仕事

仕事は人生の大半を占めます。就職活動、転職活動、新入社員などのルールやマナー、出世する方法やキャリアプランの考え方など、仕事で役立つ情報を紹介します。

  • 日本人の働き方はヤバい?

    日本人は勤勉だといわれます。朝きっちりと起きて満員電車に揺られて会社へ向かい、残業をこなし終電近くで帰宅して翌朝も出勤してゆく。さらに会社の人間との酒やレジャーを通じたコミュニケーションも欠かさない。しかし、そこで本音は決して言わない。そうした働き方は、ごく当たり前のこととして受け入れられていますが、外国から見れば異常に映ることもあります。

  • 文学部は就職できない?

    大学の学部別の就職事情において、文学部は就職できないといわれています。果たして本当にそうなのでしょうか?

  • 好きを仕事には幻想か?

    好きなことを仕事にしたい、これは誰もが思い描く理想でしょう。けれども、そうした仕事に就ける人は限られています。さらに好きなことであっても、仕事には辛く厳しい側面もあります。

  • セカシューの現実を見るために

    セカシューという言葉があります。日本だけではなく、世界で就職活動を試みる意味で使われています。海外旅行で訪れた国の空気が気に入ったから、得意の外国語を活かした仕事につきたい、あるいは日本はもう経済的に成長しないから、新しいフロンティアで活躍したいといった思いはさまざまでしょう。それぞれの人ごとに、セカシューへの思いがあるといえるでしょう。

  • テープ起こしとは何か?

    出版においてテープ起こしという作業があります。地味ではありますが、出版作業を下支えする重要な作業です。

  • 予定稿とは何か?

    大事件などが起きた時に、新聞ではきっちりと取材がなされた紙面が出ることがあります。実質的な取材時間は1日足らずなのに、よくここまでできるものだと感心します。ですが、これはあらかじめ書かれている原稿である場合もあります。それは業界用語では予定稿と呼ばれます。

  • 編プロの種類って?

    書籍や雑誌の制作を行う会社として編集プロダクションがあります。一般的には略して編プロと呼ばれます。編プロは、会社によってその内容がさまざまに異なります。編プロへの就職を考える場合には、その会社のタイプを見極めることが必要です。

  • マジシャンなぜ怪しい?

    マジシャンという職業があります。テレビに出ている有名なマジシャンといえば、ミスターマリック、マギー司郎、さらにマギー司郎の弟子であるマギー審司、あるいはナポレオンズといった人たちがよく知られているでしょう。最近ではセロといった人もいます。これらのマジシャンの風貌というのは、はっきり言ってしまえば怪しいものです。どこかうさんくささも伴います。なぜ、マジシャンの風貌は怪しいのでしょうか?

  • テレビ番組のリサーチャーって?

    テレビ番組を制作するにあたってはリサーチャーという仕事が、縁の下を支えています。リサーチャーとはいったいどういう仕事なのでしょうか?

  • 海外医学部という道

    いまは、進路選択の多様化がすすんでいます。そのひとつして海外の医学部進学というものがあります。 日本の医師になる条件 日本で医師になる場合には医学部に進学して、医師国家試験に合格しなければなりません。医師国家試験の合格率はそれなりに高いのですが

  • 【将来の美容師必見!】美容学生3000人以上を集めたヘアーショーが今年も開催!

    不景気になればなるほど、学生は安定志向へと傾く傾向があります。 2016年の新入社員市場も、 公務員や大企業など将来安泰そうな職業が人気のようです。 そんな中で、ひそかに人気を集めているのが 「手に職」系のお仕事。 手に職を持てば、例え勤

  • スキルを活かして転職するときの3つのポイント

    仕事をする中で経験を積んでくると、 より難しい仕事にチャレンジしたり、 収入アップを目指したくなるもの。 「今のままでは、これ以上のスキルアップは見込めない」 そんな時は、転職も視野に入れましょう! 本日は、技術者専門で転職支援サービスを

  • 心が病んで引きこもりになってしまった就活生を救った「ネガポジ流就職活動」 とは?

    就職するにあたって、多くの学生が悩むのが 「会社選び」の問題です。 就職したいと選んだ会社の採用試験に落ち、 鬱になってしまう学生も少なくありません。 NPO法人「若者就職支援協会」の理事長であり、 『最悪から学ぶ 世渡りの強化書』(日本

  • 仕事のサークルノリの功罪

    仕事で、大学生のサークルのようなノリをすすめることは一般的に悪しきことといわれています。仕事の対価としてお金(給料)をもらっているのですから、きちっと進めるべきという考え方がまずあるでしょう。果たしてサークルノリというのはいいのでしょうか。悪いのでしょうか?

  • 出版志望にDTPは必須?

    本や雑誌が好きなので将来は出版社に就職したいという人はけっこういるかもしれません。現在、出版にはコンピューターが用いられています。編集にはデスクトップパブリッシングの略称でDTPと呼ばれるソフトが用いられています。出版社を志望するにあたって、FTPの知識は必須

  • リクルートスーツはなぜ地味なのか?

    この季節、街角にはリクルートスーツに身をまとった学生たちの姿をよく目にします。彼らは就職活動の最中なのでしょう。リクルートスーツに、革靴に、ぺたんこのビジネスバッグという、セオリーとも言える格好があります。リクルートスーツは正直いって地味です。なぜ、リクルート

  • 放送作家になる方法

    放送作家という仕事があります。テレビ番組を見ると最後に流れるテロップの最初の部分に「構成」というクレジットがあります。ここに記載される人たちが放送作家です。放送作家は基本的にフリーランスの立場であり、毎年新卒募集がかけられているわけではありません。放送作家には

  • リ〇ナビ・マ〇ナビだけじゃない! 既卒・第二新卒の就活とは

    就職活動まっさかりですが、既卒・第二新卒の方々、進捗はいかがですか?「一年くらい就職浪人しててもなんとかなるでしょ」「既卒だけど新卒と同じナビサイトしか使ってない」という人、案外多いのではないでしょうか。しかし、既卒・第二新卒の就活は、新卒とは全く違うと考えな

  • 慶應はなぜ就職に強いのか?

    慶応義塾大学は就職に強い大学として知られています。もちろん偏差値の高い難関大ということもありますが、理由はそれだけではなさそうです。慶應がなぜ就職に強いのか、理由を考えてみましょう。 三田会の強さ 慶応義塾大学の卒業生は塾員と呼ばれます。学校を

  • 高倍率な就職試験の実際のトコロ

    就職活動などで大企業を受ける場合、倍率が何百倍にもなったり、あるいは何千倍というところもあるようです。特にマスコミ関係の企業に多いようです。この高倍率というのは本当なのでしょうか? 実質倍率を見極める 高倍率の企業というのは誰もが知る企業という

1 / 20 1 2 3 4 5 最後 »