仕事

仕事は人生の大半を占めます。就職活動、転職活動、新入社員などのルールやマナー、出世する方法やキャリアプランの考え方など、仕事で役立つ情報を紹介します。

  • やること地獄を終わらせるには?

    仕事をしていて、あれもやらなければこれもやらなければといった思いに支配されてしまう人は多いのではないでしょうか。「やることが多すぎる」といった嘆きですね。これは同じことをしていれば良いというものではないので、なかなか難しい問題です。

  • ビジネスをフレームワークで考える

    ビジネスというのはあらゆる場面において応用的なテクニックを求められることが多くあります。常に臨機応変に、目の前のトピックに立ち向かい、どのように問題を解決していくのかといったそのプロセスこそが、自分の力を見せる場所だとも言えるでしょう。

  • スマホメモ術とは?

    メモとは仕事において重要な要素を占めるツールです。メモをすることによって新たなアイデアの源泉が生まれてくることもあるでしょう。仕事の質をキープすることはもちろん、一歩高みに行くためにもメモを取るという行為は非常に重要なのです。

  • 『噂の眞相』の裏側を知る

    雑誌『噂の眞相』の編集発行人を務めていた岡留安則さんが、2019年1月31日に71歳で亡くなりました。『噂の眞相』といえば、反社会権力やスキャンダルなどタブーなき雑誌として1979年から2004年まで発行されていた月刊誌です。

  • ゼロ秒思考を身につける

    よく考える、とは良いこととされています。しかしながら、あまりに時間をかけると、場合によっては決断力がないといったネガティブな評価となってしまう場合もあるでしょう。やはり時と場合によっては即断ができる力というものも場合によっては求められると言えますね。

  • 一般常識は何を意味する?

    就職活動などで一般常識と呼ばれる問題が出されることがあります。一口に一般常識と言われても、幅広い範囲を指すものでありますから、具体的に一体何を示すのかということを疑問に思うこともあるでしょう。

  • 『週刊SPA!』の歴史は?

    『週刊SPA!』(扶桑社)の一部の記事が問題となっています。ギャラ飲み特集において、女子大生のランキングを学校ごとに不適切な表現で行ったためです。『週刊SPA!』は出会い系アプリを取り上げるなど、俗っぽい記事を多く掲載してきており、これは雑誌の体質そのものの問題ではないかとも言われています。そもそもこの雑誌は週刊誌でありながら、週刊誌らしくない紙面作りで知られてきました。『SPA!』の歴史とはどのようなものなのでしょうか。

  • 場づくりの教科書とは?

    世の中にはあらゆるコミュニケーション手段が溢れています。特にインターネット空間のなかにおいては、なんでもそこだけで完結してしまう傾向がありますね。その分、人と人のつながりの意識が希薄になってしまいなのではないでしょうか。

  • 段取りノート術とは?

    大人の発達障害が取りざたされて久しいです。ものが片づけられない、順序よく進められない、すぐに忘れてしまう、といったものですね。そうしたときに必要なものはしっかりと書き留めておくことではないでしょうか。確認が重要というわけですね。

  • 考える前に動け

    よく、考え込んで動けずに立ち止まってしまう人がいます。確かにそういう時があるのは仕方ないと言えるかもしれません。しかしながら、その時間だけ確実に損をしているのは確かでしょう。

  • 文庫本なぜ安い?

    文庫本は読書好きにとっては重要なアイテムですね。サイズが小さいためかさばることがありませんし、値段も単行本に比べると安めになっています。もともと単行本から文庫本化までのペースは3年ほどが目安とされてきましたが、最近は1~2年で文庫化される作品も多くなってきています。さらに、最初から文庫版オリジナルとして出版されるものもあります。

  • 就活ジプシーとは何か?

    就活に関しては毎年さまざまな新語が生まれています。そのひとつとして就活ジプシーなるものがあります。これはいったいどのようなものなのでしょうか。

  • テレビ業界は悪夢?

    テレビ業界というのは、ブラックな労働環境がデフォルトであると言われています。夢を見て入ったとしても、そうした業界の惨状を目の当たりにして挫折してしまうといった話も聞かないわけではありません。

  • 残業を考える

    残業とは日本独特の働き方と言われています。特に残業代の出ない、俗に言うサービス残業はよく知られていますね。残業というのは、本当に必要なものなのか。「働き方改革」が叫ばれていますが、実際のところはどうであるのか。そのような問いかけをしている本が、中原淳とパーソナル総合研究所による『残業学 明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?』(光文社新書) です。

  • メモの魔力とは?

    仕事においてもっとも重要なポイントとはなんでしょうか。そこにおいては、やるべきことをやる、さらにはミスをしないといったシンプルな要素が生きてきます。そのようなことは簡単にできるようでいて、なかなか実践ができないものです。そこにおいて重要なのはメモ力というべきものでしょう。

  • オフィスの効率化は夢をかなえる?

    仕事術に関する本は多く出ていますね。そこにおいてはコミュニケーションに主軸が置かれたものが多くあります。それはやはり仕事というのはフェイストゥーフェイスのコミュニケーションの中から生まれていくものであるといった基本があるためでしょう。確かにその傾向はあるかもしれません。しかしながら、もうひとつの要因として周囲の環境も関わってくるのではないでしょうか。

  • 就活対策の総合本

    就活にはさまざまな対策が必要です。その中で面接対策などが先んじてしまい、ついおろそかになりがちなのが時事用語や一般常識などでしょう。普段からテレビのニュース番組や新聞をチェックしていれば良いのでしょうが、ネットニュースに頼りがちといった人も多いでしょう。それでは万全の対策ができているとは言い難いですね。

  • 寿司者に修行は必要?

    ホリエモンこと堀江貴文氏は、つねにセンセーショナルな発言で世間の注目を浴びています。少し露悪的な部分はあるにせよ、ずばっと本質を突いている側面があるのも確かでしょう。そのような堀江氏が2015年に物議を巻き起こしたのが「寿司屋に修行は必要なのか?」発言ですね。

  • 営業マンのノート術とは?

    ノート術に関しては、さまざまなアイデアが出されています。そのどれもが、やはり個人の体験をベースとして構成されているものになるため、人によっては合う場合と合わない場合があるでしょう。

  • スマホメモ術とは?

    メモというのは、どの場面においても役立つスキルです。これがスキルなのかと、あまくみくびっていてはいません。メモひとつで仕事のミスを大幅に減らすことができますし、新たな仕事のチャンスに繋がるといったこともあるでしょう。

1 / 30 1 2 3 4 5 最後 »