伝わる文章を書くには?

日本語にはあまいな表現が多くあります。それは相手にそれとなく意思を伝える手段でもありますが、イエスかノーかをはっきりとしない姿勢はビジネスシーンにおいて、時にトラブルとなることもあります。それはもとをたどれば、文章でしっかりと案件を伝えていないといったことにもなるのです。


どうすれば良いのか?

山口拓朗による『残念ながら、その文章では伝わりません』 (だいわ文庫)は、明快な文章を誰でも書けるようになる本です。本書で取り上げられているものは、相手に気をつかうあまり、つい用いてしまいがちな悪文について記されています。文脈的に正しくない比喩表現の乱用や、話し言葉が文章に紛れ込んでしまう、あるいは接続詞を使いすぎてしまうなどといった、いわゆる文書のクセです。こういったものは、ちょっとした工夫で格段に良くなります。

読むだけでOK

本書の特徴は文書の書き方がポイントにしぼって解説されている点でしょう。つまりは読むだけで文章力が向上できるのです。いわば、この本自体が無駄を省いた本であるといえるでしょう。本書は小説の名作を書くようなものではありません。ビジネスにおいてあらゆる場面で文章を書く機会に遭遇するように、文章力が試されるシーンにおける基本的なスキルを身につける本なのです。社会生活における必修科目に近いものと考えるべきでしょう。

    
コメント