

Command+「-」

ページを縮小表示します。

Space(空白)キー

ウェブページを下にスクロールします。

Shift+Space(空白)キー

ウェブページを上にスクロールします。

3. Excelショートカット

Excelショートカットは独自のものが多いですが、共通しているショートカットキーも多いです。独自のショートカット設定できると、さらに効率化できるようになります。Excleでよく使用するコマンドを割り当てて、Alt+番号でショートカット可能。これやるとかなり便利で自分が使いやすいショートカットキーを独自に設定できます。

Command+option+Enter

セル内で改行。

Command+1

セルの書式設定画面へ移動。

Command+N

新しいブックを作成。

Command+S

ファイルの上書き保存<常時押すこと!>。

Command+P

ファイルの印刷。

Command+C

選択範囲のコピー。

Command+X

選択範囲の切り取り。

Command+V

コピーしたテキストを貼り付け。

Command+W

ブックを閉じる。

Command+Z

直前の操作を取り消す。

Command+Shift+Z

直前の操作の繰り返し(macは設定必要)。

Command+←↑↓→

データ範囲の先頭行、左端列、右端列、末尾行に移動。

Ctrl+;

現在の日付を入力する。

Command+;

現在の時刻を入力する。

Command+B

太字の書式設定を切り替える。

Command+I

斜体の書式設定を切り替える。

Command+U

アンダーラインの書式設定を切り替える。

Ctrl+D

1行上のセルの値をコピーする。

Ctrl+R

左のセルの値をコピーする。

Ctrl+「-」

選択されたセルを削除する。

Enter

下のセルに移動。

shift+Enter

上のセルに移動。

Tab

右のセルに移動。。

shift+Tab

左のセルに移動。

Command+F1

開いている次のブックに移動する。

Command+A

ワークシート全体を選択する。

shift+←↑↓→

選択範囲を矢印の方向に広げる。

Ctrl+shift+←↑↓→

データが入力されている範囲の左端列、先頭行、末尾行、右端列まで選択範囲を広げる。

Ctrl+9

行を非表示にする。

Ctrl+0

列を非表示にする。

Ctrl+Shift+9

非表示にしている行を再表示します。

Ctrl+Shift+0

非表示にしている列を再表示します。

Command+O

ファイルを開く画面を表示する。

Command+F

ブック内検索できる。

Command+K

ハイパーリンクを挿入する。

4. グーグルドキュメント

グーグルドキュメントでよく利用するのは、スプレッドシートのシート移動です。普通にシート移動するとブラウザのタブ移動になるので、別途覚えることが必要です。

fn+Control+↑

前のシートへ移動

fn+Control+↓

次のシートへ移動

他にも便利なショートカットはたくさんあります! 自分がよく利用する操作はショートカットを活用する癖をつけるだけで、あなたの作業効率は10倍以上になります! ショートカット脳を身につけましょう!

    
コメント