転職の思考法とは?

会社に務める人ならば転職を意識することはあるでしょう。その時に、実際に転職をする人もいれば、その前段階でとどまっている人もいます。転職にはリスクがつきものです。転職先では仕事のタスクが増えてしまうこともあれば、年収が下がってしまうこともあります。しかしながら、転職にはリスクがあるということは既に常識になっていると言えるでしょう。


まず手に取る本

そのような転職についての悩みが生じた場合に、まず読んでほしい本として、北野唯我による『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む:転職の思考法』(ダイヤモンド社)があります。本書の特徴はストーリー形式で記されていて、わかりやすいというところでしょう。多くの人が最初に転職を考える動機はどのようなものか。それは最終的にどのようなアウトプットとして結実していくのか。いわば転職あるあるのような形で解説が進んでいきます。

会社の種類を整理

さらに本書では、中途で入るべき会社、新卒で入るべき会社といった部分について解説がなされています。転職といっても自分の好きな転職をするばかりではなく、自分にとって有利になりそうな転職先を探すというのもひとつの手ではあるでしょう。さらに会社が転職をする人に何を求めているのかといった構造の部分にまで踏み込んだ解説もしています。ぼんやりと転職をしたいと思っている人にとってはビジョンを固めるために最適な本になっていると言えるでしょう。

    
コメント