すぐやる人になって、ストレスフリーな毎日を過ごすための3つの方法

面倒くさいから、ややこしいから、と物事を後へ後へ回してしまう人は多いと思います。でも後に回したことによって余計に大変になり、それこそ面倒くさいことになってしまいます。物事をすぐに片付け、ストレスフリーな毎日を送るためにはどうしたらよいのでしょうか? 今回はその方法をさぐってみましょう。


1. 朝一にやる

"すぐに出来ない"というのは、"すぐにやる必要がない"と思ってしまうところに原因があります。自分の中で"これは後でいい"と勝手に優先順位を付けてしまっているのです。そうならないためには、とにかく朝一で済ませてしまいましょう。そうやって取り組んでいくと、先送りを防ぐことが出来ます。

2. やらないことを決める

やらなくてはいけない事を整理する事も大切ですが、それらを効率的に進める為にはまず、

やらない事

を決めましょう。ちょっとだけからとやっている事が積もり積もって大きな時間のロスに繋がることもあります。"テレビを見ない""雑誌を読まない"など、普段何気なく時間を使ってしまっている事を探して、リストアップしてみましょう。

3. 締め切りがなくても動ける方法を探す

ランニングなど、自発的に始めるものには

締め切り

がありません。

締め切り

がないとどこかで先送りにしてしまいがちです。 ここで大切なのは、"自分でデッドラインを決めてしまう"ということです。"ここまで出来ればOK"、"ここまでやったら次の事をしよう"と決めることで達成感が生まれ、続けやすくなります。また、こうした経験をたくさん積むことも大切です。

面倒くさいと思ってる事と言うのは、いざ始めてしまうとすぐに終わったりしてしまう物です。時間が足りないと感じている方やもっと毎日を楽しく過ごしたいと思っている方はこの方法を試してみてはいかがでしょうか。

「いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法(佐々木正悟)」の詳細を調べる

    
コメント