40代からでもまだ遅くない、転職してやり直しするためのヒント

転職をしたくなっても、40歳を過ぎたら今の会社から別の会社へと転職できる可能性は低いのではないか、結局は嫌でも今の会社に残らないといけないのか、と八方ふさがりな感じになって悩むのが40代。それでもやり直しをしたくなったらどうするか。45歳までに仕切り直しを実現するためのヒントも、ないわけではなさそうです。


■転職する時の戦略を考える

今、別の会社に転職するとしたらどんな職種に応募しますか? これまで築いてきたキャリアに近い職種にするのか、それともまったく違う職種にするのか。個々の事情などによって違ってきますが、同じ職種にするのであれば、求人情報を見ながら、他の応募者とどんな差別化ができるのかを考えてみましょう。また、40代での転職は部長や役員クラスの実績が期待されることもありますので、そこを念頭に。

■自分の力を大きなポイントに集中する

45歳ともなれば、部下が数名いる状況にある人が多いでしょう。細かいところは部下に任せて、部下の力を最大限利用する。これが、自分が結果を出す近道になるのです。今、この状態になっているでしょうか? 自分でやってしまおうという考えでは、部下が育たないばかりか、自分にツケが回ってきてしまうことの方が多いのです。この結果が、転職活動の時に大きく影響します。

■キャリアの幹を太くする

これまでの自分のキャリアを考えて、一つのことしかできないような状態では今のポストが不要になったときに、他のポストへと移れるとは限りません。もしも転職するとしたら、その際に必要とされるスキルが自分に備わっているのかを考え、足らないところは補っていく努力をして「キャリアの幹を太くする」ことが大切なのです。

40代サラリーマンといえば、会社員生活も十分長く、これまでに結果を出してきたことの成果が現れる頃。むやみに転職を考える前に、まずは自分が何をできるのか、何をやってきたのかといったキャリアの棚卸しをすることが大切なんですね。

「45歳からの会社人生に不安を感じたら読む本―成功するキャリア30の秘訣(植田統)」の詳細を調べる

    
コメント