仕事

仕事は人生の大半を占めます。就職活動、転職活動、新入社員などのルールやマナー、出世する方法やキャリアプランの考え方など、仕事で役立つ情報を紹介します。

  • 床屋は外科医だった?

    髪を切る場所である床屋さんの玄関には、赤色と青色のらせん状のぐるぐると回るランプがあります。あれは、実は人間の動脈と静脈を表しているといわれています。

  • サボタージュの本質を知る

    R.M.ガルフォードほかによる『アンチ・サボタージュ・マニュアル 職場防衛篇: 組織を破壊から守る9の戦術 』(北大路書房)は、サボタージュについて書かれている本です。

  • 文壇、文人とは何か?

    出版不況であるといわれて久しいですが、かつて出版はメディアの王道でした。そこでは多くの雑誌が創刊され、執筆者も多くいました。さらに、現在ではマイナーなジャンルとなってしまった文芸誌も、王道のメディアとして存在していました。

  • 「zine」の歴史を知る

    出版物は、出版社によって発行されるものというイメージが強いです。全国に流通し書店に並べられるものに限ってはそうでしょう。しかし、現在はインターネットの発達などにより、そればかりとは限らなくなってきています。出版物は放送局などのように政府の認可はいらず、誰でもいつからでも出版社を起こすことができます。そうした自立的な精神があるのが出版の魅力です。

  • AIはどこまで優秀か?

    将来、今人間がやっている仕事のほとんどが人工知能であるAIにとってかわられるといわれています。しかしながら、本当にそのような未来がやってくるのか、現在の私たちの想像力ではなかなかイメージがしづらいのも確かでしょう。

  • 10年後の仕事を考えよう

    職業選択は若者にとって、人生のひとつの岐路であるといえるでしょう。もちろん転職といった手段もありますが、一度ある業界を選んだならば、ほぼそこに類する場所で生きてゆくことになります。

  • 編集長とデスクの違い?

    本を編集し、出版する出版社において、編集長やデスクといったポジションがあります。この両者の違いはどのようなものなのでしょうか?

  • 女性の職業を知る

    世の中には無数の職業がありますが、狭い視点にとどまっているとすべてが見えてこないこともあります。そうした時に役立つのが女性の職業研究会による『女性の職業のすべて〈2019年版〉』(啓明書房)です。

  • なるにはブックスとは?

    学生時代の図書室の思い出の本といえばなんでしょうか。ひとつに「なるにはブックス」はあるかもしれません。これは、職業の案内書というべきものです。お医者さんになるにはどうすればいいのか、放送記者になるにはどうすればいいのか、あるいは建築技術者になるにはどうすればいいのか、職業のなりかたや、心がまえなどが記された本です。

  • アニメプロデューサーになるには?

    アニメは、日本が世界に誇るサブカルチャーのひとつです。さらに、アニメは今や子供向けのものばかりではありません。テレビの深夜枠では多くのアニメ作品が放送されています。

  • 100円ライターのプライド

    100円ライターという言葉があります。タバコと一緒に売られている100円のライターのことではありません。これはものを書くライターを指す言葉です。100円ライターのように安い、使い捨てといった意味があり、どちらかといえば悪いイメージで使われます。しかし、自らを100円ライターと名乗り、その来歴を自伝的に記した本があります。それが岩本太郎による『炎上! 一〇〇円ライター始末記:マスコミ業界誌裏道渡世』(出版人)です。

  • 1日を27時間にするには?

    慌ただしい生活を送っている人の中には、1日が24時間しかないのは短すぎる、感じている人もいるでしょう。1日があと数時間長ければ、などとイフの思考をした経験は誰しもあるのではないでしょうか。

  • 国連の公用語は何?

    国際連合はアメリカのニューヨークに本部を持つ、国際組織です。世界の多くの国が参加しており、公用語としていくつかの言語が採用されています。

  • 40代でシフトする働き方とは?

    働き方というのは、それぞれのスタイルがあります。現在は正社員としてひとつの会社に長く務めるといった従来の働き方も価値観の転換を求められるようになってきています。そうした複雑な社会は今、これからの働き方がどうあるべきかを模索する必要があるといえるでしょう。

  • マスコミ業界なぜ就活早い?

    就職活動において、マスコミ業界は就職活動が早い時期からはじまる業界として知られます。特にアナウンサー職に関しては、大学3年生の夏休みにアナウンスセミナーの募集をかけて、そこでめぼしい人材に内々定を出すといわれています。さらに、年が明けるとテレビ局から出版、新聞といった流れで就職活動がはじまります。そもそもマスコミ業界はなぜ就活の時期が早いのでしょうか。

  • 本のスリップ何のためにある?

    書店へ行くと本に、短冊形のしおりのようなものが挟まっています。本をレジに持っていくと店員さんが、それを抜くのを目にしたことのある人は多いでしょう。本に挟まっているそれはスリップと呼ばれます。このスリップは何のためにあるのでしょうか。

  • 新書は原稿用紙何枚分?

    新書本は依然としてブーム中であるといえます。出版不況の中にあって新書の発行点数は膨大なものとなっています。ところで新書とは、原稿用紙でどのくらいの枚数があるのでしょうか。

  • 学習する組織とは?

    会社という組織はどうしても、効率化が滞りがちなところがあります。成長を志向しないといってもいいでしょう。会社をはじめとした組織の発展に必要なものは、学習を続けることではないでしょうか。

  • 1分間ノート術に学ぶ

    ノートに関する著作は多く出版されています。そのほとんどがノートを常に持ち歩き、そこで逐一アイデアなどを書き込んでいくことの重要さが記されています。しかし忙しい現代人にとっては、そうしたノート術は実践したいと思っても、なかなか実行へ移せないというのが実際のところでしょう。

  • 石の上にも~、なぜ「三年」?

    「石の上にも三年」よく使われることわざです。これは、石の上であっても三年も座っていれば最初は冷たいが、自分の体温で暖かくなってくる。さらに、最初は居心地が悪くてもだんだんと慣れてくるものだといった意味で使われますね。

1 / 27 1 2 3 4 5 最後 »