仕事

仕事は人生の大半を占めます。就職活動、転職活動、新入社員などのルールやマナー、出世する方法やキャリアプランの考え方など、仕事で役立つ情報を紹介します。

  • 大学編入という選択肢

    大学へ入ったはいいものの、その場所が思ったような場所ではなかった、もう少しランクの高い大学へ行きたい、そんな思いを抱える人は少なくありません。

  • クラウド手数料2割は妥当?

    現在、インターネットを通してライティングの仕事を受けるソーシャルワークはポピュラーなものとなりつあります。ソーシャルワークの2大サイトといえば「クラウドワークス」と「ランサーズ」でしょう。

  • ネット銀行というビジネス

    いまやインターネットバンクは、当たり前の存在としてあります。しかしながら、少し前までは、銀行を利用するには直接窓口に赴くしかありませんでした。ATMが登場し、少し便利になったものの、時間外手数料がかかります。それまでは、土日はきっかりと休み、平日はなおかつ15時に閉まる銀行へ直接足を運ぶしかなかったのです。

  • クイズ作家になる方法

    いまやテレビ番組は空前のクイズブームといえます。数多くのクイズ番組が放送されています。そうなると、当然クイズを作る人間も必要とされます。テレビ番組などにおいてクイズ問題を作成する人間は、クイズ作家と呼ばれます。

  • あの業界の給料はどれくらい?

    仕事を選ぶにあたって、やりがいを選ぶか、それとも給料の高さを選ぶかは、ひとつの選択肢であるといえるでしょう。理想なのは、やりたい分野と希望の給料額がマッチングした場合ですが、大概の場合はどちらが欠けています。さらにほかの業界の給料事情はあまり知られていないものです。

  • 仕事を「すぐやれない」理由は?

    仕事が遅れてしまう、いつもギリギリになってしまう、そんな人は多いでしょう。もっと早くやろうと思っているのに、なぜそうなってしまうのか。その原因を探っていくと、仕事を「あとまわし」にして「すぐやれない」さまがうかびあがります。なぜ、人は仕事をすぐにやれないのでしょうか?

  • 仕事にやりがいは求めるべき?

    仕事をするからにはやりがいが欲しい、これは誰しもが望むところでしょう。給料は安くても良いからやりがいが欲しい、そうした思いを抱く人もいるでしょう。そうした人たちの心情につけこむ「やりがいの搾取」という言葉も生まれています。

  • ホンダとサムスンメソッド、どう違う?

    サムスンは世界的に名の知られた韓国企業でしょう。韓国の大学生にとってサムスンは人気企業です。倍率も高く、サムスンに入るための予備校まであるほどです。

  • 出版就職の実用本

    出版業界は昔も今も人気産業のひとつです。なにより本が好きで、本に関わる仕事がしたい、そうした人は一定数いるでしょう。一方で出版社は採用人数が少なく、狭き門となっています。

  • 放送作家はアイデア勝負

    放送作家はテレビやラジオの企画を考えたり、台本を書く仕事です。放送作家の仕事はアイデア勝負といわれています。さらに100本企画を出して1本採用されるかどうかといった厳しい世界です。常にアイデアのアウトプットが求められる世界だといえるでしょう。

  • ブラック企業は多すぎる?

    フリーライターの小林拓矢による著書「早大を出た僕が入った3つの企業は、すべてブラックでした」(講談社)は著者が経験した3つのブラック企業の実体験が記されています。

  • 賞罰は何を書く?

    履歴書やエントリーシートなどに賞罰を書く欄があります。ここには何を書けば良いのでしょうか?

  • 既卒フリーターは不利なのか?

    日本の就職市場は、新卒一発勝負が重要だといわれています。そこで就職に失敗すれば、挽回するのは難しいといわれています。働き方の多様化は進んでいるとはいえ、そうした傾向はいまだあるといえるでしょう。

  • ビジネスマンは大学教授を目指せる?

    大学教授になるには、一般的には大学院を出て、博士論文を提出し博士号を取得する必要があります。あくまでもこれは一般的な方法です。

  • 航空業界に入るには?

    航空業界はいまだ花形の職業だといえるでしょう。世界をまたにかけて活躍するパイロットや、客室乗務員などにあこがれる人は多いでしょう。ですが、あこがれだけでは夢に結びつきません。航空業界に入るにはどうすればいいのか。そのエッセンスをまとめた本が『航空業界就職ガイドブック2018』(イカロス・ムック)です。

  • 「メンタツ」は使えるか?

    就職活動に関しては、さまざまな書籍が出ています。毎年、最新年度版が発行されているベストセラーシリーズもあります。その一つが中谷彰宏による『面接の達人』シリーズ(ダイヤモンド社)でしょう。「メンタツ」の略称でも知られています。この本は使えるという人もいれば、内容がほとんど変わっていないので使えないという人もいます。果たしてどちらなのでしょうか?

  • 日本人の働き方はヤバい?

    日本人は勤勉だといわれます。朝きっちりと起きて満員電車に揺られて会社へ向かい、残業をこなし終電近くで帰宅して翌朝も出勤してゆく。さらに会社の人間との酒やレジャーを通じたコミュニケーションも欠かさない。しかし、そこで本音は決して言わない。そうした働き方は、ごく当たり前のこととして受け入れられていますが、外国から見れば異常に映ることもあります。

  • 文学部は就職できない?

    大学の学部別の就職事情において、文学部は就職できないといわれています。果たして本当にそうなのでしょうか?

  • 好きを仕事には幻想か?

    好きなことを仕事にしたい、これは誰もが思い描く理想でしょう。けれども、そうした仕事に就ける人は限られています。さらに好きなことであっても、仕事には辛く厳しい側面もあります。

  • セカシューの現実を見るために

    セカシューという言葉があります。日本だけではなく、世界で就職活動を試みる意味で使われています。海外旅行で訪れた国の空気が気に入ったから、得意の外国語を活かした仕事につきたい、あるいは日本はもう経済的に成長しないから、新しいフロンティアで活躍したいといった思いはさまざまでしょう。それぞれの人ごとに、セカシューへの思いがあるといえるでしょう。

1 / 21 1 2 3 4 5 最後 »