仕事

仕事は人生の大半を占めます。就職活動、転職活動、新入社員などのルールやマナー、出世する方法やキャリアプランの考え方など、仕事で役立つ情報を紹介します。

  • メモには潜在意識が宿る?

    アイデアや自分の思考を整理したいけれども、なかなかうまくいかないという人は多いでしょう。そういう人はすべて頭の中で考えているため、思考がこんがらがってしまっているのかもしれません。そんな人におすすめなのは、まずは書き出してみることです。そうすることによって、これまで見えてこなかったものが見えてくる、そんな瞬間が訪れることでしょう。

  • 出版の「新社」って?

    出版社の中には新社と名前がつくものがあります。代表的なところだと河出書房新社、中央公論新社があるでしょう。これらの出版社は倒産を経験しています。そのあとに、あらたな会社を興したということで「新社」の名前がつけられているのです。

  • 仕事ができるようになるには

    仕事ができる・できないは、会社員をする上でひとつの重要なジャッジとなります。仕事ができる人は出世ができる、給料があがる、そういった常識はあるでしょう。しかし、この「仕事ができる」という言葉ほどあいまいなものはありません。さらにどうすれば仕事ができるようになるのかについてもよくわからない人も多いのではないでしょうか。

  • 出版社コードとは何か?

    本や雑誌を出している出版社には、出版社コードと呼ばれる数字が割り振られています。もし出版社の名前がわからなくても、出版社コードがわかれば出版社名を知ることができます。

  • 行動は早いに越したことはない?

    仕事をする上で、つい後回しにしてしまいがちなものもあるでしょう。明日できることは今日しない、といったことをしているうちにタスクがたまってしまい、目先の作業量に辟易としてしまう。そんな経験は誰しもあるでしょう。

  • 休息も戦略的に

    仕事をするにあたって、あなどれないのが休息です。それまでの仕事の効率が鈍ってきたなという時には適度な休息を取る必要があります。しかし、この休息も間違った方法で取ってしまうと、より効率が悪くなったり、あるいはだらだらと休息を取ってしまうといったことにもなりかねません。

  • 記憶術は効率が勝負

    物事を記憶するのは、時間も手間もかかる作業だと思ってはいないでしょうか。記憶は、時間をかければできるというものではありません。きちっと効率よく作業をこなしていくことによって、記憶力は格段に向上するのです。

  • 下積みの重要さ

  • ビジネス書黄金期に学ぶ

    現在、書店には新書が溢れています。新書は、これまでの歴史や心理や宗教の概説書的な性格を持つ、人文社会科学のエッセンスを凝縮したものです。それとともに、仕事の方法などを解説したビジネス書も一大ジャンルとなりました。ビジネス系新書の黄金期は2000年代に入ってからの10年間といわれています。出版不況が現在のように本格的に叫ばれる前、出版社のおいしいコンテンツとして新書ブームが立ち上がったのです。

  • 転職はすべきか?

    転職は会社員生活をする人ならば、誰もが考えるでしょう。それでも、一度就職した会社をすぐに辞めてしまうのは考えものという見方も根強くあります。かつての日本の社会が、一度就職すれば同じ会社に40年務め続けるというスタイルであったためです。それでも、日本の経済や社会の状況には変化が訪れてきており、かつてより転職しやすい社会になっているのは確かでしょう。

  • 転職には向き不向きがある?

    今の仕事は自分にふさわしくないのではないか、そのような思いから転職を考える人はいるでしょう。転職の動機とはどういうものがあるのでしょうか。もっと面白い仕事がしたい、給料が高い仕事をしたい、今の業界は将来性がないので転職したい、そういった思いがさまざまにある中においても、転職を思いつき、してしまうと後悔してしまう人もいます。

  • 青空文庫なぜできた?

    青空文庫は、作者の著作権が消滅したテキストファイルを無料でダウンロードできるサイトです。現在はアプリとしても存在しますが、スマートフォンができる以前から、シンプルなテキストを入手できるサイトとして存在していました。

  • 実話誌の「実話」って?

    実話誌と呼ばれるジャンルがあります。主に男性向けの雑誌であり、エロい記事が載っていたり、アウトロー関連の記事が載っていたりと盛りだくさんの内容です。中でも特に実話誌のメインコンテンツといえるものが、芸能ゴシップです。実話誌に載っている芸能ニュースは、本当かよと思うものも少なくありません。少なくとも実話ではないのではないか、そんな印象を持つ人も多いでしょう。

  • 歯医者と医者なぜ別?

    素朴な疑問として、歯医者と医者の区分があります。身体の中で、なぜ歯だけが別なのでしょうか。養成過程も歯学部と医学部に分かれています。歯学部の卒業者は歯科医師の国家試験を受験でき、また、医学部の卒業者は医師になるための国家試験を受験できます。双方を兼ねた方が便利ではないかと思うのですが、これはなぜなのでしょうか。

  • 紙文具とは何か?

    普段、日常的に使っている文房具。それを自分のオリジナルなものにできたらどうだろうかと思ったことのある人は多いでしょう。ちょっとした工夫ひとつで、オリジナルな文房具は作れます。それを使えば、仕事や勉強がはかどることは必至でしょう。

  • ライターはどう稼ぐ?

    現在、文章を書いてお金を稼ぐライターの仕事の幅は広がっているといえます。かつてならば雑誌や書籍などの出版分野に活躍の場が限られていましたが、いまはインターネット上に無数に書く場所があります。少なくとも対価を求めない場合ならば、ブログなどでいつでも発表できるといえるでしょう。それが場合によってはいくばくかのお金を生み出すこともあります。とはいっても、アルバイトをした方がいいのではないかといった格安のお金しかないのも現状です。ライターは誰でもすぐになれるがなかなか稼げない職種としてとらえられているといえるでしょう。

  • 日本最初のフリーライターは?

    フリーライターは文章で生計を成り立たせる人をいいます。かつてフリーライターの主戦場は雑誌や書籍などの紙媒体でしたが、現在はインターネット上で文書を書くフリーライターも多いでしょう。

  • 光文社新書の入門書

    光文社新書は現代の新書ブームの火付け役となったレーベルです。これまでは、中高年のサラリーマン向けの書籍シリーズ、カッパ・ブックスなどで知られた光文社が、若者から、女性などに幅広く読まれる新書レーベルに生まれ変わりました。

  • 『GON!』とは何か

    今やネット上には、フェイクニュースやジャンクなニュースがあふれているといえます。その中から正しい情報を見きわめるだけでもひとつの能力がいるといえるでしょう。一方でフェイクニュースやジャンクニュースそのものには深い味わいがあるのも確かです。もちろん意図的な悪意を持って配信されたニュースは問題外でしょうが、ユーモアのあるニュースは歓迎されるべきでしょう。

  • 放送作家と小説家なぜ兼業?

    放送作家はテレビやラジオなどの企画を立てたり、台本を執筆する仕事です。放送メディアの発達とともにあらわれた仕事だといえます。この放送作家は、初期に活躍していた人物は、のちに小説家となる人が多くいます。野坂昭如、永六輔、青島幸男などが代表的でしょう。さらには藤本義一や、井上ひさしなども放送作家と作家を兼業していた人物として知られます。さらには34歳で亡くなった純文学作家の山川方夫も放送台本を執筆していました。なぜ、彼らは放送作家兼小説家というべき存在になったのでしょうか。

1 / 23 1 2 3 4 5 最後 »