自分の得意なことをアピールしても採用されない? 採用につながる正しい答えとは

面接で落ち続けるという転職者の悩みを聞いていると、ときおり気になる声があります。それは、

「事前練習もして、質問にスムーズに答えているのに落ちた」
「自己PRを求められ、実績も詳細に伝えているのに不採用だった」

といったものです。なぜ気になるかと言えば、そうした発言は面接への誤解から生じるケースが多いからです。


採用につながる「正しい答え」とは

面接は口頭試問とは違います。よどみなく答えても採用されません。また立派な内容の回答だから採用されるわけでもありません。面接質問の回答は、その内容が求人企業の事情やニーズに合わなければ意味がなく、評価の対象外となります。

面接とは求人企業と応募者がお互いのマッチングを確認する場です。自分の魅力や得意なことを好きにアピールする場ではありません。面接担当者の多岐にわたる質問も、その応募者が自社にマッチするかどうかを確かめるためのものです。質問に対して「マッチします」と示せる回答こそが、採用につながる「正しい答え」なのです。

模範解答は存在しない

言い換えると、どこでも採用は間違いなしと断言できる模範回答は存在しないということです。採用されるためには、面接担当者の質問の意図やねらいをしっかりとらえて、応募先企業に合わせて答える必要があるのです。

対人折衝やセールストークに慣れている人は要注意

自分は話し下手だからという心配は無用です。コミュニケーション能力を求める企業は多いものの、それは「話のうまい人」がほしいという意味ではありません。相手の話に耳を傾け、気持ちをくんで応答できることこそコミュニケーション能力であるとも言えます。聞き上手な応募者ほど「正しい答え」を見つけやすいという実態もありますので、落ち着いて面接に臨んでください。

注意したいのは、むしろ対人折衝やセールストークに慣れている人です。というのも、本人にそのつもりがなくても、立て板に水のごとく冗舌に即答する様子から、面接担当者に妙にモノ慣れた印象を与えてしまう例が少なからずあるからです。言葉に詰まりながら自分の言葉で答えようと必死になっている応募者と対比され、最悪の場合は

「誠実さに欠ける人では?」
「人の話を真剣に受け止めず一方的にまくしたてる人では?」

といった懸念をもたれることもあります。努めて転職に賭けるまじめな気持ち、真摯な姿勢を示すよう留意することをおすすめします。

「採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する(小島美津子)」の詳細を調べる

    
コメント