何よりもわかりやすさ重視!オンライン公開にも耐えうる文章術

「わかりやすく文章を書く」。小学生の頃から口酸っぱく言われてきたこの言葉です。わかりやすい文章が良い理由は、それによって読者の誤読を防ぐことができるから。ネット上の読者は皆が全て、書き手と同じ読解力や想像力を持っているとは限りません。誤読は無意味な批判や言いがかりを生み、対処するのに多くの労力を割く必要があります。それはとても勿体無いことです。そこで、今回はネット上でもリアルでも使える、文章をわかりやすくする5つの法則をまとめました。


1. 文章は短く!

ミスリードを避ける最も重要なことです。文章が長いと読者に負担がかかるだけでなく、ミスリードしてしまう可能性が高まります。前後の文章の関係を補い、短く書きましょう。
 

2. 専門用語は噛み砕いた説明を添えて!

読者全員が書き手のあなたと同じくらい専門性や知識があるとは限りません。ニッチで少ない読者層を獲得したいならともかく、多くの人に読んでもらいたい場合はしっかりと説明を入れましょう。
 

3. 漢字とひらがな/カタカナの割合を意識!

意外にも大事なのが漢字とひらがな/カタカナの割合です。漢字が多いと固い印象に、ひらがな/カタカナが多いとやわらかい印象に仕上がります。想定する読者層に合わせて使い分けましょう。
 

4. 見出しをつける!

あなたの文章を読んでくれる読者を増やしたい場合、見出しは重要になってきます。毎日ブログやニュースを熟読する人は少数派で、多くの人は流し読みをしています。流し読みの場合、何が書いてあるのかわからないと直ぐにページを離れてしまうでしょう。そのような読者を取り込むには文章の最初に「この文章はどういうことが書いてあるのか」ということを自ら宣言することが大切です。
 

5. 読み返す!

細かいようで大切なのは見直すこと。深夜のノリで文章を書き、翌朝見直してみたら酷い文章だった経験をしたことがある人は多いと思います。深夜書いた文章に限らず、見直しはしたほうがいいでしょう。する時は流し読みをすることをお勧めします。なぜなら、ほとんどの読者は精読しないからです。また、誤字脱字は文章自体の信頼度、はたまた筆者やサイト自体の信頼度にも影響するので見直すことは大切です。
 
他にも「スクリーンショット」を入れるなど、わかりやすさを上げる工夫は沢山あります。ネットで文章を書く時はわかりやすさを重視しましょう。
 

「必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア”の極意」の詳細を調べる

    
コメント