木曜日の13時が危ない? 仕事をミスしやすい曜日と時間帯

「13時と木曜日」

これらに共通するものは何でしょうか? 13時は1日のうちで最も集中力が低下する時間です。そして、木曜日は一週間のうちでもっとも集中力が低下する曜日です。つまり、「木曜日の13時」は一番ミスが起こりやすい時間帯なのです。

このように、集中力が高まる、もしくは、低下する時間帯と曜日があります。仕事のミスをゼロにするには、この時間帯のリズムを考えてスケジュールを組むことが大切です。それでは、「ミスゼロ仕事の片づけ・整理術(著者:藤井美保代)」より、仕事のミスゼロを実現するのに効果的なスケジュールの立て方を紹介します。


集中力が高まる時間

1日のうちでもっとも集中力が高まるのは「午前中」です。この時間は、提案書や企画作成、請求書など集中力が必要な仕事をするのがおすすめです。9時から12時は集中力が高まるゴールデンタイムともいえます。

集中力が低下する時間

お昼を食べた13時から15時は、満腹感から眠くなり、最も仕事のミスが起こりやすくなります。この時間は、書類整理や単純作業、人に会う、ミーティングをするなど外的刺激のある仕事がおすすめです。

15時をすぎれば再び集中力が上がってきます。夕方の就業時間に向けて、集中力が必要な仕事を片付けるようにしましょう。

曜日で変わる集中力

曜日によっても、集中力は変わります。月曜日から金曜日の集中力リズムをみていきましょう。

月曜日

集中力レベルは「×」で、ミスが起こりやすいです。休み明けの月曜日は、どうしても外部からの電話が多くなります。電話の割り込みによって集中力が途切れれば、仕事のミスの原因となります。そこで、月曜日は電話対応の日と割り切るのも1つの方法です。

火曜日

集中力レベルは「◎」で、集中力が最も高まります。火曜日の午前中は、絶対にミスが許されないような数字がらみの仕事や、新たな価値を生み出す提案資料の作成などに向いています。

水曜日

集中力レベルは「△」で、中だるみがみられます。水曜日は一週間の折り返し地点のため、少し中だるみが発生します。週の後半に向けて、ワクワクする仕事をすると集中力も上がりやすくなります。

木曜日

集中力レベルは「×」で、効率が最も落ちます。一週間で集中力が最も低下する最低の曜日です。そのため、木曜日は人と会う、ミーティングや打ち合わせなど目先の変わる仕事を入れることで、気分を上げていきましょう。

金曜日

集中力レベルは「◯」で、週末に向けて少し気分が上がります。一週間のうちに終わらせるべき仕事に取り組み、就業前の1〜2時間前には、一週間の振り返りと来週に向けての仕事の段取りもやっておきたいところです。

このように集中力が高まる時間帯や曜日は決まっています。集中力の高まる時間帯と曜日を意識し、集中的に仕事に取り組むようなスケジュールを組むのがおすすめです。集中力のリズムに合った段取りを組むことが仕事のミスゼロに大切なのです。

「ミスゼロ仕事の片づけ・整理術(著者:藤井美保代)」では仕事のミスをなくすコツが紹介されています。仕事のミスゼロを実現するためにおすすめの本となっています。

「なぜ人は仕事でミスをしてしまうのか?ミスゼロのコツ」の詳細を調べる

    
コメント