他社から引き抜かれる人材になるには

安定しない業界で働くビジネスパーソンや自身のキャリア形成を考えているビジネスパーソンにとって、転職という選択も考慮すべき一つのことがらです。けれども、まずは他社から引き抜かれるような人材でなくては、そんなチャンスも訪れません。では、他社からヘッドハンティングされるような人材とはどのような人なのでしょうか?


■引き抜かれるための3つの段階

1. 仕事で成果を出す

まずは仕事で成果を出す人間にならなくてはいけません。学歴や会社での肩書きは関係なく、成果が問われるのです。

2. 成果を周囲の人に認めさせる

仕事で成果を出したら、他人にその成果を認めてもらわなければいけません。自分だけが「いい仕事をした」と思っていても意味がないのです。

3. 一緒に働きたいと思われる人間になる

仕事ができるかどうかは前提として重要ですが、人間性も問われることになります。一緒に働きたいと思われなければ、わざわざ引き抜こうとしないのです。

■知識と小技で差をつける

仕事の良し悪しを考える上で、知識と小技を自分の中で蓄積することが非常に重要です。そうすることで、周囲との差別化も可能になります。そのために、考えておきたいことがいくつかあります。

  • Officeを徹底的に使いこなす
  • タバコ部屋トークができる
  • 宴会芸をやりきる
  • 秘書と仲良くする
  • メールや手紙で感謝を伝える

これらは、ビジネスパーソンとして些細な力ですが、やりきれるかどうかで大きく印象が異なるため、注意深くしてみると良いでしょう。

他社から引き抜かれるためには、些細な点まで注意深く行うことが重要です。気になる方は「他社から引き抜かれる人の仕事術」を読んでみてはいかがでしょうか。

「他社から引き抜かれる人の仕事術(中山遼二)」の詳細を調べる

    
コメント