仕事

仕事は人生の大半を占めます。就職活動、転職活動、新入社員などのルールやマナー、出世する方法やキャリアプランの考え方など、仕事で役立つ情報を紹介します。

  • 業界と職種を理解する

    世の中には、およそ2000の職業があると言われています。しかしながら、紙に書き出してみましょう。あらゆる職業があるので簡単だと思うかもしれませんが数百くらいで詰まるはずです。それだけ普段、身近な場所しか見ていないとも言えるでしょう。

  • 編プロの実態を知る

    編集プロダクションとは、主に出版社の下請けとして書籍や雑誌を制作する会社を言います。最近では紙の出版物ばかりではなく、ウェブサイトの運営や記事執筆などを行う編集プロダクションも増えてきています。さらに伝統的には、広告制作なども紙媒体に関わるものは編集プロダクションがになうことが多くあります。

  • 商業誌の定義は?

    商業誌という言葉があります。主に同人誌の対義語として使われますが、これはどのような意味があるのでしょうか。

  • 引用文に原稿料出るのはなぜ?

    文章には引用と呼ばれる行為があります。他人の著作物を、出典の明記や文章の主従関係といったルールを守っていれば合法的とされています。引用のある文章は、通常は引用した文章を含めて文字数にカウントされ、執筆者の原稿料となります。これはなぜなのでしょうか。

  • どこでも誰とでも働ける能力とは?

    ビジネスパーソンに仕事ができる能力が求められるのは言うまでもありません。しかし、仕事ができるというフレーズは実に曖昧なものです。一体何をもって仕事ができる、あるいはできないというのか。それでも、大切な能力のひとつに協調性があることは間違いないでしょう。それは「どこでも誰とでも働ける」能力であるとも言えます。

  • 100円ノートのメモ術

    仕事をするからには、文房具も良いものを使いたいという人と、消耗品であるのだから使い捨て感覚でいいという考え方があります。しかし、もっとも重要なことは、それをどう活用するかではないでしょうか。

  • 本の定義は何ページ以上?

    本には分厚いものもあれば薄いものもあります。薄いものだと小冊子などと呼ばれることもありますが、一体何ページ以上が「本」とされるのでしょうか。

  • 昔の新書レーベルは?

    現在、出版業界は新書ブームであると言えるでしょう。この新書ブームに火をつけたのが『若者はなぜ3年でやめるのか』『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』といった、タイトルで内容を明確に表すことで話題となった光文社新書シリーズでしょう。以降、他の出版社も大小を問わず新書市場に参入し、今では飽和状態にあると言えます。

  • 仕事が早い人のメモとは?

    仕事におけるメモの必要性は、常々指摘されています。忘れないように記録として留めておくことですね。特に仕事が早い人はどのようなメモ術を行っているのか。その内容について記した本が伊庭正康による『会社では教えてもらえない 仕事が速い人の手帳・メモのキホン』(すばる舎)です。

  • フリーランスの極意とは?

    フリーランスとして活躍したいと思う人は多いのではないでしょうか。組織に縛られない生き方に憧れを抱く気持ちはわからなくもありません。しかしながら、フリーランスにはフリーランスなりの辛さ、厳しさがあるのもまた確かなのです。

  • 三色ボールペンを活用せよ

    情報の整理にはさまざまな方法が用いられています。本を読んでいて大事なところにマーカーでラインを引く人も多いでしょう。しかし、これでは本を読むときにチカチカとして目が痛いといったこともあります。そんな時に役立つのが三色ボールペンです。

  • 裁量労働制は危険?

    働き方改革の一環として、裁量労働制の拡大が行われようとしています。これを、定額働かせ放題につながるのではないかと警鐘を鳴らす本が今野晴貴と野崎量による『裁量労働制はなぜ危険か:「働き方改革」の闇』(岩波書店)です。

  • フリーランスの壁は40歳?

    自由業としてフリーランスの形で仕事を続けてゆきたい。そうした思いを持つ人はいるでしょう。収入は不安定でありながらも、完全に実力主義の世界であるので、評価されればその分収入にもつながっていきます。しかし、それはフリーランスのひとつの理想論としてはありますが、実際のところはどうでしょうか。

  • バイト体験を笑い飛ばす

    ほとんどの人は、アルバイトをした経験があるでしょう。そのアルバイトはどのようなものだったでしょうか。中には若気の至りで許されるわけではありませんが、不義理をはたらいて辞めてしまった人もいるかもしれません。そんな経験がある人でも、ある程度年齢を重ねた今ならば誰かに迷惑をかけたとわかりますが、当時は自分のことしか考えていなかったでしょう。

  • 自分の強みを紙一枚で見つける

    自分の強みは何かと訊かれたときに、即答できる人は少ないでしょう。何かしらのウィークポイントはあったとしても、強みを大きくアピールできる人は少ないのではないでしょうか。就職活動などで自己アピールを求められることは多いですが、それは面接のため無理やり導き出した答えであることも少なくありません。

  • 床屋は外科医だった?

    髪を切る場所である床屋さんの玄関には、赤色と青色のらせん状のぐるぐると回るランプがあります。あれは、実は人間の動脈と静脈を表しているといわれています。

  • サボタージュの本質を知る

    R.M.ガルフォードほかによる『アンチ・サボタージュ・マニュアル 職場防衛篇: 組織を破壊から守る9の戦術 』(北大路書房)は、サボタージュについて書かれている本です。

  • 文壇、文人とは何か?

    出版不況であるといわれて久しいですが、かつて出版はメディアの王道でした。そこでは多くの雑誌が創刊され、執筆者も多くいました。さらに、現在ではマイナーなジャンルとなってしまった文芸誌も、王道のメディアとして存在していました。

  • 「zine」の歴史を知る

    出版物は、出版社によって発行されるものというイメージが強いです。全国に流通し書店に並べられるものに限ってはそうでしょう。しかし、現在はインターネットの発達などにより、そればかりとは限らなくなってきています。出版物は放送局などのように政府の認可はいらず、誰でもいつからでも出版社を起こすことができます。そうした自立的な精神があるのが出版の魅力です。

  • AIはどこまで優秀か?

    将来、今人間がやっている仕事のほとんどが人工知能であるAIにとってかわられるといわれています。しかしながら、本当にそのような未来がやってくるのか、現在の私たちの想像力ではなかなかイメージがしづらいのも確かでしょう。

1 / 28 1 2 3 4 5 最後 »