仕事

  • 放送作家見習いが減っている?

    放送作家になるためには、学歴や資格はいりません。まずは業界にもぐりこんで見習い期間を経て、そこから企画だしの手伝いなどを行って作家として独り立ちしてゆくといったパターンがこれまではありました。しかし、この放送作家見習いというポジションや、志望者は減りつつあるようです。

  • 1日3時間だけ働く方法

    働く時間というのはどのように意識されるでしょうか。やはり労働基準法といった法律に基づいて一日8時間から9時間といった印象があるかもしれません。そこから往復の通勤時間や準備時間、それに睡眠時間を加えるとするならば仕事が1日のうち3分の1、その他が3分の1、睡眠が3分の1といった、といったところになるのではないでしょうか。しかしながら、そこにおいては労働時間を短くすればより充実した生活を送れるのではないかといったひとつのシュミレーションがうかびあがります。

  • 仕事が終わらない理由とは?

    仕事が目の前に山積みであり、なかなか終わらない、片付けられないといった悩みを抱えている人は少なくないでしょう。もちろん仕事があるだけ、ありがたいと思えというのはひとつの法則ではあるのですが、それでも仕事が山積みのままというのはどうにも気分が悪いものですね。なんとかして仕事を片付けられないかと逡巡することしきりです。

  • 仕事ごっこしていない?

    仕事をしたつもりになってしまう現象というのはありますね。ただなんとなくパソコンの前に座っているだけで実は何も仕事をしていないといった体験は誰しもあるでしょう。そうしたものは仕事ではなく、ある意味では厳しい言葉を用いるとするならば「仕事ごっこ」なのではないでしょうか。

  • 手放しノート術とは?

    夢をかなえるためには、その夢にむかって具現化させる努力をする必要があるといわれています。それは、夢をノートに書き出すといったこともひとつの方法であるといえるでしょう。

  • 半径5メートルを最適化する

    職場の改革の必要性などはあらゆる場所でさけばれています。しかしながら、なかなか最初からうまくいくものは少ないですよね。ともなれば、自分でできることを、できる範囲で変えていくというのもひとつの方法ではあるでしょう。

  • 知識や経験をコンサルに変える

    何かの知識や経験を持っているのだけれども、それを活かせる仕事はないだろうか。もちろん、ひとつの会社に務めるのもひとつのシナリオではあるのだけれども、もう少し幅広く活躍したい、あるいは稼ぎたいという人はコンサルタントという仕事がひとつおすすめでしょう。

  • ノマドワーカーを科学する

    働く場所を持たないノマドワーカースタイルが提唱されて久しいです。それは、いまや当たり前のものとなりつつありますが、そもそもどのようにしてできあがってきた空間なのでしょうか。そうした、ノマドワーカーについてメディア論的な視点から読み解いた本が、松下慶太による『モバイルメディア時代の働き方:拡散するオフィス、集うノマドワーカー』(勁草書房)です。

  • 斜め読みのやり方は?

    斜め読みと呼ばれるものがあります。資料などに目を通さなければいけないのだけれども、時間がないといったときに使われるものですね。全体の流れをつかむために、細かい部分を飛ばしていくといったことです。具体的にはどういった方法があるのでしょうか?

  • 落選小説を別の賞に送るのはアリ?

    小説の新人賞などにおいて、ある賞で落選した原稿をそのまま別の新人賞に送るといった行為はアリなのでしょうか、ナシなのでしょうか。

  • 伝わるノートマジックとは?

    ノートというのは大事な要素です。ただ参考書や教科書を読んでいくよりも、自分でノートにどのようにまとめていくのかが重要だともいえるでしょう。勉強やビジネスなど、あらゆる場面にノート術の本が出ていますが、その中でも一風変わったものが西寺郷太による『伝わるノートマジック』(スモール出版)です。

  • オンラインサロン活用術とは?

    オンラインサロンは、ここ数年のネットのタームだといえるでしょう。実社会や実生活との延長線上としてのサロンといった考え方が生まれるようになって久しいといえます。しかしながら、オンラインサロンがうまく活用できない、お金だけ払っておしまいになってしまうのではといった不安点や疑問点があるのも確かでしょう。

  • オンラインサロンの作り方とは

    オンラインサロンはちょっとしたブームであるといえるでしょう。オンラインサロンというと誰もが知る有名人しか開けないと思ってはないでしょうか。実はそんなことはありません。オンラインサロンはノウハウがある人ならば誰でも開けるのです。自分にとってなにげない、当たり前のように思っていることであったとしても、場合によってはそれをお金に変えることもできるのです。

  • 講師業のはじまりは通信講座?

    人に何かを教えるのが好きという人がいます。さらにビジネスや、あるいはプライベートなどにおいても、自分のノウハウを誰かに伝えたいと思う人は多いかもしれません。何かの講師業をしてみたい、という人はそれなりにいるのでしょうが、どのようにすればいいのかわからないという人も少なくないでしょう。例えば受験生に勉強を教えるような塾講師の仕事ならばすぐに見つかるのかもしれませんが、夢をかなえることやライフスタイルの講師となれば、やはりなかなかきっかけや、それなりの人脈やコネクションがなければ難しいのではないかと思われがちです。

  • グラフ誌ってなんだ?

    グラフ誌と呼ばれるものがあります。写真を主体とした大判の雑誌であり、かつては世界各国で発行されていました。グラフ誌は、通常の雑誌に比べてビジュアル的な要素が強く、海外の雑誌であっても外国語が読めなくとも雰囲気を感じ取ることができる雑誌です。海外のグラフ誌などを眺めていると、まるでこの国に旅をしているかのような感覚が得られるのも魅力です。

  • 「文藝」増刷なぜすごい?

    文芸雑誌の『文藝』2019年秋季号が増刷となり話題となっています。この雑誌が増刷となったのは1933年の『文藝』創刊号以来はじめての快挙です。これは出版業界においては大きなインパクトがあったと言われています。なぜこれほどすごいのでしょうか。

  • 演劇は仕事になるのか?

    夢を叶える職業といえば、芸能人などのきらびやかな世界が思い浮かべられるでしょう。東京などの都市部には、そうした明日のスターを夢見て演劇活動などに精を出す舞台俳優と呼ばれる人たちがいます。さらにその舞台を作る美術や演出、脚本といった裏方の領域の仕事をこなしている人たちもいますね。この世界というのは、なかなか食えない世界であるとも言われています。

  • 会社をやめる前に身につけるべき知識とは

    会社というのはひとつの組織として成り立っています。その会社組織を出て、独立を考えている人は少なくないでしょう。いつかは独立したいといった思いがあるにせよ、そこにおいては、なかなか踏ん切りがつかないということもあるでしょうね。さらに会社をやめるということはそのまま世の中に放り出されるということになるわけですから、その先に不安を感じるのも確かでしょう。

  • フリーランスの心得とは?

    フリーライターという仕事は、かつては出版業界を主とする仕事でありましたが、現在は主にウェブでの仕事に以降しつつあると言えるでしょう。しかしながら、フリーランスでなにかしらのクリエイティブな作業に関わることがある人に関しては、そこにおいては基本的に求められるものや心構えといったものは変わっていないと言えるでしょう。むしろ、そうしたものが普遍的でなければおかしいのではないでしょうか。

  • チームワークを高めるゲームとは?

    仕事というのは一人でやるものもありますが、ほとんどはチームワークで行うものだと言えるでしょう。当然ながら、そこでどのように円滑に仕事を進めていくのかというのは、どれだけそれぞれの能力が発揮されていくのかということに加えて、仕事の息が合うのかといったことも必要ではあるでしょう。

1 / 32 1 2 3 4 5 最後 »