仕事

  • 仕事に追われない仕事術とは?

    仕事に追われている人というのは、あらゆる場所にいると言えるでしょう。最終的に追い詰められてしまうといったところもありますね。やはり仕事に追い詰められると生産効率が悪くなるというのも確かでしょう。そこにおいて理想的なものは仕事に追われないように仕事をするか、いかにそれを求めていくかということになりますが、これはある意味ではなかなか無理な相談とも言えるかもしれません。

  • 2割集中の仕事術

    仕事において集中せよ、というのはひとつの命題となっています。そこにおいては、気を抜けないといったことも言われていますが、決してそればかりとは限りません。仕事というのは、集中するときとしない時をうまい具合にバランスよく配置していくのが重要だと言えるでしょう。そこにおいては、仕事をどう捉えていくかということをまずは考えるべきでしょう。

  • 生産性の仕組みとは?

    仕事において重要な要素として生産性があります。ただ机の上に座っているだけで仕事をしたつもりになってしまっているといった人がいますね。いわゆる生産効率が悪いといった言い方もできるでしょう。これはけっこうやっかいなものでもありますね。一見すると、仕事を何かしているように見えても、実は何もしていないといったことになりかねないからです。

  • パソコン仕事を10倍早める方法

    パソコン作業というのはもはやビジネスシーンにおいては必須のものとなっています。そこにおいては、パソコンをどのように扱っていくのかといったことが、仕事ができるできないに直結していくとも言えるでしょう。これはシンプルでベーシックなものでありながら、確実なテーゼでもあります。

  • 先まわり仕事術とは?

    仕事をなんとか早く終わらせたいけれども、つい後回しにしてしまうという人は多いでしょう。仕事というのは先方とのコミュニケーションによって起こるものであり、いわば待ちの状態になることもあると言えます。しかし、それは本当に待機しているだけで良いのでしょうか。その時間は実は無駄ということにもならないでしょうか。

  • 号外なぜ高値で取引?

    2019年4月1日に新元号が発表されました。これを報じた新聞号外がネットオークションなどで高値で取引されています。これはなぜでしょうか。

  • ラクして早い仕事術とは?

    仕事はつらいものである。これは先入観のひとつと言えるでしょう。仕事はつらく厳しく、それが結果につながるというのがひとつの考え方としてあるのは認めましょう。しかしながら、仕事というのは膨大なタスクを処理していくわけですから、それぞれの仕事をどの程度効率よくこなすかに注目が集まっているとも言えるでしょう。

  • アメリカの仕事に「引き継ぎ」はない?

    日本の会社には引き継ぎと呼ばれる制度があります。会社をやめる場合、それまでレギュラー的に持っていた仕事を、後任者に引き継ぐというものですね。例えば取引先への連絡先や伝達事項といったものが相当します。しかし、これは日本独自に近いシステムであり、アメリカにはそのような制度がないと言われています。なぜ、アメリカの会社には引き継ぎがないのでしょう。

  • 手書きメモの理由とは?

    現在はデジタルガジェットが普及しており、手書きのノートとペンを持っていないという人もいるでしょう。ちょっとしたことでもスマホを使ってメモを取れば十分という風になっていまう。利便性を追求すると確かにそれは有効と言えるかもしれません。しかしながら、手書きには手書きならではのメリットがあるのです。

  • 働き方の哲学とは?

    働くということはどういうことなのでしょうか。自分の生活の糧を得るためというのがまずあげられるでしょう。しかし、こうした考え方というのはただ惰性で仕事をしているだけということにも繋がりかねませんよね。いわば仕事というのはやりがいが必要なのではないでしょうか。

  • 働く女子の時間のルールとは?

    時間というのは有限なものです。この限りある時間をどのように使うかによって、仕事の効率が違ってくるといったこともあるでしょう。

  • 古本屋はもうからない?

    本好きや雑誌好きの人にとっては、いつかは古本屋を開いてみたいと思う人もいるかもしれません。しかしながら、古本屋をやるにあたって覚悟が必要なのは、それほど儲かる商売ではないということですね。商売をする目的というのは人それぞれにあるでしょう。そこにおいて儲けたいというのも立派な動機のひとつです。それを叶えるにあたって、自分の目指す分野は妥当であるのか。いちど立ち止まって考えて見る必要はあると言えるでしょう。

  • キータッチを静かにするには?

    パソコンのタイピング音は、現代社会の新たなストレスの因子と言えるかもしれません。当然ながらパソコンなどの電子機器はかつてはなかったものですから、それは現代特有の問題となっているのでしょう。

  • やること地獄を終わらせるには?

    仕事をしていて、あれもやらなければこれもやらなければといった思いに支配されてしまう人は多いのではないでしょうか。「やることが多すぎる」といった嘆きですね。これは同じことをしていれば良いというものではないので、なかなか難しい問題です。

  • ビジネスをフレームワークで考える

    ビジネスというのはあらゆる場面において応用的なテクニックを求められることが多くあります。常に臨機応変に、目の前のトピックに立ち向かい、どのように問題を解決していくのかといったそのプロセスこそが、自分の力を見せる場所だとも言えるでしょう。

  • 『噂の眞相』の裏側を知る

    雑誌『噂の眞相』の編集発行人を務めていた岡留安則さんが、2019年1月31日に71歳で亡くなりました。『噂の眞相』といえば、反社会権力やスキャンダルなどタブーなき雑誌として1979年から2004年まで発行されていた月刊誌です。

  • ゼロ秒思考を身につける

    よく考える、とは良いこととされています。しかしながら、あまりに時間をかけると、場合によっては決断力がないといったネガティブな評価となってしまう場合もあるでしょう。やはり時と場合によっては即断ができる力というものも場合によっては求められると言えますね。

  • 一般常識は何を意味する?

    就職活動などで一般常識と呼ばれる問題が出されることがあります。一口に一般常識と言われても、幅広い範囲を指すものでありますから、具体的に一体何を示すのかということを疑問に思うこともあるでしょう。

  • 『週刊SPA!』の歴史は?

    『週刊SPA!』(扶桑社)の一部の記事が問題となっています。ギャラ飲み特集において、女子大生のランキングを学校ごとに不適切な表現で行ったためです。『週刊SPA!』は出会い系アプリを取り上げるなど、俗っぽい記事を多く掲載してきており、これは雑誌の体質そのものの問題ではないかとも言われています。そもそもこの雑誌は週刊誌でありながら、週刊誌らしくない紙面作りで知られてきました。『SPA!』の歴史とはどのようなものなのでしょうか。

  • 場づくりの教科書とは?

    世の中にはあらゆるコミュニケーション手段が溢れています。特にインターネット空間のなかにおいては、なんでもそこだけで完結してしまう傾向がありますね。その分、人と人のつながりの意識が希薄になってしまいなのではないでしょうか。

1 / 31 1 2 3 4 5 最後 »