仕事

仕事は人生の大半を占めます。就職活動、転職活動、新入社員などのルールやマナー、出世する方法やキャリアプランの考え方など、仕事で役立つ情報を紹介します。

  • ハンドキャリーとはなにか?

    世の中にはさまざまな珍しい仕事があります。その一つがハンドキャリーでしょう。ハンドキャリーとは、海外へ物品を手荷物扱いで運んだり、あるいは海外から運ぶ行為です。緊急で荷物を運ぶ必要があり、航空便でも間に合わないという場合にもっとも早い手段として人間が荷物を持って運ぶのです。

  • 大学教授になる方法とは?

    大学教授になることは、なかなか難しいというイメージがあるでしょう。大学を出てさらに大学院に進み、そこで博士論文を執筆し、大学の非常勤講師をこなしながら、そこで就職することによって大学教授となれます。専任の大学教授になる前の非常勤講師はいわばアルバイト的な扱いのため、厳しい生活を余儀なくされます。

  • 『海燕』とは何か?

    現在文芸誌と呼ばれる雑誌は、五大文芸誌が中心となっています。すなわち、文藝春秋の『文学界』、新潮社の『新潮』、講談社の『群像』、集英社の『すばる』、河出書房新社の『文藝』です。このうち『文藝』は年四回の季刊となっていますが、ほかの雑誌は月刊誌です。

  • マスコミ就職読本とは何か?

    テレビや新聞、出版、あるいはラジオや広告業界などマスメディア関係の仕事はいぜんとして人気の高い職種であるといえるでしょう。しかし競争倍率が高く、毎年一定数の新入社員を募集していない企業も多いため、マスコミ就職は難易度が高いといわれています。

  • 『Quick Japan』は書籍?

    『Quick Japan』という雑誌があります。『QJ』の愛称でも知られており、90年代に創刊され、現在も続いているサブカルチャー雑誌です。版元は太田出版で、こちらもまたサブカルチャーに強い出版社として知られています。

  • iPadを使った手書き仕事術

    いまや、ほとんどの人が手書きの文章を書くことがなくなる時代となりつつあります。パソコンすら使わず、スマートフォンやタブレットのみで操作するという人もいるでしょう。しかし、そういう時代であるからこそ手書き文章の重要さも際立つというものです。

  • 無料貸本屋論争とは?

    大手出版社の文藝春秋社の社長が、2017年10月の全国図書館大会において、図書館での文庫本の貸出中止を要請し話題となりました。図書館が本を無限に貸し出すことによって、出版社の売上を下げているといった批判は常々行われてきました。これらは総称して無料貸本屋論争と呼ばれます。

  • 働き方は問題をあぶりだす

    ムダの多い働き方を効率的に変えたい、そう思う経営者は多いでしょう。さらに、ビジネスパーソン自身も、仕事のやりかたを変えたいと思いながらもルーティン的な仕事を繰り返しているという人もいるのではないでしょうか。

  • 人間の集中力の限界は?

    集中力は常に意識しますが、すぐに気が散ってしまうという人も多いでしょう。ですが、好きなことをしていると気づいたら朝になっていたなんていうこともありますよね。そんな集中力はどの程度持続するものなのでしょうか。

  • 若者離職本の元祖は?

    若者は仕事をすぐに辞めるといわれています。「石の上にも三年」といった言葉がありますが、現状はそうではないようです。そうした若者の就職状況を悲観する元祖とされている本が城繁幸の『若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来』(光文社新書)です。

  • 指示待ちはなぜ悪い?

    指示待ち人間という言葉があります。何かをしろと言われるまで何もしない人間を指します。これは受験勉強の弊害ともいわれています。受験勉強は、この参考書を使ってこの範囲を勉強すればOKでした。そして試験に挑んで結果を出せば大丈夫だったのです。しかし仕事は決まったやり方というものがありません。もちろんマニュアルやセオリーなどは存在していますが、トライアンドエラーを繰り返し、自分なりの方法論や哲学を確立してゆくしかありません。

  • ノマド、本来の意味は?

    ノマドワークという言葉が定着して久しいです。IT機器を用いて、特定のオフィスではないさまざまな場所で仕事を行う人たちを指します。今ではすっかりこの意味でとられるノマドですが、本来は別の意味があります。

  • 履歴書の空白期間なぜ不利?

    履歴書を書く場合、職歴や学歴において空白の期間を作ってはいけないとよく言われます。場合によっては選考で不利にはたらく可能性があるからです。それではなぜ、履歴書の空白期間が不利になってしまうのでしょうか。

  • 方眼ノートの活用術

    スマホやタブレットが普及したことで、メモ書きもそういったデジタルガジェットで行い、ペーパーレスをすすめている人は多いでしょう。しかしながら、自分の考えなどをきちんと手で書き出すことによって記憶や思考が定着するのも事実です。

  • 専業主婦と就職の関係

    専業主婦をしていて子育ても一段落したため、アルバイトやパートタイマーではなく再びフルタイムで働きたいという思いがある人は多いでしょう。それでも、専業主婦の期間がブランクとなってしまうのも事実です。しかし、専業主婦のクリエイティブな経験を活かして就職を成し遂げた人がいます。しかも新しい職場は、タイの首都バンコクにある小学校のカフェテリア、日本風にいえば「給食のおばちゃん」です。薄井シンシアによる『専業主婦が就職するまでにやっておくべき8つのこと』(KADOKAWA)は著者の実体験に基づいた、専業主婦から再び働くようになった女性のストーリーです。

  • 生産性向上の秘訣は?

    会社員生活を送るにあたって、ほとんどの仕事はチームワークで行われています。もちろん、個人の裁量でできる部分もあるのですが、それも全体の仕事の進捗に貢献する必要があります。それぞれがまったく一人で完結できる仕事というのはまずないでしょう。

  • 職歴の定義は?

    履歴書を書く時に、職歴の欄に何を書くかで悩んでいる人は多いでしょう。職歴とは一般に正社員、契約社員、派遣社員などの社員としての仕事歴を記すものです。アルバイトや自営業などの経験を書くべきかどうかは意見が分かれるところです。

  • 書籍編集者の平均ノルマは?

    本を作る編集者の仕事にあこがれる人は多いでしょう。しかし本作りといっても、定義はあいまいでとても広いす。言ってしまえば本作りにまつわるすべての業務が仕事であるといえるでしょう。著者の候補者と親交を深めるためにお酒を飲みに行く、図書館や書店で最新の動向をリサーチするといった作業も編集者の仕事にふくまれます。

  • 客員教授とは何か?

    テレビを見ていると、客員教授の肩書がある人物が多く登場します。これは、一般的な大学教授とはどう違うのでしょうか。

  • 課程博士と論文博士とは?

    博士号は、大学などの研究者になるには必須の資格です。博士号は大学院の博士課程に在学し、博士論文審査に合格することで授与されます。一方で出身大学や、在籍していた大学院とは別の学校から博士号を授与されている人もいます。この違いは何でしょうか?

1 / 25 1 2 3 4 5 最後 »