転職

仕事を転職することはビジネスマンの人生で大きな変化をもたらします。転職で失敗しないための考え方、転職35歳限界説や、40代から転職を成功させる考え方など転職で役立つ情報を紹介します。

  • 転職はすべきか?

    転職は会社員生活をする人ならば、誰もが考えるでしょう。それでも、一度就職した会社をすぐに辞めてしまうのは考えものという見方も根強くあります。かつての日本の社会が、一度就職すれば同じ会社に40年務め続けるというスタイルであったためです。それでも、日本の経済や社会の状況には変化が訪れてきており、かつてより転職しやすい社会になっているのは確かでしょう。

  • 転職には向き不向きがある?

    今の仕事は自分にふさわしくないのではないか、そのような思いから転職を考える人はいるでしょう。転職の動機とはどういうものがあるのでしょうか。もっと面白い仕事がしたい、給料が高い仕事をしたい、今の業界は将来性がないので転職したい、そういった思いがさまざまにある中においても、転職を思いつき、してしまうと後悔してしまう人もいます。

  • 会社と自分の関係

    会社に縛られる生き方はしたくない。自由に生きたい、そんな思いを抱えた人は多いでしょう。しかしながら、会社員で無くなることはデメリットもあります。会社が責任をかぶってくれていたものが、すべて自分にのしかかってくるのです。

  • スキルを活かして転職するときの3つのポイント

    仕事をする中で経験を積んでくると、 より難しい仕事にチャレンジしたり、 収入アップを目指したくなるもの。 「今のままでは、これ以上のスキルアップは見込めない」 そんな時は、転職も視野に入れましょう! 本日は、技術者専門で転職支援サービスを

  • 中途採用という諸刃の剣。新卒採用の数年間は転職を思いとどまるべき?

    中途採用には中途採用ならではのメリットがあるのはもちろんですが、デメリットやリスクも小さなものではありません。そうした現実を認識せず、中途採用を人材不足を解消してくれる万能な特効薬のように考えているのだとすれば、それは幻想に過ぎません。 中途採用がメリッ

  • 中途採用の求人情報でブラック企業を見抜く2つのコツ【転職対策】

    中途採用の求人情報でブラック企業を見抜く2つのコツがあります。ブラック企業に入らないために役立ちます! 1. 求人広告を長期掲載している 求人広告を長期間にわたって掲載している場合、退職者が多い可能性があります。普通、採用活動というものは「必要

  • 年収400万円の壁を超える人の共通点とは?【転職前に知っておきたいお金のこと】

    アベノミクス効果とはいえ、給料に反映される人は少ないのが現状です。平均年収も低い時代で、年収300万円前後の人が増えています。ビジネスマンとして成功するためには、まず年収400万円の壁を超えることが必要です。では、どんなスキルを身に付ければ、年収400万円の壁

  • 中途採用で要注意! 「他責体質」と「名ばかりリーダー」を面接で見破ろう!

    中途採用で採用したくない人がいます。それは、「他責体質」と「名ばかりリーダー」です。この特徴を持つ人を中途採用すると後悔することになるでしょう。 他責体質を採用するな! 中途採用をする際にまず頭に入れておきたいのは、全てを人のせいにする「他責体

  • 中途採用面接は4段階評価で3回が基本! 採用後も役立つ面接の評価基準の考え方

    面接は4段階評価で、一次、二次、三次と、最低でも3回面接をおこなうのが理想です。なぜでしょうか? 面接は3回が基本 面接は、面接官、候補者双方の状態(気分、体調、そして相性など)によってバラツキが生じるものです。そのため、一つのポイントを判断す

  • 新卒コストは3年間で1,500万円? 中途採用と新卒採用、会社的にはどちらがお得なのか?

    新卒採用のコストがどれだけかかるか知っていますか? 3年間で1,500万円かかります。新卒採用と中途採用、会社的にはどちらがお得なのでしょうか? 新卒採用1人のコストは150万 新卒採用は非常にコストが高くつく投資です。新卒採用に力を入れている

  • 即戦力の罠! 中途採用でよくある3つの失敗例

    中途採用する社員には、即戦力として過剰な期待を持つ企業が多いです。しかし、中途採用で即戦力な社員を採用できることは少ないんです。中途採用で代表的な失敗例を3つ紹介します。 即戦力の罠1. 「クレーム体質は再発する!」 まず、一つ目は「会社への不

  • 自分の得意なことをアピールしても採用されない? 採用につながる正しい答えとは

    面接で落ち続けるという転職者の悩みを聞いていると、ときおり気になる声があります。それは、 「事前練習もして、質問にスムーズに答えているのに落ちた」 「自己PRを求められ、実績も詳細に伝えているのに不採用だった」 といったものです。なぜ気になるかと

  • 転職活動では応募書類を見て自分のハンディをチェックしよう!

    転職活動で必要な履歴書、職務経歴書などの応募書類。提出したらそのまま放置していませんか? 面接前に必ず応募書類を見ることが転職を成功させる秘訣です。 提出済みの応募書類に目を通すのは基本 面接準備として忘れてはいけないのが、応募先企業に提出した履歴

  • なぜ圧迫面接のような質問が多いのか? 転職活動で圧迫面接を対策するコツ

    転職でも圧迫面接が行われます。なぜ、転職活動においても圧迫面接のような質問が多いのでしょうか? 圧迫面接対策のコツとあわせて紹介します。 プレッシャーを感じても圧迫面接とは限らない 面接で気になることのひとつが圧迫面接です。これは面接担当者がわ

  • 転職面接でよくある質問「もし不採用だったら、どうしますか?」の対処法

    転職面接を受けると「もし不採用だったら、どうしますか?」という質問を受けることがあります。このドキッとするような質問の対処法を紹介します。 この質問の意図 入社意欲は本物だろうか? 第一志望は他社ではないのか? このように転職の面接であ

  • 「ドラクエ」から学ぶ! ブラック企業から抜け出す働き方

    まず、ドラゴンクエストの冒頭を想像してみてください。物語の始まりはいつも国王から命令が下ります。 「隣町のモンスターを倒してきてくれ」 「盗まれた宝石を取り戻してきてくれ」 など、国王からのクエスト(依頼)に、勇者はわけもわからずしたがって、冒険

  • 「こんな会社やめてやる」はサラリーマンの禁句? 転職で失敗しないために必要な考え方

    ブラックな社風の中で、上司にネチネチ怒られたり、取引先へのミスをしてしまい、こっぴどく叱られたりビジネスマンはストレスが溜まるシーンが盛りだくさん。そんな状態で、ついつい言ってしまう可能性があるのが「こんな会社やめてやる!」という言葉。けれども、このセリフはサ

  • 他社から引き抜かれる人材になるには

    安定しない業界で働くビジネスパーソンや自身のキャリア形成を考えているビジネスパーソンにとって、転職という選択も考慮すべき一つのことがらです。けれども、まずは他社から引き抜かれるような人材でなくては、そんなチャンスも訪れません。では、他社からヘッドハンティングさ

  • 転職はもしかして損かもしれない?

    「転職がキャリアアップにつながる」という考え方がありますが、もしかしたら転職が長い目で見た時に損になる場合が多々あります。そのために、転職を考える上で考えなければならないことが多くあります。今回は、転職が損であると考えている著者による「転職は1億円損をする」か

  • 40代からでもまだ遅くない、転職してやり直しするためのヒント

    転職をしたくなっても、40歳を過ぎたら今の会社から別の会社へと転職できる可能性は低いのではないか、結局は嫌でも今の会社に残らないといけないのか、と八方ふさがりな感じになって悩むのが40代。それでもやり直しをしたくなったらどうするか。45歳までに仕切り直しを実現

1 / 2 1 2 最後 »