文章の書き方

  • 人を惹き付ける文章力とは?

    あなたは本を出すために必要な「文章力」を持っていますか? 「原稿の正しい書き方が分からない」「人を惹きつける文章が書けない」 「文章が読み手に上手く伝わらない」「自分の文章力に自信がない」 「文章が上手くまとめられない」 このような執筆のお悩みに1つでも共感された方に向けて、 6月28日(金)夜、都内某所で株式会社天才工場が主催する 文章力を鍛える講座が開催されます。

  • 心ゆさぶる文章作用とは?

    ネットの時代になって、かつてより文章を書く機会が多くなっているのは確かなのではないでしょうか。特に、ビジネスの文章といった仕事で使うものとは別の新たな文章を書く機会が多く出ているのではないかと思います。それはSNSなどで発信する日記のようなものと言ってもいいでしょう。

  • 苦手を得意に変える文章術

    文章を書くのは、苦手であるという人は少なくありません。就職活動のエントリーシートなどには書く内容がびっちりと決まっていますが、それだけのスペースを埋める内容がない、といった悩みを抱える人はいるでしょう。さらには頭の中には、それなりにイメージの原形というべきものがあるにもかかわらず、なかなかうまくアウトプットできないといった悩みを持つ人もいますね。

  • 中高生からの論文入門とは?

    論理的な文章というのは、なかなかすぐには書けないものです。年齢を重ねたからといって、すぐに書けるというわけでもありません。そこにおいては、どういったものが重要となるのか。その部分をベーシックな部分から解説した本が小笠原喜康、片岡則夫著作による『中高生からの論文入門』 (講談社現代新書)です。中高生向けとは銘打っているものの、内容は大人向けのものとまったく同じものです。それでありますから、論理的な文章を書いてみたいが、まずはどう書けばいいのかわからないという人にとっては、まず手にとっておくべきおすすめする本であると言えますね。

  • 400字からの文章レッスン

    文章をうまく書きたいのだけれども、なかなか思うようにいかない。そのような悩みを抱えている人は少なくないでしょう。しっかりとインプットをしているにも関わらず、それをうまくアウトプットできない。そこにおいて原因とされるものはなんなのでしょうか。もともとのセンスのなさなのでしょうか。

  • 文学的、芸術的はほめ言葉?

    文学的や芸術的といった言葉があります。これはどういった場合に使われるでしょうか。もちろん良い意味に使われることもあるのですが、場合によっては、といってもほとんどの場合は、あまり良い意味で使われないのではないでしょうか。

  • 恥をかかない文章術とは?

    文章術において最も大切なものはなんでしょうか。自分だけのオリジナリティがある表現でしょうか。あるいは込み入ったことを書いていないシンプルな表現なのでしょうか。それは時と場合によって異なってきますよね。いわゆる、その場に応じたベストな文章が求められるというわけです。

  • 伝わる文章を書くには?

    日本語にはあまいな表現が多くあります。それは相手にそれとなく意思を伝える手段でもありますが、イエスかノーかをはっきりとしない姿勢はビジネスシーンにおいて、時にトラブルとなることもあります。それはもとをたどれば、文章でしっかりと案件を伝えていないといったことにもなるのです。

  • スピード文章術の心得は?

    仕事において、文章を書く機会は多いといえるでしょう。企画書などはその一例といえるかもしれません。そんな文章を書く作業に時間をかけすぎてはいないでしょうか。あるいはあまりにも時間がなさすぎて、ついほかの文章を使い回してしまうといったこともあるでしょう。しかし、そうした悩みはそもそも文章を素早く書くことができれば解決できるのです。

  • 調べて書く技術とは?

    ライティングをするためには、書く内容がなければいけません。つまり、アウトプットとインプットの関係ですね。

  • 誤解なく文章を伝えるには?

    文章というのは、簡単なようでいて意外に難しいものです。特に日本語はあいまいな表現が多くあるため、ビジネスなどにおいてはトラブルが起こることもしばしばです。さらに、約束をしていないことを勘違いされてしまうといったこともあるでしょう。文章は誤解のリスクに満ちているといえます。

  • ミスをなくす文章術

  • 小論文はアウトプット勝負

    小論文といえは受験科目のひとつといった印象があるかもしれません。しかしながら、それはすでに旧世代の考え方であるといえるでしょう。近年では社会人の大学院入試はもちろん、ビジネスの現場においても、課題として小論文を課されることが多くなっています。

  • 批評をビジネスに応用する

    文章は誰にでも書けるものです。ただ、人に伝わる文章を書くのは難しいといえるでしょう。文章をもとにした誤解は日々生じているといえます。

  • 孫引きはなぜよくない?

    孫引きと呼ばれる行為があります。ある文献の中で引用されていた内容を、そのまま自分の文章に引用する行為です。孫引きは良くないことと言われますが、それはなぜなのでしょうか?

  • 言葉は短いほどいい? 食事は5文字で誘え!

    あなたは誰かを誘うときに、どんな言葉で誘っていますか?  「この間、友だちに『○○』っていう映画がすごく面白いって聞いて、男同士で行くのもなんだし・・・これまでずっと忙しかったんだけど、今週末急に時間ができたから、もし良かったら一緒に行かない?」なんて長

  • ビジネスにおけるライティング2つの誤解

    ビジネスにおけるライティングには2つの誤解があります。「書きたいことを書きなさい」、「起承転結で書きなさい」という誤解です。しかし、この誤解はあなたのライティング技術に悪影響を与えているのです。 1. 書きたいことを書きなさい 「あまり考えすぎ

  • 文章力を上げる「しりてが」接続詞の使用ルール。「が」問題が厄介

    日本語で「and接続詞」の代表といえば、「しりてが」です。とりわけ「が」は、「 but(逆接)」だけでなく「and(順接)」としても使われるやっかいなものです。文章力を上げる「しりてが」接続詞の使用ルールの中で厄介な「が」問題を紹介します。 「が

  • 自転車放置を止めるキャッチコピー術

    さて、課題です。「自転車を置かないで」 あなたの家の前にいつも自転車が置かれて困っているとします。看板にどんなコトバを書けば置かれないようになるでしょうか? ■効果的なキャッチコピーを作る3つのステップ ステップ1 自分の頭の中をそのままコト

  • オバマ氏、村上春樹氏も使う心を感動させる技術「ギャップ法」

    数々の人たちを感動させてきたコトバがあります。 「1にならなくてもいい もともと特別なOnly one」(世界に一つだけの花) 「事件は会議室で起きてるんじゃない! 現場で起きてるんだ!!」(踊る大捜査線:青島俊作) 「お前の為にチームがある

1 / 2 1 2 最後 »