仕事

仕事は人生の大半を占めます。就職活動、転職活動、新入社員などのルールやマナー、出世する方法やキャリアプランの考え方など、仕事で役立つ情報を紹介します。

  • 言語聴覚士はどんな仕事?

    将来、どんな仕事をするのかを考えるにあたり、人の役に立ちたい、社会との関わりを持ちたいと思う人は多いでしょう。もうひとつ、これからの社会においてどのような需要があるのか、需要は増えていくのかという点も仕事選びにおいては重要です。

  • 評論家、批評家の全体像を知る

    世の中には評論家や批評家と呼ばれる人がいます。文学作品をはじめ、音楽作品、映画作品などを題材に、世の中を論じるようなスタンスを取る人たちです。テレビに出ている人もいますが、ほとんどが本を出したり雑誌に寄稿しています。なかには大学教授の肩書を別に持っている人もいます。そんな評論家、批評家をカタログ的に紹介した本が永江朗による『批評の事情』『新・批評の事情』(ちくま文庫)です。

  • 校閲記者に文章を学ぶ

    仕事や学校などで、文章を書く機会は多いでしょう。しかし、なかなか思うような文章が書けない、もどかしい思いを抱えている人はいるでしょう。書こうとする意思はもちろんあるし、材料は十分にある、時間も余裕がある、それなのに文章が書けない理由はなんだろうか。そんな人におすすめなのが前田安正『マジ文章書けないんだけど:朝日新聞ベテラン校閲記者が教える一生モノの文章術』(大和書房)です。

  • 雑誌のリニューアルはネガティブ?

    雑誌を長く読んでいると、リニューアルがなされるときがあります。これまでとは違ったテイストの特集が組まれたり、新しい連載が始まったり、あるいは判型やデザインが変わることもあります。雑誌のリニューアルはどのようなタイミングで行われるのでしょうか。

  • 太宰治賞ってなんだ?

    文学の新人賞は各出版社が行っています。その中で、すこしマイナーな存在が太宰治賞です。筑摩書房が1964年に設立した文学賞ですが、途中中断を挟んで、1998年から再開された文学賞です。

  • 海外の会社員生活はギャップ多し?

    日本企業は世界各地に進出しています。そのため、海外勤務を命ぜられることもあるでしょう。その場合、苦労するのは現地で採用した社員とのキャルチャーギャップの違いです。下川裕治による「本社はわかってくれない: 東南アジア駐在員はつらいよ」(講談社現代新書) には、そんな現地駐在員たちのトホホな事情が記されています。

  • ロスジェネの痛みを知る

    2000年代前半にロスジェネという言葉が取りざたされました。これはロストジェネレーションの略称です。物心がつくころにバブルが崩壊し、長引く平成不況を体験し、大学へ進学したは良いが、そこも就職氷河期にぶちあたる。すべての場所において希望を欠いた人たちといった扱われ方をされました。

  • 世界のエリートは何を読む?

    日本はガラパゴス社会だといわれます。日本の常識が世界の非常識であり、さらに日本でしか通用しない価値観もあります。相手への気づかいや、はっきりとNOを言わない態度などは日本独自のものでしょう。それは日本らしさとして評価される一方で、奇妙な風習と見られることもあります。日本の立ち位置が独自の場所にあることは確かでしょう。

  • 会社と自分の関係

    会社に縛られる生き方はしたくない。自由に生きたい、そんな思いを抱えた人は多いでしょう。しかしながら、会社員で無くなることはデメリットもあります。会社が責任をかぶってくれていたものが、すべて自分にのしかかってくるのです。

  • メモ力で差を付けろ

    ビジネスにおいて、求められるスキルはあらゆる方面に存在します。営業力、コミュニケーション能力、外国語能力、マーティング能力、さまざまな能力がありますが、ないがしろにされがちなのが基本的なスキルです。基礎を達成しないままに、あらゆる応用を試そうとすれば失敗することは必至です。

  • 文字はデザインである?

    世界にはさまざまな文字があります。海外旅行をした時などに、まったく読めない文字に遭遇した経験は誰もがあるでしょう。中国の漢字や、あるいはアルファベットならば、なんとか意味を取ることができるかもしれません。しかしながら、タイ文字や、あるいは韓国のハングルなどは、読めない人にとってはまったくちんぷんかんぷんです。一方で、その文字のデザインや造形に惹かれる人もいるかもしれません。

  • 東日本大震災と文学

    2011年3月11日に発生した東日本大震災は、莫大な物的、人的被害をもたらしました。同時に震災前、震災後という言い方もなされるように、日本人の意識のありようを根底からくつがえすことにもなりました。震災と○○といったテーマが頻繁に語られるようにもなりました。

  • 校了とは何か?

    出版用語で校了という言葉があります。これは何を意味するものなのでしょうか。

  • ムック本とは何か?

    出版物のジャンルとしてムック本と呼ばれるものがあります。昔も今も根強い人気ジャンルです。ムック本の定義とはどのようなものでしょうか。

  • キャンパスマガジンブームとは?

    現在は出版メディアは、本や雑誌が売れない出版不況におおわれていますが、かつては花形のメディアでした。特に、新聞などの硬派なジャーナリズムと異なり、ビジュアル的な表現も多用できる雑誌メディアに注目が集まったのです。

  • 雑誌の台割ってなんだ?

    雑誌には台割と呼ばれるものがあります。これは、雑誌のどのページに、どういった企画を何ページ掲載するのかを記した設計図のようなものです。

  • 「週刊ジャンプ」最盛期の部数は?

    集英社が発行する週刊漫画雑誌、「週刊少年ジャンプ」の発行部数が200万部を割ったことが話題となりました。これは出版不況を象徴するトピックであるといえるでしょう。かつて「ジャンプ」は日本一売れている週刊漫画雑誌として知られていました。

  • 自己分析は1週間でできる?

    就職活動において重要な行為が自己分析です。自己分析を繰り返すことにより、自分の長所と短所を把握するほか、志望動機などをきちっとさかのぼって分析することができます。

  • フリーランスの年齢制限は?

    フリーランスの生き方を選ぶ人は多くいます。しかし、この仕事には事実上の年齢制限があるともいわれています。実際に、フリーランスの内訳はほとんどが20代や30代となっています。

  • 履歴書はなぜ手書き?

    就職活動や転職活動をするにあたって、履歴書の提出を求められる場合、手書きの条件が課されているところが多くあります。これだけワープロが発達した今、なぜ手書き履歴書が求められるのでしょうか。

1 / 22 1 2 3 4 5 最後 »