仕事の効率化

  • 生産性の仕組みとは?

    仕事において重要な要素として生産性があります。ただ机の上に座っているだけで仕事をしたつもりになってしまっているといった人がいますね。いわゆる生産効率が悪いといった言い方もできるでしょう。これはけっこうやっかいなものでもありますね。一見すると、仕事を何かしているように見えても、実は何もしていないといったことになりかねないからです。

  • パソコン仕事を10倍早める方法

    パソコン作業というのはもはやビジネスシーンにおいては必須のものとなっています。そこにおいては、パソコンをどのように扱っていくのかといったことが、仕事ができるできないに直結していくとも言えるでしょう。これはシンプルでベーシックなものでありながら、確実なテーゼでもあります。

  • 先まわり仕事術とは?

    仕事をなんとか早く終わらせたいけれども、つい後回しにしてしまうという人は多いでしょう。仕事というのは先方とのコミュニケーションによって起こるものであり、いわば待ちの状態になることもあると言えます。しかし、それは本当に待機しているだけで良いのでしょうか。その時間は実は無駄ということにもならないでしょうか。

  • ラクして早い仕事術とは?

    仕事はつらいものである。これは先入観のひとつと言えるでしょう。仕事はつらく厳しく、それが結果につながるというのがひとつの考え方としてあるのは認めましょう。しかしながら、仕事というのは膨大なタスクを処理していくわけですから、それぞれの仕事をどの程度効率よくこなすかに注目が集まっているとも言えるでしょう。

  • 手書きメモの理由とは?

    現在はデジタルガジェットが普及しており、手書きのノートとペンを持っていないという人もいるでしょう。ちょっとしたことでもスマホを使ってメモを取れば十分という風になっていまう。利便性を追求すると確かにそれは有効と言えるかもしれません。しかしながら、手書きには手書きならではのメリットがあるのです。

  • キータッチを静かにするには?

    パソコンのタイピング音は、現代社会の新たなストレスの因子と言えるかもしれません。当然ながらパソコンなどの電子機器はかつてはなかったものですから、それは現代特有の問題となっているのでしょう。

  • やること地獄を終わらせるには?

    仕事をしていて、あれもやらなければこれもやらなければといった思いに支配されてしまう人は多いのではないでしょうか。「やることが多すぎる」といった嘆きですね。これは同じことをしていれば良いというものではないので、なかなか難しい問題です。

  • ビジネスをフレームワークで考える

    ビジネスというのはあらゆる場面において応用的なテクニックを求められることが多くあります。常に臨機応変に、目の前のトピックに立ち向かい、どのように問題を解決していくのかといったそのプロセスこそが、自分の力を見せる場所だとも言えるでしょう。

  • ゼロ秒思考を身につける

    よく考える、とは良いこととされています。しかしながら、あまりに時間をかけると、場合によっては決断力がないといったネガティブな評価となってしまう場合もあるでしょう。やはり時と場合によっては即断ができる力というものも場合によっては求められると言えますね。

  • 場づくりの教科書とは?

    世の中にはあらゆるコミュニケーション手段が溢れています。特にインターネット空間のなかにおいては、なんでもそこだけで完結してしまう傾向がありますね。その分、人と人のつながりの意識が希薄になってしまいなのではないでしょうか。

  • 段取りノート術とは?

    大人の発達障害が取りざたされて久しいです。ものが片づけられない、順序よく進められない、すぐに忘れてしまう、といったものですね。そうしたときに必要なものはしっかりと書き留めておくことではないでしょうか。確認が重要というわけですね。

  • 考える前に動け

    よく、考え込んで動けずに立ち止まってしまう人がいます。確かにそういう時があるのは仕方ないと言えるかもしれません。しかしながら、その時間だけ確実に損をしているのは確かでしょう。

  • メモの魔力とは?

    仕事においてもっとも重要なポイントとはなんでしょうか。そこにおいては、やるべきことをやる、さらにはミスをしないといったシンプルな要素が生きてきます。そのようなことは簡単にできるようでいて、なかなか実践ができないものです。そこにおいて重要なのはメモ力というべきものでしょう。

  • オフィスの効率化は夢をかなえる?

    仕事術に関する本は多く出ていますね。そこにおいてはコミュニケーションに主軸が置かれたものが多くあります。それはやはり仕事というのはフェイストゥーフェイスのコミュニケーションの中から生まれていくものであるといった基本があるためでしょう。確かにその傾向はあるかもしれません。しかしながら、もうひとつの要因として周囲の環境も関わってくるのではないでしょうか。

  • 営業マンのノート術とは?

    ノート術に関しては、さまざまなアイデアが出されています。そのどれもが、やはり個人の体験をベースとして構成されているものになるため、人によっては合う場合と合わない場合があるでしょう。

  • スマホメモ術とは?

    メモというのは、どの場面においても役立つスキルです。これがスキルなのかと、あまくみくびっていてはいません。メモひとつで仕事のミスを大幅に減らすことができますし、新たな仕事のチャンスに繋がるといったこともあるでしょう。

  • 段取りの教科書に学ぶ

    ビジネスシーンにおいて重要なものとして、段取りがあります。この順番をしっかりと捉えていないと、何度も同じ場所を往復してしまうといったことがあります。それは最終的にはビジネスシーンにおいてはムダを増産することになってしまいますね。そうなると、なかなか良い方向へと向かうことも難しくなってしまうのではないでしょうか。

  • 手帳テクニックに学ぶ

    スケジュール管理は、どのように行っているでしょうか。スマートフォンやタブレットで行っているという人もいる一方で、手帳に関してはアナログのままという人もいるかもしれません。すぐに参照できる便利さをメリットとして感じている人も多いのでしょう。

  • Amazonのスピード仕事術に学ぶ

    Amazonは大手通販サイトのひとつです。利用したことがある人も多いのではないでしょうか。Amazonの特徴のひとつとして、とにかく対応が迅速である点が挙げられるでしょう。気づいた時にはもう着いているといったこともあります。

  • ミスをしない人の脳の習慣とは?

    仕事上のミスというのはあってはならないことです。しかしながら、人間ですから、どうしてもミスが生じてしまうこともあるでしょう。しかし、当然ながらミスが起こる場合と起こらない場合があります。さらには、ミスを起こす人と起こさない人がいることにも気がつきます。

1 / 3 1 2 3 最後 »