朝時間術とは?

時間というのは有限なものです。流れ続けて、限りがないように見えてしまうこともありますが、実際はそうではありません。その限りある時間を使うにあたって有効とされるものが朝の活動ですね。

朝を活用する

朝の時間を活用することとして、朝活といったものがありますよね。それをどのように有効活用していけばいいのかについて記された本が石川和男による『30分早起きして自分を変える すごい朝時間術 』(総合法令出版)です。著者は建設会社総務経理担当部長のほかにも大学講師や時間管理コンサルタント、セミナー講師、税理士と5つの仕事をこなしている人間です。会社員として会社に身を置きながら、そのほかの仕事もこなしているわけですね。それほどのバリタリティに驚くとともに、時間をどうやって捻出しているのかといったことにも注目が集まるでしょう。それこそ、朝なのです。朝を制するものは仕事を制するとも言えるのではないでしょうか。

どうすればいい?

本書では朝、いつもより30分早く起きることで、飛躍的に仕事やその他のことがうまくいく方法が記されています。それは著者自身が実証済みの内容であるからこそ、その分説得力があると言えるでしょう。そこにおいては、いろいろな悩みや不安要素といったものもあるかと思います。いざやろうとしても三日坊主になってしまうのではないか、あるいは睡眠時間は削りたくないといった悩みもありますが、そこにもきちっとひとつの答えを示しています。

朝活を続けるには

本書では朝活の効果を示すばかりではなく、それを継続していくためにはまずどうすればいいのかについても記されています。そのため、単なる良い本といった位置づけではなく、自分の人生の伴侶ともなりうる本だと言えるのではないでしょうか。時間がないと嘆く人にこそ朝活はおすすめの手段です。まずは朝の30分からはじめることによって、おのずと道が開けてくるということもあるのではないでしょうか。