仕事

仕事は人生の大半を占めます。就職活動、転職活動、新入社員などのルールやマナー、出世する方法やキャリアプランの考え方など、仕事で役立つ情報を紹介します。

  • Amazonのスピード仕事術に学ぶ

    Amazonは大手通販サイトのひとつです。利用したことがある人も多いのではないでしょうか。Amazonの特徴のひとつとして、とにかく対応が迅速である点が挙げられるでしょう。気づいた時にはもう着いているといったこともあります。

  • 就活をトータルに捉える

    就職活動は、これまでの受験勉強とは異なるものです。学力はもちろんのこと、人間力まで含めて見られます。そんな就活には、それぞれのやり方があります。ある程度オーソドックスな流れがあるとはいえ、それ以外にも王道ではない方法もあるということですね。

  • ミスをしない人の脳の習慣とは?

    仕事上のミスというのはあってはならないことです。しかしながら、人間ですから、どうしてもミスが生じてしまうこともあるでしょう。しかし、当然ながらミスが起こる場合と起こらない場合があります。さらには、ミスを起こす人と起こさない人がいることにも気がつきます。

  • エリートは哲学、宗教を学ぶ?

    エリートと呼ばれる人たちは世界中にいます。そんなエリートたちはどういうものを学んできているのか気になる人は多いのではないでしょうか。エリートである人とない人の違いとは、そうしたものが気になる人もいるかもしれません。

  • 事務ミスの怖さを知る

    事務作業というのは誰しもやることが求められるものです。もちろん会社には事務員と呼ばれる人たちがいますが、彼ら、あるいは彼女らがすべての事務作業を担っているのかと言えばそうではありません。それはむしろ事務作業というのはあらゆる作業において、オールマイティな能力が求められる分野でもあると言えるでしょう。

  • 就活のトリセツに学ぶ

    就職活動にマニュアルはないと言われています。もちろん面接術などのマニュアル本などは多く出ているのですが、それらの本は通り一辺のことしか書いていません。いわば型にはまった思考や発言しかできないことになります。当然ながら面接のときにマニュアル通りの受け答えしかできないというのは印象が悪くなることもあるでしょう。

  • 「ウィキ直し!」とは何か

    ウィキペディアは、手軽に参照できる情報源として利用している人が多いでしょう。しかしながら、それはインターネット上に展開されている無料の百科事典といった形を持っているものの、場合によって不正確な記述があるものも少なくありません。

  • もうひとつの「ミニコミ」とは?

    ミニコミとは、少ない部数で発行される雑誌のようなものを指すのが一般的です。マスコミに対して、小さい、小規模を意味するミニをつけてミニコミというものです。もちろんこれはマスコミ自体が和製英語でありますから、和製英語に対する和製英語といった位置づけになりますね。では、もうひとつのミニコミがあるのをご存知でしょうか。

  • 仕事が早い人がやらない習慣とは?

    習慣というのは、自分の生活の中で何気なく位置づけられているものです。それは、なんとなく自分のできる最良のことだと思ってはないでしょうか。しかしながら、実は多くの無駄が隠れていることもあります。逆にいえば、その無駄に気づき、変えることができれば、大きな変化となるでしょう。

  • テンプレートで書類を作る

    仕事において書類を作る機会は多いでしょう。これは数をこなしてなんぼといったものもありますね。そうした時に役立つのがテンプレートです。

  • はじめての新書とは?

    岩波書店のPR雑誌『図書』の臨時増刊号として、「はじめての新書」特集が話題となっています。はじめての新書には、多くの著者がおすすめの新書を取り上げています。

  • 高杉弾とは誰か?

    高杉弾という人物がいます。知る人ぞ知る伝説の編集者ですが、目立った活動は行っていません。高杉弾は、自動販売機を通して売られる自販機本の編集者として知られることになります。この手の本ではアダルト系の本がメインなのですが、買う人は当然中身を見られませんので、裸のページをいくらか載せておけば、あとはいくらでも好きに編集できるメリットがありました。そうして誕生したのが『Jam』『HEAVEN』という雑誌であり、高杉は初代編集長を務めました。

  • すぐメモする習慣とは?

    学生時代でも、社会人になっても、メモを取る機会というのは一定数あります。堀宏史による『すぐメモする人がうまくいく』(自由国民社)は、そんな時に役立つメモ術を改めて見直した本です。

  • 無職の定義は?

    無職という言葉はさまざまな意味で使われます。実際に収入があったとしても「無職みたいなもの」といった物言いがなされることもありますが、そもそも無職の定義とはどのようなものなのでしょうか。

  • フリーランスの世界を知る

    フリーランスで稼ぎたいけれども、どのような職種があるのかイメージがつかみにくいという人は多いのではないでしょうか。なんとなくフリーランスに憧れているだけでは、うまくいかないでしょう。さらに、場合によってはフリーランスという言葉の表面的なイメージとしてある自由な生き方に憧れすぎるあまり、本質を見失ってしまうということもあるでしょう。

  • 履歴書の空白どう扱われる?

    履歴書に空白期間があると、転職や就職に関して不利になるといわれています。これは昔から言われていることですが、その理由にはどんなものがあるのでしょうか。

  • 激務の基準は?

    激務と呼ばれる仕事があります。これはどのようなものを指すのでしょうか。激務な仕事と、激務ではない仕事の境目はどのあたりにあるのでしょうか。

  • ビジネスパーソンのためのSDGsとは?

    ビジネスシーンにおいては日々、新しい用語が出てきています。なんとなく言葉は目にしたことがあっても、実際はどのようなものか、よくわからないという用語も多いでしょう。こうした用語のやっかいな部分は、ちょっとした自意識が邪魔をして、なかなか素直に聞けないところもあるでしょう。

  • 暗記術をビジネスに生かす

    暗記術というと、試験勉強などでしか役に立たない技術だと思ってはいないでしょうか。さらに、詰め込み式の日本の教育の負の部分を代表するようなイメージもあります。暗記術は応用も効かないような、ただ覚えるだけ、詰め込むだけといったイメージもあるかもしれません。しかしながら、そうした旧来のイメージはとても古い暗記術だと言えるでしょう。

  • 初生雛鑑別師とは?

    世の中にはさまざまな資格があります。資格があれば職業選択の幅が広がる、収入もアップするといったメリットがあります。そのなかで、マイナーでありながらも食いっぱぐれることのない資格として、初生雛鑑別師があります。

1 / 29 1 2 3 4 5 最後 »