仕事

仕事は人生の大半を占めます。就職活動、転職活動、新入社員などのルールやマナー、出世する方法やキャリアプランの考え方など、仕事で役立つ情報を紹介します。

  • フリーランスの世界を知る

    フリーランスで稼ぎたいけれども、どのような職種があるのかイメージがつかみにくいという人は多いのではないでしょうか。なんとなくフリーランスに憧れているだけでは、うまくいかないでしょう。さらに、場合によってはフリーランスという言葉の表面的なイメージとしてある自由な生き方に憧れすぎるあまり、本質を見失ってしまうということもあるでしょう。

  • 履歴書の空白どう扱われる?

    履歴書に空白期間があると、転職や就職に関して不利になるといわれています。これは昔から言われていることですが、その理由にはどんなものがあるのでしょうか。

  • 激務の基準は?

    激務と呼ばれる仕事があります。これはどのようなものを指すのでしょうか。激務な仕事と、激務ではない仕事の境目はどのあたりにあるのでしょうか。

  • ビジネスパーソンのためのSDGsとは?

    ビジネスシーンにおいては日々、新しい用語が出てきています。なんとなく言葉は目にしたことがあっても、実際はどのようなものか、よくわからないという用語も多いでしょう。こうした用語のやっかいな部分は、ちょっとした自意識が邪魔をして、なかなか素直に聞けないところもあるでしょう。

  • 暗記術をビジネスに生かす

    暗記術というと、試験勉強などでしか役に立たない技術だと思ってはいないでしょうか。さらに、詰め込み式の日本の教育の負の部分を代表するようなイメージもあります。暗記術は応用も効かないような、ただ覚えるだけ、詰め込むだけといったイメージもあるかもしれません。しかしながら、そうした旧来のイメージはとても古い暗記術だと言えるでしょう。

  • 初生雛鑑別師とは?

    世の中にはさまざまな資格があります。資格があれば職業選択の幅が広がる、収入もアップするといったメリットがあります。そのなかで、マイナーでありながらも食いっぱぐれることのない資格として、初生雛鑑別師があります。

  • シャイニングマンデーはどう使う?

    プラミアムフライデーに続いてシャイニングマンデーという制度が提唱されています。これはどのようなものなのでしょうか。

  • 文庫と新書どう違う?

    文庫本や新書本は、通常の単行本に比べれば安価に購入できます。ちょっとした知らない世界を把握するのにも最適なアイテムだと言えるでしょう。そもそも両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

  • 奥深き獣医の世界

    獣医師というとなかなか馴染みのない世界ですが、私たちの生活において欠かせない存在だと言えます。獣医というと、猫や犬を見る動物病院の先生といったイメージを思い浮かべるでしょう。それはやはり、身近にあるのが動物病院だからだと言えます。しかし、実際の獣医師の世界は、牛や豚などの家畜全般に関わる仕事を行っているもっと幅広いものなのです。

  • 転職の思考法とは?

    会社に務める人ならば転職を意識することはあるでしょう。その時に、実際に転職をする人もいれば、その前段階でとどまっている人もいます。転職にはリスクがつきものです。転職先では仕事のタスクが増えてしまうこともあれば、年収が下がってしまうこともあります。しかしながら、転職にはリスクがあるということは既に常識になっていると言えるでしょう。

  • 最短距離のキャリア形成とは

    将来的に何かをしたいといった目標を漠然と抱いている人は多いのではないでしょうか。しかしながら、そこに至るまでの回路をうまく作れず、もやもやとしたままの人もいると思います。

  • プレイングマネージャのノート術とは?

    プレイングマネージャーとは、プロ野球をはじめとして、スポーツの世界ではよく耳にする言葉です。文字通り、現場の選手として働きながら、同時に監督しての立場もこなすというものです。これはスポーツだと特段注目されますが、一般の社会において同じような立場にある人は少なくないでしょう。

  • 思考のためのノート術とは?

    ノート術に関する本はさまざまなものが出版されています。そこにあるものは、パソコンやスマートフォン、あるいはタブレットなどのデジタルガジェットにおいてないがしろにされがちなアナログな思考を用いようとするものが多いでしょう。言葉を書き出すことによって思考がクリアになっていくといったことも言われています。

  • タスク管理のメモ術

    あれもこれもしなければいけない。ああどうしよう、何もできないといった状態、いわゆるデフォルトな状態になってしまった経験は誰しもあるのではないでしょうか。それがストレスとなり、さらに仕事の効率が下がっていくという悪循環に陥ってしまうことも多いと言えるでしょう。

  • 業界と職種を理解する

    世の中には、およそ2000の職業があると言われています。しかしながら、紙に書き出してみましょう。あらゆる職業があるので簡単だと思うかもしれませんが数百くらいで詰まるはずです。それだけ普段、身近な場所しか見ていないとも言えるでしょう。

  • 編プロの実態を知る

    編集プロダクションとは、主に出版社の下請けとして書籍や雑誌を制作する会社を言います。最近では紙の出版物ばかりではなく、ウェブサイトの運営や記事執筆などを行う編集プロダクションも増えてきています。さらに伝統的には、広告制作なども紙媒体に関わるものは編集プロダクションがになうことが多くあります。

  • 商業誌の定義は?

    商業誌という言葉があります。主に同人誌の対義語として使われますが、これはどのような意味があるのでしょうか。

  • 引用文に原稿料出るのはなぜ?

    文章には引用と呼ばれる行為があります。他人の著作物を、出典の明記や文章の主従関係といったルールを守っていれば合法的とされています。引用のある文章は、通常は引用した文章を含めて文字数にカウントされ、執筆者の原稿料となります。これはなぜなのでしょうか。

  • どこでも誰とでも働ける能力とは?

    ビジネスパーソンに仕事ができる能力が求められるのは言うまでもありません。しかし、仕事ができるというフレーズは実に曖昧なものです。一体何をもって仕事ができる、あるいはできないというのか。それでも、大切な能力のひとつに協調性があることは間違いないでしょう。それは「どこでも誰とでも働ける」能力であるとも言えます。

  • 100円ノートのメモ術

    仕事をするからには、文房具も良いものを使いたいという人と、消耗品であるのだから使い捨て感覚でいいという考え方があります。しかし、もっとも重要なことは、それをどう活用するかではないでしょうか。

1 / 28 1 2 3 4 5 最後 »