転職面接でよくある質問「もし不採用だったら、どうしますか?」の対処法

転職面接を受けると「もし不採用だったら、どうしますか?」という質問を受けることがあります。このドキッとするような質問の対処法を紹介します。


この質問の意図

入社意欲は本物だろうか?
第一志望は他社ではないのか?

このように転職の面接であたかも不採用をほのめかすような揺さぶり質問は、志望動機や入社意欲の本音をチェックする目的で行われます。この質問も入社意欲を確認するのが狙いです。最近の転職活動は、複数企業への並行応募が普通です。

しかも、在職したままの活動が一般的で、なかには複数の内定を得て給与や待遇条件が出そろったうえで、現職場も含めて天秤にかけて最終決断を行といった慎重な応募者、求人企業から見れば優柔不断な応募者も見られます。

面接担当者としては、採用を決めた後の土壇場になって入社辞退されるのは避けたいため、本音を引き出すために、こんな聞き方をするのです。

回答の注意点

こうした揺さぶり質問で注意したいのは、反応の仕方によってヒューマンスキルを読み取られてしまうことでしょう。たとえば「それは不採用という意味ですか?」などと抗議口調で切り返せば、マイナス評価を受けることは避けられません。「不採用にしないでください」と泣きつくのも論外でしょう。

また、この質問へのNG回答で多いのが「残念ですがご縁がなかったのだと思い、気持ちを新たに転職活動を続けます」といった回答です。選考結果を告げられたわけではないのに、その後の予定まで述べてしまうのです。そんな答えでは、入社意欲が希薄なだけでなく、どうも短絡的な思考パターンをもつ人だと判断されても仕方ありません。

面接に臨む際には、それが第二志望の応募先であっても「絶対に入社する」という気構えをもつことが大切です。最後まで粘り抜く覚悟で、入社意欲を伝えましょう。

回答例

この質問をうまく対処する解答例を紹介します。

「御社に入社したい気持ちでいっぱいなので、いまは不採用になった後のことを考える余裕がありません。伝えきれていないことは多いと思いますが、熱意はわかっていただけたと信じ、あとは御社の判断にお任せします。」

不採用になったわけではないのに、その後の予定や計画を伝えるのは気が早すぎます。絶対に入社するという気構えで、粘り強く入社意欲を伝えましょう!

「採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する(小島美津子)」の詳細を調べる

    
コメント