仕事

仕事は人生の大半を占めます。就職活動、転職活動、新入社員などのルールやマナー、出世する方法やキャリアプランの考え方など、仕事で役立つ情報を紹介します。

  • 「ウィキ直し!」とは何か

    ウィキペディアは、手軽に参照できる情報源として利用している人が多いでしょう。しかしながら、それはインターネット上に展開されている無料の百科事典といった形を持っているものの、場合によって不正確な記述があるものも少なくありません。

  • もうひとつの「ミニコミ」とは?

    ミニコミとは、少ない部数で発行される雑誌のようなものを指すのが一般的です。マスコミに対して、小さい、小規模を意味するミニをつけてミニコミというものです。もちろんこれはマスコミ自体が和製英語でありますから、和製英語に対する和製英語といった位置づけになりますね。では、もうひとつのミニコミがあるのをご存知でしょうか。

  • 仕事が早い人がやらない習慣とは?

    習慣というのは、自分の生活の中で何気なく位置づけられているものです。それは、なんとなく自分のできる最良のことだと思ってはないでしょうか。しかしながら、実は多くの無駄が隠れていることもあります。逆にいえば、その無駄に気づき、変えることができれば、大きな変化となるでしょう。

  • テンプレートで書類を作る

    仕事において書類を作る機会は多いでしょう。これは数をこなしてなんぼといったものもありますね。そうした時に役立つのがテンプレートです。

  • はじめての新書とは?

    岩波書店のPR雑誌『図書』の臨時増刊号として、「はじめての新書」特集が話題となっています。はじめての新書には、多くの著者がおすすめの新書を取り上げています。

  • 高杉弾とは誰か?

    高杉弾という人物がいます。知る人ぞ知る伝説の編集者ですが、目立った活動は行っていません。高杉弾は、自動販売機を通して売られる自販機本の編集者として知られることになります。この手の本ではアダルト系の本がメインなのですが、買う人は当然中身を見られませんので、裸のページをいくらか載せておけば、あとはいくらでも好きに編集できるメリットがありました。そうして誕生したのが『Jam』『HEAVEN』という雑誌であり、高杉は初代編集長を務めました。

  • すぐメモする習慣とは?

    学生時代でも、社会人になっても、メモを取る機会というのは一定数あります。堀宏史による『すぐメモする人がうまくいく』(自由国民社)は、そんな時に役立つメモ術を改めて見直した本です。

  • 無職の定義は?

    無職という言葉はさまざまな意味で使われます。実際に収入があったとしても「無職みたいなもの」といった物言いがなされることもありますが、そもそも無職の定義とはどのようなものなのでしょうか。

  • フリーランスの世界を知る

    フリーランスで稼ぎたいけれども、どのような職種があるのかイメージがつかみにくいという人は多いのではないでしょうか。なんとなくフリーランスに憧れているだけでは、うまくいかないでしょう。さらに、場合によってはフリーランスという言葉の表面的なイメージとしてある自由な生き方に憧れすぎるあまり、本質を見失ってしまうということもあるでしょう。

  • 履歴書の空白どう扱われる?

    履歴書に空白期間があると、転職や就職に関して不利になるといわれています。これは昔から言われていることですが、その理由にはどんなものがあるのでしょうか。

  • 激務の基準は?

    激務と呼ばれる仕事があります。これはどのようなものを指すのでしょうか。激務な仕事と、激務ではない仕事の境目はどのあたりにあるのでしょうか。

  • ビジネスパーソンのためのSDGsとは?

    ビジネスシーンにおいては日々、新しい用語が出てきています。なんとなく言葉は目にしたことがあっても、実際はどのようなものか、よくわからないという用語も多いでしょう。こうした用語のやっかいな部分は、ちょっとした自意識が邪魔をして、なかなか素直に聞けないところもあるでしょう。

  • 暗記術をビジネスに生かす

    暗記術というと、試験勉強などでしか役に立たない技術だと思ってはいないでしょうか。さらに、詰め込み式の日本の教育の負の部分を代表するようなイメージもあります。暗記術は応用も効かないような、ただ覚えるだけ、詰め込むだけといったイメージもあるかもしれません。しかしながら、そうした旧来のイメージはとても古い暗記術だと言えるでしょう。

  • 初生雛鑑別師とは?

    世の中にはさまざまな資格があります。資格があれば職業選択の幅が広がる、収入もアップするといったメリットがあります。そのなかで、マイナーでありながらも食いっぱぐれることのない資格として、初生雛鑑別師があります。

  • シャイニングマンデーはどう使う?

    プラミアムフライデーに続いてシャイニングマンデーという制度が提唱されています。これはどのようなものなのでしょうか。

  • 文庫と新書どう違う?

    文庫本や新書本は、通常の単行本に比べれば安価に購入できます。ちょっとした知らない世界を把握するのにも最適なアイテムだと言えるでしょう。そもそも両者にはどのような違いがあるのでしょうか?

  • 奥深き獣医の世界

    獣医師というとなかなか馴染みのない世界ですが、私たちの生活において欠かせない存在だと言えます。獣医というと、猫や犬を見る動物病院の先生といったイメージを思い浮かべるでしょう。それはやはり、身近にあるのが動物病院だからだと言えます。しかし、実際の獣医師の世界は、牛や豚などの家畜全般に関わる仕事を行っているもっと幅広いものなのです。

  • 転職の思考法とは?

    会社に務める人ならば転職を意識することはあるでしょう。その時に、実際に転職をする人もいれば、その前段階でとどまっている人もいます。転職にはリスクがつきものです。転職先では仕事のタスクが増えてしまうこともあれば、年収が下がってしまうこともあります。しかしながら、転職にはリスクがあるということは既に常識になっていると言えるでしょう。

  • 最短距離のキャリア形成とは

    将来的に何かをしたいといった目標を漠然と抱いている人は多いのではないでしょうか。しかしながら、そこに至るまでの回路をうまく作れず、もやもやとしたままの人もいると思います。

  • プレイングマネージャのノート術とは?

    プレイングマネージャーとは、プロ野球をはじめとして、スポーツの世界ではよく耳にする言葉です。文字通り、現場の選手として働きながら、同時に監督しての立場もこなすというものです。これはスポーツだと特段注目されますが、一般の社会において同じような立場にある人は少なくないでしょう。

3 / 31 « 先頭 1 2 3 4 5 6 7 最後 »