恥をかかない文章術とは?

文章術において最も大切なものはなんでしょうか。自分だけのオリジナリティがある表現でしょうか。あるいは込み入ったことを書いていないシンプルな表現なのでしょうか。それは時と場合によって異なってきますよね。いわゆる、その場に応じたベストな文章が求められるというわけです。


どういう文章がベスト?

神山典士による『150冊執筆売れっ子ライターのもう恥をかかない文章術』 (ポプラ社)は文章術の本です。著者は、著作が40冊あるほかにもゴーストライターとして多くの書籍を手がけてきました。総計すると150冊もの書籍を手がけてきていることになります。当然ながらその内訳は、ひとつのジャンルにとどまるものではありません。著者はその都度、その内容を変えてきていると言えるでしょう。

鉄則がある

その中においても本書では文章を書く上においての鉄則というものが多く記されています。例えば原稿用紙に書く場合において、3行以上の文章が続く時には改行をすべきであるという点や、過去形と現在形の混在、語尾の調整によるリズム感の出し方までさまざまです。これは多くの書籍を手がける中で著者が実感として身につけてきたものでもあるでしょう。文章術の基本を知りたい人にはおすすめの本です。

    
コメント