これで文章作成は怖くない!わかりやすい文章作成に必須な5つのテクニック

今や、どんな人であってもビジネス文書、手紙、履歴書、ブログなど「文章を書く機会」は避けて通れません。「しっかり書いているつもりなのに、どうも分かりにくくなってしまう」、そんな悩みを持っている人もそう少なくないはずです。今回は、内容を明快に伝える「わかりやすい文章」を作成するために5つのテクニックを紹介します。


1. 趣旨を素早く伝えるための構成

まず重要なポイントから書き並べましょう。要点を先に書いてから詳細は後に書く方が良いです。なぜなら、概要が先にあると、その後の文章を理解しやすくなるからです。注意点としては、不要な情報を書いてはいけません。趣旨と無関係な情報は雑音と同じく、読んでいる人を混乱させてしまいます。

2. 読む気にさせるレイアウト

改行や空白を利用して文章自体を読みやすくしましょう。また、情報構造を整理するために親子関係・並列関係を明示するとすっきりします。親子関係とは親を大項目、子を小項目とした関係で、並列関係とは同じ分類の対等な関係のことです。かたまりをはっきりさせると、より文章が分かりやすくなります。見出しをつけることも同じ効果を持ち有効です。

3. 読み手を説得させる

「A⇒B」の「⇒」の部分の説明が下手な文章は人を説得させる文章にはなりません。Aが真実であるか、「⇒」の部分が真実であるかを実験データなどの裏付けを加えて補強をすると因果関係の真実を示しやすくなります。また、自分の感情を抑えて、読み手の視点で書くことも重要です。読み手を説得するのに比喩を使ってみるのも良いでしょう。

4. 趣旨をスムーズに伝えるための文

1文は、平均40字以内を心がけましょう。句点や読点、「」、【】、・などの区切り記号を使い、分解するのも良いです。また、繰り返し使う言葉をキーワードとして先に説明しておくと、読み手にスムーズに伝わります。

5. 文章をなめらかにするための推敲

重複語、過剰な修飾語、不要な接続詞、無意味な語尾などはわかりやすい文章のためには無駄なので、削ってしまいましょう。自然な語感となるように語順を並び替え、過剰になりすぎない程度に敬語を使うことも重要です。

以上の5つの事柄を出来るようになれば、わかりやすい文章を作成することが出来るはずです。出来ることから1つずつ気をつけてみてはいかがでしょうか。

「「分かりやすい文章(藤沢 晃治)」の技術 (ブルーバックス)(講談社)のまとめ」の詳細を調べる

「「分かりやすい文章(藤沢 晃治)」の技術 (ブルーバックス)(講談社)のまとめ」の詳細を調べる(2)

    
コメント